弁天通りの人々


ふるさと氷見で事業を興すがことごとく失敗、ついには故郷を出る決意をして上京したのが明治4年。知り合いも居ない総一郎だったが、そこは天性の知恵と馬力で、タダ同然の水に砂糖を入れて「ひやっこい」を販売、これがヒットするが、暑い夏が過ぎ、秋風と共に商売も下降線。そこで開港景気にわく横浜に早速出向いてみる…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「弁天通りの人々」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 弁天通りの人々 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「弁天通りの人々」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 弁天通りの人々 関連商品