真木栗ノ穴


古都・鎌倉、切通し。そこを過ぎたところにある、古いアパートでひとりの男が小説を書いている。名前は真木栗勉。売れない小説家だ。その真木栗に、書けるはずもない官能小説の依頼が舞い込む。書けずに悩む真木栗は、ひょんなことから、部屋の壁に小さな「穴」を見つける。そして穴の発見にあわせるように、隣の部屋に日傘をさした女が引っ越してきた。これが夢とも現実ともつかない幻想の始まりとなった…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「真木栗ノ穴」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 真木栗ノ穴 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「真木栗ノ穴」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 真木栗ノ穴 関連商品