天国はまだ遠く


夜の宮津駅に降り立った千鶴。「知らない場所でさよならするのだ」 街灯もなく闇に包まれた森を抜け、タクシーは山奥に建つ「絶景の宿 民宿たむら」に止まる。戸惑う千鶴を迎えたのは、ひとり静かに自給自足生活を送る宿の主人・田村だった。他に客はいない。千鶴は決意したように、大量の錠剤を飲み込み、深い眠りに落ちていった。しかし、朝日と魚が焼ける匂いが、千鶴を目覚めさせる。体は異常なし。光り輝く海、森を吹きぬける風、木漏れ日、自然の恵みを生かした田村の料理…。それらは、千鶴にとって、すべて新鮮だった…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「天国はまだ遠く」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 天国はまだ遠く 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「天国はまだ遠く」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 天国はまだ遠く 関連商品