半身反義


「東京オリンピック」(1965年・監督部)、「日本万国博」(1971年・監督)などの演出家・山岸達児が、2003年春に脳梗塞で倒れた…。映画は、奇跡的に意識が回復したものの、半身不随になってしまった山岸に、女性映像作家・竹藤佳世がカメラを向けるところから始まる。老いや病、入院生活など、その厳しい現実問題に直面しながらも、山岸はまだ映画を撮りたいと告白する。二人はカメラを通して、山岸が生きてきた「昭和の記憶」を蘇らせようとする…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「半身反義」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 半身反義 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「半身反義」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 半身反義 関連商品