火天の城


時に1575年(天正3年)、長篠の戦いで甲斐の武田勢を破った織田信長は、翌1576年(天正4年)、その天下統一事業を象徴するかのごとき巨城を、琵琶湖を臨む安土の地に建築することを決意した。設計及び現場の総棟梁として信長が見込んだ男こそ、今川義元との戦以来、十数年に渡って才気を評価してきた熱田の宮大工・岡部又右衛門であった。信長から直々の指名を受け、後に行われた指図(図面)争いにおいても、金閣寺を建立した京の池上家、奈良の大仏殿建造を担った中井一門に勝ち抜いた又右衛門は、妻・田鶴や娘・凛、門下の大工たちの支えを得ながら、徐々に建城を進めていく…


詳細情報・あらすじ

YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available




「火天の城」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。




映画 火天の城 《 関連記事・ニュース 》
ただいま検索中です。しばらくお待ち下さい...


映画「火天の城」感想・コメント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Amazon商品検索:

映画 火天の城 関連商品