原作本:バーにかかってきた電話

著者:



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

評価 件、


いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた「俺」は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じながらも依頼を果したのだが、その帰り道、何者かによって殺されそうになった。そして、ひとり調査を続けた「俺」が知ったのは依頼人と同じ名前の女が、地上げ放火ですでに殺されていたことだった。


バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)

著者/訳者:東 直己

出版社:早川書房( 1996-01-01 )

定価:¥ 821

Amazon価格:¥ 821

文庫 ( 370 ページ )

ISBN-10 : 4150305382

ISBN-13 : 9784150305383


( amazonより )


Amazon商品検索:

バーにかかってきた電話 関連商品 






「バーにかかってきた電話」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。


One thought on “バーにかかってきた電話

  1. 【原作本情報(更新)】バーにかかってきた電話 http://t.co/wanVyvJG @cinemaj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。