原作本:ペコロスの母に会いに行く

著者:



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

評価 件、


母は、人生の重荷を下したかのように、ゆっくりとゆっくりとボケていきました─
40歳で故郷長崎にUターンした漫画家(62歳)が、親の老いを見つめてきた日々の、笑えて、温かくて、どこか切ない家族の物語。主人公は、認知症と診断され施設に暮らす現在89歳の母。母が見せる「人生の重荷を下ろしたとびっきりの笑顔」や、著者のはげた頭を見て名前を思い出すエピソード、時折つぶやく亡き父との思い出話などを描いたコミックエッセイです。「忘れること、ボケることは、悪いことばかりじゃないんだ。母を見ていてそう思った」


ペコロスの母に会いに行く

著者/訳者:岡野 雄一

出版社:西日本新聞社( 2012-07-07 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,102

単行本 ( 192 ページ )

ISBN-10 : 4816708537

ISBN-13 : 9784816708534


( amazonより )


Amazon商品検索:

ペコロスの母に会いに行く 関連商品 






「ペコロスの母に会いに行く」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。