原作本:「また、必ず会おう」と誰もが言った。

著者:



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

評価 件、


主人公・秋月和也は熊本県内の高校に通う17歳。 ひょんなことからついてしまった小さなウソが原因で、単身、ディズニーランドへと行く羽目になる。 ところが、不運が重なったことから最終便の飛行機に乗り遅れてしまう和也。 所持金は3400円。 「どうやって熊本まで帰ればいいんだ……」。 途方に暮れる彼に「おい! 若者」と声をかけたのは、空港内の土産物売場で働く1人のおばさんだった――。


「また、必ず会おう」と誰もが言った。

著者/訳者:喜多川 泰

出版社:サンマーク出版( 2010-11-18 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,512

単行本 ( 215 ページ )

ISBN-10 : 476313115X

ISBN-13 : 9784763131157


( amazonより )


Amazon商品検索:

「また、必ず会おう」と誰もが言った。 関連商品 






「「また、必ず会おう」と誰もが言った。」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。


3 thoughts on “「また、必ず会おう」と誰もが言った。

  1. 原作映画化:「また、必ず会おう」と誰もが言った。(著者:喜多川泰)
    http://t.co/d8iRYvhyS3 @cinemaj

  2. RT @cinemaj: 原作映画化:「また、必ず会おう」と誰もが言った。(著者:喜多川泰)
    http://t.co/d8iRYvhyS3 @cinemaj

  3. RT @cinemaj: 原作映画化:「また、必ず会おう」と誰もが言った。(著者:喜多川泰)
    http://t.co/d8iRYvhyS3 @cinemaj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。