原作本:武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新

著者:



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

評価 件、


猪山家は代々、金沢藩の経理業務にたずさわる「御算用家」だった。能力がなくても先祖の威光で身分と報禄を保証される直参の上士と違い、「およそ武士からぬ技術」のソロバンで奉公する猪山家は陪臣身分で報禄も低かった。5代目市進が前田家の御算用者に採用されて直参となるが、それでも報禄は「切米40俵」に過ぎなかった。しかし、120万石の大藩ともなると、武士のドンブリ勘定で経営できるものではない。猪山家が歴代かけて磨きあげた「筆算」技術は藩経営の中核に地歩を占めていく。


武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

著者/訳者:磯田 道史

出版社:新潮社( 2003-04-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 734

新書 ( 224 ページ )

ISBN-10 : 4106100053

ISBN-13 : 9784106100055



( amazonより )


Amazon商品検索:

武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新 関連商品 






「武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新」に関するtwitterでのつぶやきを見る
(注)現在IEでは表示できない場合があります。