子猫の涙  あらすじ・解説など



あらすじ・解説:1968年メキシコオリンピック、ボクシングバンタム級の銅メダリスト森岡栄治。オリンピック後、プロに転向するも網膜はく離により75年に引退。定職に就かない父と家計を支えるためにスナックで働く母・和江の間に生まれた治子は、父への反発からいじめも許さない正義感の強い女の子に育つ。そんな栄治を支えた栄治の姉は、「腐ってもオリンピック選手」と弟の栄光を誇りにしていた。あることをきっかけに栄治は、ヤクザの親分の世話になりボクシングジムの会長を務めることに。しかし、父の女遊びや破天荒な生き方に嫌気がさした和江は、子供たちを置いて家を出て行ってしまった・・・。入れ替わるように、父の愛人・裕子が森岡家にやって来る。治子にとっては居心地の悪い日々。自分に降りかかる不幸はすべて父のせい、そんな治子に正面からぶつかってきたのは意外にも裕子だった?。

(C)2007「子猫の涙」製作委員会 子猫の涙 公式サイト
映画 『 子猫の涙 』
[2007年日本]

【2008年1月26日公開】[ 上映劇場 ]

監督:森岡利行 脚本:森岡利行
原案:森岡利行「路地裏の優しい猫」
【キャスト】
武田真治,藤本七海,広末涼子,紺野まひる,山崎邦正,鈴木砂羽,喜味こいし,唐渡亮,黒川芽以,宝生舞,赤井秀和

日本ボクシング界、最後のメダリスト・森岡栄治。
父の強さ、家族の優しさ、切なさと愛に包まれたひとりのボクサーと娘の物語。

「腐ってもオリンピック選手」?!
アホでスケベな親父と娘、家族の物語・・・

(チラシより)


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「子猫の涙」への感想コメント

この「子猫の涙」を観ていて、相田みつをさんの“しあわせはいつもじぶんのこころがきめる”という言葉を思い出ししました。メキシコオリンピックでの…
やっぱり邦画好き…の感想を見る

感想・コメントを投稿する
やっぱり邦画好き…の感想を見てみる

映画 子猫の涙 森岡利行監督 関連商品 

 

映画 子猫の涙 武田真治 関連商品 



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
憑神[公開日:]
あらすじ・解説:時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼いころより文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、戦もない平和な世においては影武 …

あらすじ・解説:「これは潮崎マリアに対する不快感への正当防衛だ」悪びれる様子もなく、クラスメートのマリアをイジメている笹岡澪。だが転校生・麻綺の出現によって事態は一変。立場が逆転してしまった …

にくめ、ハレルヤ![公開日:2010年06月26日]
阪神大震災から15年、を問う旅がはじまるこの映画は、大阪市の映像文化事業・第2回CO2(シネアスト・オーガニゼーション・エキシビジョン大阪)の企画制作部門において制作された。1995年1月1 …

ホノカアボーイ[公開日:]
ハワイ島の小さな映画館。まさか僕がここで働くことになるなんて。熱狂的ファンをもつ原作「ホノカアボーイ」の風と言葉とその温もりを映画化するために、たくさんの才能が何かに惹かれあうように集まった …

ボックス![公開日:2010年05月22日]
ボクシングに賭けた少年たちの熱い友情と、それぞれの栄光。2008年6月に発表後、数々の有力書店にて新刊ランキング1位を記録し話題となった大ヒットスポーツ青春小説「ボックス!」が待望の映画化! …


     








TRACKBACK URL

 ツイート・トラックバックは、まだありません。