沈まぬ太陽  あらすじ・解説など



観るものの魂を震わせる感動巨編、遂にスクリーンに登場。

「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最高傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで、遂にスクリーンに登場する。『沈まぬ太陽』映像化にあたっては日本映画界最高のスタッフ&キャストが集結した。注目のキャストは日本映画最高の顔ぶれが揃った。主人公・恩地元には日本が世界に誇る名優、渡辺謙。今やハリウッドを舞台に活躍し、世界中が認めるその演技力で恩地という男の不屈の姿をスクリーンに焼き付けることになる。そして恩地の同僚ながらも袂を分かち対照的なエリートコースを歩む行天四郎に実力派俳優の三浦友和、恩地の同僚で行天の愛人・三井美樹に松雪泰子、恩地の妻・りつ子に鈴木京香、さらに政府より巨大企業の再建を託される国見会長を石坂浩二が演じる。くわえて、豪華俳優陣が数々のシーンを彩り、まさに、オールスターキャストと呼ぶべき顔ぶれが、本作で一堂に会した。監督は日本映画の金字塔「ホワイトアウト」を手がけた若松節朗。自身の念願であった『沈まぬ太陽』映画化に全身全霊を込め、9年ぶりに大作映画の演出を手がける。脚本には、「陽はまた昇る」で白熱の企業ドラマを手掛けたベテラン・西岡琢也。昭和40年代から、60年代という、終戦から復興を遂げた日本が経済大国へと急成長した激動の時代。未曾有の航空事故、政界汚職という波乱の舞台は、日本のみならず、中東、アフリカ、アメリカへと壮大なスケールで展開し、感動と慟哭の熱い人間ドラマが3時間を超える大巨編としてスクリーンに登場。

(C)2009「沈まぬ太陽」製作委員会 沈まぬ太陽 公式サイト
 [画像クリックで拡大表示]
映画 『 沈まぬ太陽 』 
[2009年日本]

【2009年10月24日公開】[ 上映劇場 ](**分)

監督:若松節朗 脚本:西岡琢也
原作:山崎豊子沈まぬ太陽』 (新潮文庫刊)
【キャスト】
渡辺謙, 三浦友和, 松雪泰子, 鈴木京香, 石坂浩二
香川照之, 木村多江, 清水美沙, 鶴田真由, 柏原崇, 戸田恵梨香, 大杉漣, 西村雅彦, 柴俊夫, 風間トオル, 山田辰夫, 菅田俊, 神山繁, 草笛光子, 宇津井健, 小林稔侍, 加藤剛

魂が、震える。
30年間、企業の不条理に翻弄されても絶対に諦めなかった男
仕事とは、家族とは、人生とは…
苦悩する現代社会に投げかける、壮大なる人間の叙事詩
(あらすじ)

昭和30年代―。巨大企業・国民航空社員の労働組合委員長、恩地元。組合委員長として職場環境の改善に取り組んだ結果、恩地を待っていたのは会社からの海外赴任命令だった。恩地はパキスタン、イラン、そして路線の就航もないケニアへと赴任。会社は帰国をちらつかせ、恩地に組合からの脱退を迫る一方で、露骨に組合の分断を図っていた。そんな中、共に闘った同期の行天四郎は早々に組合を抜け、エリートコースを歩みはじめる。同僚でありながら行天の愛人の国際線客室乗務員・三井美樹は、対照的な人生を歩む2人を冷静に見続ける。行天の裏切り、更に妻・りつ子ら家族との長年にわたる離れ離れの生活―。焦燥感と孤独とが、恩地を次第に追いつめていく。十年におよぶ僻地での不遇な海外勤務に耐え、本社へ復帰を果たしたものの、恩地への待遇が変わることはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最大のジャンボ機墜落事故。想像を絶する犠牲者の数― 遺体の検視、事故原因の究明、補償交渉。救援隊として現地に赴き、遺族係を命ぜられた恩地は、誰も経験をしたことがない悲劇に直面し、苦悩する。墜落は、起こるべくして起きた事故だったのか。政府は組織の建て直しを図るべく、新会長に国見正之の就任を要請。恩地は新設された会長室の室長に抜擢される。「きみの力を借りたい」。国見の真摯な説得が恩地を動かした。しかし、それは終わりなき暗闇の始まりだった・・・・・・。

( チラシより )


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「沈まぬ太陽」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 沈まぬ太陽 渡辺謙 関連商品 



映画 沈まぬ太陽 若松節朗監督 関連商品 



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
夜明けの街で[公開日:2011年10月08日]
禁じられた恋に、衝撃の結末。ミステリーの代名詞である作家・東野圭吾が初めて“恋愛”をテーマに執筆したことで話題を呼んだ『夜明けの街で』。既にベストセラーとなった本作が、岸谷五朗X深田恭子とい …

踊る大捜査線 THE MOVIE[公開日:1998年10月31日]
あらすじ・解説:テレビでヒットしたドラマを、配役・スタッフもそのままに映画化。「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」というキャッチフレーズのもと、若手の現場の若手刑事 …

巨匠・市川崑が遺した幻の名作 待ち望まれた名作がついにスクリーンに蘇る08年2月に92歳で他界した巨匠・市川崑監督。70数本に及ぶその作品歴の中で、生涯ただ1本、未公開となっていた本作がつい …

〈強制恋愛〉?――新しい恋のカタチをお見せします!人気劇作家・鴻上尚史が、自信の舞台の中で「一番映像にしたかった」と語る「恋愛戯曲」。過去に2度上演した大ヒット舞台を映画化するにあたり、今の …

はやぶさ 遥かなる帰還[公開日:2012年02月11日]
「絶対にあきらめない」日本の技術力・人間力が世界を変える。全世界が注目した小惑星探索機「はやぶさ」。本作は、歴史的偉業を成し遂げた日本の科学者・技術者たちと、それを見守った人々の激動の7年間 …


     








TRACKBACK URL
  1. シネマDVD・映画情報館 — Trackback 2009/10/14

    沈まぬ太陽

    「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない…

  2. 映画@見取り八段 — Trackback 2009/10/26

    【沈まぬ太陽】理不尽な夕日
    この会社は何も答えをくれない!
    10分の休憩を間に挟んでの202分の上映時間。
    休憩なんて要らないんじゃ・・・と言うくらい、あっと言う間だった。
    それだけ入り込める人間ドラマだった。
    もう冒頭から・・・

  3. FREE TIME — Trackback 2009/11/01

    映画「沈まぬ太陽」

    映画「沈まぬ太陽」を鑑賞。

  4. soramove — Trackback 2009/11/01

    「沈まぬ太陽」堂々の大河ドラマ、プライドは捨てないということ…

    「沈まぬ太陽」★★★★
    渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二
    若松節朗監督、202分、2009年、2009-10-24公開

                        →  ★映画の…

  5. はらやんの映画徒然草 — Trackback 2009/11/01

    「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見

    上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「

  6. なりゆき散策日記 — Trackback 2009/11/01

    沈まぬ太陽

     新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシ…

  7. 沈まぬ太陽

    新作映画『沈まぬ太陽』を観て来ました。 3時間22分の超大作なので、途中でインターミッション(休憩)が入りましたよ…。 トイレが近い私にとっては大助かりでした。 ε- (´ー`*) …

  8. ころちゃんねる — Trackback 2009/11/14

    沈まぬ太陽

    【ストーリー】昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎…

  9. おそらく見聞録 — Trackback 2009/11/15

    映画「沈まぬ太陽」

    監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん)
    出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健 
    出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦…

  10. 映画のブログ — Trackback 2009/11/18

    『沈まぬ太陽』が沈みそう!
    太陽、すなわち日章旗を模した鶴のマークが沈みかかっている。
    鶴のマーク(鶴丸)で知られた日本航空は、いま厳しい経営環境にある。そんな中での映画公開は「タイミングが良すぎる」との声もあるそうだ…

  11. 映画、言いたい放題! — Trackback 2010/12/04

    沈まぬ太陽

    日本アカデミー賞って発表前から予想できて、
    しかも予想通りになりますね。( ^ _ ^;
    この作品も、作品賞を取るかなと思ったらその通りになりました(爆)
    でも受賞の時のケン・…