ドキュメンタリー頭脳警察  あらすじ・解説など



伝説的バンド“頭脳警察”の全貌を記録した、魂の3部作。

1969年。19歳のPANTAとTOSHIを中心に結成されたバンド、頭脳警察。学生運動の時代、72年に発表されたファースト及びセカンドアルバムは、その歌詞の過激さから発売禁止の処分を受け、頭脳警察は反体制のバンドとして担ぎあげられた。そして75年、学生運動の終焉を告げるかのように、彼らは突然解散する。数々の伝説的なステージと6枚のアルバムを残して・・・。本作はPANTAがニューバンド・陽炎を結成した2006年から頭脳警察を再始動させる08年までの3年間にわたり、ライヴやレコーディングシーン、さらにはプライベートにまで密着し、実に計250時間以上もカメラを廻し続けたドキュメンタリーである。結成から40年を経た21世紀の現在、彼らは何を見つめ、どこへ向かおうとしているのか。その答えを求め、監督の瀬々敬久(『感染列島』『MOON CHILD』)は、自らPANTAへの密着取材を続け、音楽ドキュメンタリーの常識を越えた、合計5時間以上に及ぶ渾身の3部作をまとめ上げた。音楽、社会、政治、日本と世界。あらゆる物語を映しながら、これまで決して語られることのなかった頭脳警察の全てが、ここに明かされる!

 [画像クリックで拡大表示]
映画 『 ドキュメンタリー頭脳警察 』 
[2009年日本]

【2009年11月7日公開】[ 上映劇場 ]
(314分:第1部107分・第2部103分・第3部104分)

監督:瀬々敬久
【キャスト】
PANTA,TOSHI,菊池琢己,中谷宏道,中山努,小柳“CHERRY”昌法,遠藤ミチロウ,三上寛,重信メイ

40年間、変わらない。
戦い続けるバンド頭脳警察のすべて。
ロック映画史の伝説を塗り替える、5時間14分。
(あらすじ)
第1部
結成から解散、再始動に至るまでの軌跡を網羅した、頭脳警察ヒストリー。

1969年、「日本語でロックをやろう」という想いから、頭脳警察の歴史は始まった。それから30年以上が過ぎた06年、PANTAは新バンド陽炎を中心に、積極的な音楽活動を続けていた。そして訪れた、最愛の母の死。その通夜に訪れたTOSHIは、数日後、アルバム・レコーディング中のPANTAを訪ね・・・。

第2部
日本の戦後史とパレスチナ問題が交錯する、感動の第2部。

太平洋戦争のさなか、従軍看護婦として働き、病院船・氷川丸で帰国したPANTAの母。その死をきっかけに、当時の氷川丸関係者を訪ね歩くPANTA。彼は重信房子の詩に曲をつけ、アルバムを制作。重信の娘メイを迎えてレコーディングを開始する。さらに、フセインの孫にあたる14歳の少年が、ひとりで200人の米兵と闘った実話を基に生まれた「七月のムスターファ」。その曲が披露されたライヴで、カメラは凍りつくかのような殺気を記録していた・・・。

第3部
PANTAとTOSHI。ふたりの想いが交錯し、“頭脳警察”再始動の物語は、奇蹟のエンディングへ。

07年12月、いよいよ再始動する頭脳警察。カメラはそのレコーディング風景やバックステージに加え、PANTAとTOSHI、それぞれの想いを丁寧に捉える。08年9月28日、京大西部講堂でのライヴ。熱狂的歓声で迎えられた彼らは、かつてないほど白熱したステージングを見せつける。「笑ってんじゃねぇよ、お前。」観客に怒りをぶつけるほど熱く燃えたPANTAに、メンバー全員の、そして会場の魂がひとつとなる。

( チラシより )


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「ドキュメンタリー頭脳警察」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 ドキュメンタリー頭脳警察 瀬々敬久監督 関連商品 




映画 ドキュメンタリー頭脳警察 頭脳警察 関連商品 



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
ATTENTION PLEASE!CA〈キャビンアテンダント〉がバスケ!?新人ゆかりが空を飛ぶ!コートを跳ぶ!チーム“JALラビッツ”を舞台に繰り広げられる燃焼系コミカル・ムービー!! (C …

アントキノイノチ[公開日:2011年11月19日]
「余命1ヶ月の花嫁」「Life天国で君に逢えたら」のスタッフが贈る感動作2009年に発売され、幅広い年齢層の感動を呼んだ「アントキノイノチ」(さだまさし著・幻冬舎文庫)。人間関係が希薄になっ …

感染列島[公開日:]
神に裁かれるのは人間か?ウィルスか? 08年5月、カンヌ国際映画祭。ある作品の企画概要を英訳した簡易なチラシ一枚が世界中の映画関係者に衝撃を与えた。『PANDEMIC(パンデミック)』…映画 …

ヘヴンズ ストーリー[公開日:2010年10月02日]
日常の中に突如あらわれる殺人という怪物。20人を超える登場人物で描く、復讐の先の物語。家族を殺された幼い娘、妻子を殺された若い夫、一人息子を育てながら復讐代行を副業にする警官、理由なき殺人を …


     








TRACKBACK URL

 ツイート・トラックバックは、まだありません。