パレード  あらすじ・解説など



現代に潜む闇を切り取った、深遠なる衝撃の問題作――。

原作は、第15回山本周五郎受賞作である、吉田修一の青春群像劇「パレード」(幻冬舎文庫)。主演、直輝を演じるのは映画・舞台を中心に活躍し、本格的実力派俳優として高い評価を得ている藤原竜也。未来には多数のドラマに出演し、トップモデルとしても絶大な支持を得ている香里奈。琴美役に07年NHK・朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」のヒロイン、貫地谷しほり。さらに平成生まれの新風・林遣都が男娼・サトルという難役に挑み、そして良介役は「ROOKIES」や「風が強く吹いている」など、幅広いキャラクターに扮し、実力に定評ある小出恵介が演じます。行定勲監督が、かねてから映画化を熱望していた『パレード』。現代の若者の内面に宿る‘モラトリアム’をテーマに新たな境地を拓く――。

(C)2010 映画「パレード」製作委員会  パレード 公式サイト
 [画像クリックで拡大表示]
映画 『 パレード 』 
[2010年日本]

【2010年2月20日公開】[ 上映劇場 ](118分)

監督:行定勲 脚本:行定勲
原作:吉田修一
【キャスト】
藤原竜也,香里奈,貫地谷しほり,林遣都,小出恵介,竹財輝之助,野波麻帆,中村ゆり,正名僕蔵,キムラ緑子,石橋蓮司

歪みはじめる、僕らの日常

都会の片隅、ルームシェアをしている4人
穏やかな日々に、突然現れた1人の少年
同じ町では、連続暴行事件が起きている…
そいて、彼らの生活は ゆっくり歪みはじめる―。

やがて待ち受ける衝撃の結末。

共感できるあなたに闇が訪れる―。

(あらすじ)

「嫌なら出てくしかなくて、居たければ笑ってればいい」

都内のマンションに暮らす男女4人の若者達。几帳面で健康オタクの会社員・直輝、自称イラストレーターの未来、無職で恋愛に依存している琴美、先輩の彼女に恋している大学生の良介。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、”本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼のサトルが加わり、町では女性を狙った暴行事件が連続して起こり始めた。穏やかだった日常は歪み始め、やがて思いもよらない結末が彼らに訪れる…。

友達、恋人、一緒に暮らしている人…あなたは本当にその人のことを知っていますか――?

( チラシより )


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「パレード」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 パレード 藤原竜也 関連商品 



映画 パレード 行定勲 関連商品 



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
女たちは二度遊ぶ[公開日:2010年07月03日]
男の記憶に鮮明に残ったの5つのリアルな恋愛物語。本作は、毎月20番組以上を配信中の携帯専用放送局BeeTVにて2010年3月より配信開始された。BeeTV史上最高の60日間連続ダウンロード数 …

すべての女性へ贈る、新しい愛のカタチ―― 2013年、愛の常識が変わる。大人の男女の恋愛を描き続ける直木賞作家・井上荒野(「潤一」「切羽へ」)の同名原作を、恋愛映画に定評のある行定勲監督(『 …

恋空[公開日:]
あらすじ・解説:ごく普通の高校生・美嘉は、ふとしたキッカケで長身でイケメンのヒロと付き合うことに。しかし、激流が飲み込んでいくかのごとく、想像を超える悲劇が次々と美嘉とヒロに襲いかかる。そん …

ラジオから届く声が、日本中の人々に温かい感動を運びます。便利さの追求が進む中で、ひと手間を加えた“手紙”や、人と人とが一対一で向き合う“ラジオ”を通じて、想いを伝える良さを、この映画でもう一 …

今度は愛妻家[公開日:2010年01月16日]
あなたは、日々散りばめられる言葉や表情の「本当の大切さ」に気づく ――。愛情を上手く伝えられない夫と、明るくて気立てのやさしい妻。結婚10年目にしてある局面を迎えた夫婦の愛情を、時にコミカル …


     








TRACKBACK URL
  1. LOVE Cinemas 調布 — Trackback 2009/12/03

    パレード

    吉田修一の同名小説を映画化。監督・脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』、『クローズド・ノート』の行定勲。出演は『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也、ドラマ『リアル・クロ…

  2. シネマDVD・映画情報館 — Trackback 2009/12/12

    パレード

    表面的な人間関係で満足しながら、都内のマンションで共同生活を送る若者たちの日々を描く青春群像ドラマ。吉田修一による第15回山本周五郎賞受賞作の原作を基に、『世界の中心で、…

  3. Memoirs_of_dai — Trackback 2010/02/11

    パレード
    エリクソンが“猶予期間”として定義した“モラトリアム”を小此木圭吾という男が“モラトリアム人間“という言葉を使うことで一般化させたが、本作では現代の特に若者が持つモラトリアムをテーマとして描かれている…

  4. だらだら無気力ブログ — Trackback 2010/02/20

    パレード

    第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を行定勲監督が藤原竜也を 主演に迎えて映像化。 表面的な付き合いの人間関係で共同生活を送る若者たちの日常を描く。 共演に香里…

  5. 佐藤秀の徒然幻視録 — Trackback 2010/02/20

    パレード

    公式サイト。吉田修一原作、行定勲監督、藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介。東京都世田谷区の中古マンション。ルームシェアする2人の男、2人の女+未成年の男。そ…

  6. |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο — Trackback 2010/02/23

    小出恵介の誕生日と重なって舞台挨拶へは行けなかったので、香里奈の誕生日に見てきた『パレード』

    基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする超アナログ式“そんじょそ…

  7. soramove — Trackback 2010/03/01

    「パレード」小説と同じタイトルの映画的な意味が見えない

    「パレード」★★★☆
    藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介 主演
    行定勲 監督、103分、 2010年2月20日公開、2009,日本,ショウゲート
    (原題:パレード )

          …

  8. 『パレード』 日常の連続の不確かな“確からしさ”を舞台の肌ざわりで探る、傑作群像劇

    『パレード parade』

    にほんブログ村

    ありきたりの日常は、一瞬一瞬の“たいした熱も帯びてない、微熱もしくは低温な断片”の繰り返し。
    だから、その中にひっそりとたたず…

  9. シネマな時間に考察を。 — Trackback 2010/04/04

    『パレード』

    現代を生きる都会の若者たちに巣くう “透明” すぎる闇。
    一見ありふれた日常、楽しい時間、気楽な関係が引き起こす、
    得体の知れない “モンスター” がそこに居る。

    『パレ…

  10. 映画のブログ — Trackback 2010/10/14

    『パレード』 『悪人』 ラストの秘密

     『悪人』の記事に関連して、質問をいただいた。
     コメント欄で回答するにはあまりにも長くなったので別の記事としたが、回答に当たっては…

  11. 映画、言いたい放題! — Trackback 2010/11/12

    パレード

    ちょっと面白そうなので観てみました。

    都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。
    映画会社勤務ので健康オタクの直輝、自称イラストレーターの未来、
    フリーターで恋愛依存…

  12. 『映画な日々』 cinema-days — Trackback 2011/05/04

    『パレード』

    パレード
    都内のマンションでルームシェアする四人の男女。
    近辺で女性の連続暴行事件が発生する…

    【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

    原作:吉田修一  読後の感想

  13. 映画@見取り八段 — Trackback 2011/10/21

    【パレード】ラスプーチンはお見通し

    パレード

    監督: 行定勲

      
    出演: 藤原竜也、小出恵介、林遣都、貫地谷しほり、香里奈、正名僕蔵
    公開: 2010年2月

         

    DVD鑑賞で。

    個人的なお話ですが、こ…