ALWAYS 三丁目の夕日  あらすじ・解説など



あらすじ・解説:昭和33年、東京タワーが完成するこの年 東京下町の夕日町三丁目には、人情あふれる住民たちがにぎやかに暮らしていました。そんなある日のこと、鈴木則文と妻・トモエ、息子・一平が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきます。ところが、立派な会社を期待していたらしい六子はどこか、がっかりした様子…一方、何かと則文と反発しあう駄菓子屋の店主で、しがない小説家の芥川龍之介。一杯飲み屋のヒロミに恋心を抱く芥川は、ひょんなことから、彼女の元に連れられてきた身寄りのない少年・淳之介の世話をすることに…さて、、、六子が加わった鈴木家には何が起こるのでしょうか?さらに芥川と淳之介の奇妙な同居生活の行方は?夕日町三丁目の人々には、どんな未来が待っているのでしょうか?・・・

(C)2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会  ALWAYS 三丁目の夕日 公式サイト

映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 
[2005年日本]

【2005年11月5日公開】(**分)

監督:山崎貴 脚本:古沢良太,山崎貴
原作:西岸良平 「三丁目の夕日
【キャスト】
吉岡秀隆,堤真一,小雪,堀北真希,もたいまさこ,三浦友和,薬師丸ひろ子,須賀健太,小清水一揮,マギー,温水洋一,神戸浩,飯田基祐,小木茂光,益岡徹,小日向文世

携帯もパソコンもTVもなかったのに

どうしてあんなに楽しかったのだろう…。

(あらすじ)

(チラシより)


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 ALWAYS 三丁目の夕日 山崎貴監督 関連商品 




映画 ALWAYS 三丁目の夕日 吉岡秀隆 関連商品 



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
あらすじ・解説:東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年。東京オリンピックの開催決定と同時に、高度経済成長へ足を踏み入れる日本。しかし、時代が変わろうとしても、そこに生きる人々の気持ちは変わ …

ALWAYS 三丁目の夕日’64[公開日:2012年01月21日]
もう一度、三丁目のみんなに会いに来ませんか?2005年11月に公開され、異例のロングランヒットを記録。日本アカデミー賞をはじめ、数多くの賞を獲得した『ALWAYS 三丁目の夕日』。その2年後 …

探偵はBARにいる[公開日:2011年09月10日]
人気シリーズ、待望の映画化。主役はこの俺、探偵だ!舞台は、札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした“俺”の活躍を描いた“ススキノ探偵シリーズ”が遂に映画化。俺と同じ札幌在住の気鋭ミステリ …

大切なものをとりもどす、最高の夏休み!あらすじ・解説:直木賞作家金城一紀の《初映画脚本》でありつつも先に小説として刊行された「フライ,ダディ,フライ」。この映画が成島出監督の手により完成!既 …

めがね[公開日:]
あらすじ・解説:春。プロペラ機のタラップを降りるとそこは、気持ちのよい風が吹く海辺の町。渚をゆっくり、ゆっくり歩いていくと、奇妙ななつかしさをたたえた小さな宿にたどり着く。そこで出会う人々は …


     








TRACKBACK URL

 ツイート・トラックバックは、まだありません。