隠し剣 鬼の爪  あらすじ・解説など



幕末。愛に生きる侍がいた。

あらすじ・解説:剣豪小説でありながら既存のものとは全く違う世界観を持つ「隠し剣」シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」と、蜜やかな男女の愛を描いた男女の愛を描いた「雪明かり」。二つの短編の魅力を大胆に一つの物語に創り上げたのが、新作『隠し剣 鬼の爪』です。主人公の片桐宗蔵には、個性派俳優・永瀬正敏。きえには松たか子。共演は、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子、田中邦衛、光本幸子、田中泯、小林稔侍、緒形拳といった実力派キャスト。スタッフには、『たそがれ清兵衛』の豪華メンバーが再び集結した。

(C)2004松竹/日本テレビ/住友商事/博報堂DYメディアパートナーズ/日販/衛星劇場  隠し剣 鬼の爪 公式サイト
 [画像クリックで拡大表示]
映画 『 隠し剣 鬼の爪 』 
[2004年日本]

【2004年10月30日公開】(131分)

監督:山田洋次  脚本:山田洋次 ,朝間義隆
原作:藤沢周平「隠し剣鬼ノ爪」「雪明かり」
【キャスト】
永瀬正敏,松たか子,吉岡秀隆,小澤征悦,田畑智子,高島礼子,倍賞千恵子,田中邦衛,光本幸子,田中泯,小林稔侍,緒形拳

人のさだめは変えられますか。
(あらすじ)

時は幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍・片桐宗蔵は、母の生前、奉公に来ていた百姓の娘きえと、3年ぶりに町で偶然再会する。宗蔵は、伊勢屋という大きな油問屋に嫁いで幸せに暮らしていると思っていたきえの、痩せて寂しげな姿に胸を痛める。それから数ヶ月後、妹の志乃と彼女の夫で宗蔵の親友・左門から、きえが病で伏せっていると聞いた宗蔵は伊勢屋に乗り込み、強引にきえを連れ帰る。宗蔵の貧しい暮らしが、回復したきえの笑顔で楽しい毎日に戻った時、大事件が起きる。海坂藩江戸屋敷で謀反が発覚したのだ。首謀者の一人、狭間弥市郎と宗蔵は、かつての藩の剣術指南役・戸田寛斎の門下生だった。戸田はなぜか、一番腕の立つ弥市郎ではなく、宗蔵に秘剣“鬼の爪”を伝授した。まもなく弥市郎は脱走し、宗蔵は大目付の甲田から弥市郎を斬るように命じられる。弥市郎の妻・桂は、実権を握る家老の堀にに夫の命ごいをするが、指令は変わらなかった。宗蔵は、激烈な運命に巻き込まれながらも、世の中の新しい行方を懸命に見きわめようとしていた……。

(チラシより)


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「隠し剣 鬼の爪」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 隠し剣 鬼の爪 松たか子 関連商品 



映画 隠し剣 鬼の爪 藤沢周平 関連商品 



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
武士の一分[公開日:]
あらすじ・解説:三村新之丞は最愛の妻、加世とつつましく暮らす、海坂藩の下級武士。「早めに隠居して、子供がたに剣を教えたい」、見果てぬ夢を語りながらも笑いの絶えない新之丞の平和な日々は、藩主の …

小さいおうち[公開日:2014年01月25日]
山田洋次監督、直木賞受賞作を映画化昭和11年。田舎から出てきた純真な娘・タキは、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根の小さな家で、女中として働きはじめた。そこには、若く美しい奥様・時子と …

蝉しぐれ[公開日:]
私たちの心を震わす感動の傑作小説が、15年の歳月をかけ完成。あらすじ・解説:英雄でも偉人でもない「普通に生きる」人々の強さを一貫して描き続けた作家・藤沢周平。混迷する現代に一条の光のごとく感 …

東京家族[公開日:2013年01月19日]
半世紀のあいだ、その時代、時代の<家族>と向き合って来た山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く――時にやさしく温かく、時に厳しくほろ苦く、家族を見つめ続けてきた山田洋次監督。『家族』、『 …

おとうと[公開日:2010年1月30日]
現代を生きる?家族?に寄り添いながら、その希望を描く感動作。『家族』、『幸福の黄色いハンカチ』、『息子』、『学校』シリーズ、そして『男はつらいよ』シリーズで、日本の家族を描き続けてきた山田洋 …


     








TRACKBACK URL

 ツイート・トラックバックは、まだありません。