お姉ちゃん、弟といく  あらすじ・解説など



比類なき女優・江口のりこ、寸止めエッチの吉田浩太、二人の感性がコラボ。高い評価を得た中編。性なる妄想物語

『月とチェリー』の江口のりこと本作品で初脚本・監督を務めた吉田浩太監督が初めてコンビを組み、2008年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門審査員特別賞を受賞。しかし吉田監督が授賞式直前に若年性脳梗塞で倒れ、生死の境をさまよう。それから4年の歳月を経て今回ようやく念願の劇場公開が決定した。弟の行動を心配しながらも次第に惹かれていく姉を演じた、個性派女優江口のりこは、本作品でC02フィルム・エキシビジョン主演女優賞を受賞。自分の恋心を素直に表現できない不安定な弟を『隼』の中村邦晃がリアルに演じている。また、なおを友情以上の想いで見つめるルームメイトの沙希を演じたのは、『片腕マシンガール』の菜葉菜。姉弟、女同士など、それぞれが胸に秘めたいびつな愛情が痛々しくすれ違う、若者たちの衝撃作!

(C)シャイカー  お姉ちゃん、弟といく 公式サイト

08年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門審査員特別賞受賞
06年C02フィルム・エキシビジョン主演女優賞受賞(江口のりこ)  
06年ドイツ・ニッポンコネクション日本映画3位選出

6月19日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次ロードショー!

 [画像クリックで拡大表示]
映画 『 お姉ちゃん、弟といく 』 
[2006年日本]

【2010年6月19日公開】[ 上映劇場 ](42分)

同時上映:象のなみだ

監督:吉田浩太 脚本:吉田浩太
声の出演:森本73子
【キャスト】
江口のりこ,中村邦晃,菜葉菜

◆製作:シャイカー 
◆助成:シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビジョン実行委員会
◆配給:ゼアリズエンタープライズ 
◆配給協力:マコトヤ
弟があたしのパンツを盗んだ!?&#9829

(あらすじ)

森下なおは、女友達の梅野沙希と東京郊外でアパートをシェアして暮らしている。なおの25歳の誕生日に、田舎の実家を飛び出したという弟の康太郎が、突然訪ねてきた。妙齢女子2人と若い男の同居がはじまった?。初日の夜。なおは、衝撃的な光景を目にする。寝静まった居間の片隅で、康太郎が、なおのパンツに顔を埋め、匂いをアフアフ嗅いでいる。興奮しつつ、心と体の片隅が疼きだす、なお。翌日。沙希と三人で街に出かける。後ろからついてくる康太郎の視線は、なおの下半身に注がれているのか? なおが濡れだす。かすかなリズムを刻む康太郎のバッグの中は、はたして隠しカメラが?! 寂れたボーリング場で、なおはこっそりパンツを脱いで…。腰を低くして、腰をつきだして、ボールをレーンに落とすと、なおのスカートがふんわりと、弟を誘う。あら見えちゃう! ちゃんと見えてる? ちょっと見てる!!

( チラシより )

吉田浩太 監督 オフィシャル・インタビュー

■エロモラスの原点『お姉ちゃん、弟といく』を撮ろうと思ったきっかけを教えて下さい。

助監督時代。道をボーっと歩いていたらヒラヒラとミニスカートで歩く若い女性がいました。
その女性を見て、ハッと「あの子がノーパンだったらいいな…」と思ったんです。
さらに何故かノーパンでボーリングしたらさぞかしハラハラするだろう…と思考が発展していきました。
怒られてしまうかもしれないけど、そこがアイデアの根本です。
ノーパンでボウリングをしようと思ったそのアイデアを脚本化する際に、心がけようと思ったのがエロスとスリルでした。エロくてハラハラする。そんな気持ちを登場人物たちにも持たせたい。そこから姉弟の物語を構築していきました。姉弟という視点で物語を構築していった先に行き着いたテーマ(というかいつもそこにいってしまうのだけど…)は、関係性の崩壊と再生というテーマでした。

■2008年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター部門
審査員特別賞の受賞が決定し、その受賞式直前に若年性脳梗塞で倒られ、
その後動脈瘤で大手術をされたとのことですが、その時のお気持ちを教えてください。

ちょうどゆうばりで入選が決まって、「よし、これからやってやるぞ!」というポジティブな中だったので、正直こたえました。
自主映画をやっている身からもゆうばり映画祭は憧れの映画祭でしたが、映画祭開催中も自宅に篭りインターネットなどで情報を得るしかない自分が情けなかったです。
何とか早く社会復帰したいと思いつつも、今まで感じたことの無い病気の症状に苛まされ、映画は無理だろうな…とへこむ毎日でした。
脳梗塞だけでも中々辛い中、さらに脳動脈瘤が発見されたときはまさに泣きっ面に蜂状態でした。
ゆうばり映画祭入選など人生を謳歌するはずが一気に転落した気持ちになりました。
しかしこうなったのも自分の普段の行いが悪いからだ、と無理に意味不明な精神状態に持っていったのを覚えています。
何かしら自分が置かれた状況に理由付けでもしなければ納得がいかない気持ちだったのだと思います。

■復帰するまでには、どのようなご苦労がお有りでしたか。

吐き気や、痺れ、耳鳴り、頭がボーっとして気絶しそうになる…といった今まで感じたことが無い症状に苛まされ続けました。
一番苦労したのが他人とのコミュニケーションでした。
約一年間の間自宅に篭りっぱなしということもあって、他人とコミュニケーションをとることがあまり出来なくなっていて、他人が怖いと思うことすらありました。
そんな状況の中、映画を作るということはおそらく無理なことのように思われました。
しかし、一方、映画を作りたいという気持ちが純化されていたのを感じました。
映画を作りたい、その純粋な気持ちだけで復帰するまでの気持ちを支えていたと思います。

■闘病されてからは、映画作りへの想いはどのように変わりましたか。

今までは、少なからず「監督になりたい」という気持ちがあったと思います。
けど今は「映画を作りたい」という気持ちしかありません。
「監督」なんていうものは肩書きに過ぎなく、自分を着飾っているものでしかない。
そういった着飾るもの一切が、病気を経て無意味なものだと気づかされました。

■復帰作の『ユリ子のアロマ』でも江口のりこさんを起用され、
処女作の本作でも主演に起用されていますが、そのこだわりは何でしょうか。

江口のりこさんは非常に独自な女優です。
自分の映画は性的なものがテーマとなり、演じる女優さんが誰であるかによって作品のテイストが決定的に決まります。
江口さんに演じてもらうと、エロティックさがありながら嫌なエロさにならない。
これはおそらく江口さんも計算しているものではなく、肩肘張らずにやっている結果、そうなってしまう。それが江口さんの魅力であり凄いところだと思います。
また江口さんファンの女性が意外に多いことも知りました。江口さんの誰にも媚びない凛とした姿が、現代的女性の理想像に近いのではないかと推測しています。

■観客の皆さんへのメッセージ

僕はこの「お姉ちゃん、弟といく」をより多くの方々に観てもらいたく劇場公開することを夢見続け、四年間悶々とし続けてきました。
この四年間は病気のことなども含め、色々とありました。
僕の新作「ユリ子のアロマ」も、この「お姉ちゃん、弟といく」をより多くの人に見せたいという気持ちから始まったといっても過言ではありません。
僕はいつも映画は映画館で見て初めて完成すると思っています。
そういった視点から考えると、四年間もの間「お姉ちゃん、弟といく」は未完成のままだったと言えます。
より多くの方々に見られることで、映画はより有機的なより芳醇なものへと変化していきます。
是非皆さんの力で、「お姉ちゃん、弟といく」を完成させて欲しいと思います。

吉田浩太監督 吉田浩太監督ブログ「ユリ子さん、お姉ちゃんと公開される」


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「お姉ちゃん、弟といく」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 お姉ちゃん、弟といく 吉田浩太 関連商品 



映画 お姉ちゃん、弟といく 江口のりこ 関連商品 

映画「お姉ちゃん、弟といく」公式サイト・ブログ更新情報



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
どんずまり便器[公開日:2012年04月14日]
衝撃の女性監督・小栗はるひ、ぶっ飛び実力派女優・菜葉菜。異色な二人の才能が激しく反応しあう!!主人公ナルミを演じるのは、メジャー・・インディーズ問わず数多くの作品に意欲的に出演し、今の日本の …

ユリ子のアロマ[公開日:2010年5月8日]
しかたないね、誰だってヘンタイでしょ!脚本・監督処女作「お姉ちゃん、弟といく」で2008年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門審査員特別賞受賞。授賞式直前に、若年性脳梗塞で倒 …

ヘヴンズ ストーリー[公開日:2010年10月02日]
日常の中に突如あらわれる殺人という怪物。20人を超える登場人物で描く、復讐の先の物語。家族を殺された幼い娘、妻子を殺された若い夫、一人息子を育てながら復讐代行を副業にする警官、理由なき殺人を …

無防備[公開日:]
日本映画史に残る感動の出産シーン。これは衝撃のドキュメンタリーか!?監督・脚本は、『ぐるりのこと。』橋口亮輔、『フラガール』李相日、『かもめ食堂』荻上直子に続くPFF(ぴあフィルムフェスティ …

象のなみだ[公開日:2010年06月19日]
吉田浩太監督の実体験をベースにした自主映画。シュールな場違い物語。吉田浩太監督自身の恋人との体験をもとに描かれた、自主制作時代の貴重な作品。05年西東京市民映画祭審査員特別賞受賞、06年調布 …


     








TRACKBACK URL

 ツイート・トラックバックは、まだありません。