美代子阿佐ヶ谷気分  あらすじ・解説など



1人の天才が描いた青春劇画の傑作、奇跡の映画化!

1970年代、やるせない空気の漂う時代。かつて井伏鱒二、太宰治らが文学コミュニティを形成していた東京・阿佐ヶ谷では漫画界の巨匠・永島慎二が地元を舞台にした「若者たち」を発表。彼を慕う若者達が次第に街に集まり地元文化を題材にした作品を発表していた。若き安部愼一もその一人であった。阿佐ヶ谷に居を構え、後のサブカルチャーにも大きな影響を与えた伝説の雑誌「月刊漫画ガロ」の次世代の作家として注目を集めたが、創作への不安、焦り、絶望が彼を蝕んでいく。精神を病み、一時筆を置いた時期はあるが、私生活に根ざした創作活動を続ける安部の作品は、日々の愛情、友情、挫折や疑念までも赤裸々に描き出す。数ある短編のモデルとなっているのはいつも、唯一人の恋人であり後の妻である美代子だった。「激しい人生=作品群」の中で彼が一貫して語るのは、叙情的で、ある種ストイックなまでの純愛である。本作では表題作のほか数ある短編を元に、天才と呼ばれた私漫画家の実像に迫っていく。

阿佐ヶ谷の
彼の部屋であたし
平和よ
(あらすじ)
70年代初頭。漫画家・安部愼一と恋人の美代子は東京・阿佐ヶ谷で同棲生活を送っていた。彼女をモデルとして月刊漫画ガロに発表した『美代子阿佐ヶ谷気分』は、彼らの一番美しい青春の季節を見事に切り取っただけでなく、当時の若者たちを取り巻く時代の空気感をも掬い取り、彼の代表作となる。しかし、自らの私生活の中に創作の糧を見つけようとする安部は次第に行き詰まり、焦りと絶望は次第に狂気をはらんでいく。その傍らで美代子は自らの性を意識し始める・・・「私たちだけ幸せだったら、それでいいじゃない」―運命の二人の愛の変遷。
( チラシより )
感想・コメントを投稿する

映画 美代子阿佐ヶ谷気分 水橋研二 関連商品 

映画「美代子阿佐ヶ谷気分」公式サイト・ブログ更新情報



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
鬼才、天願大介監督の最新作は、誰も死なない、“テロ”をめぐる美しい寓話。本作は、古事記をはじめとする日本の神話を基に、神様、セックス、幸福、テロといったキーワードをテーマに美しい“寓話”とし …

浪漫者たち[公開日:]
ゲーテを読み、大和を訪ねて日本浪曼派の心にふれる。『能楽師』では600年の能の伝統を賛美し、『みやび 三島由紀夫』では命をかけて日本文化を守ろうとした天才作家・三島を追慕した田中千世子監督が …

デルタ 小川国夫原作オムニバス[公開日:2010年07月24日]
孤高の作家・小川国夫の文学世界、初の映像化!文学作品の映画化が相次ぐ今、“内向の世代”を代表する作家・小川国夫の作品をオムニバス映像化。創作の場として郷里・藤枝(静岡県)を選び、生涯そこを離 …

ゾンビデオ[公開日:2012年12月29日]
℃-ute矢島舞美・中島早貴が血まみれ!鳥居みゆきがゾンビになって襲いかかる!!ハロプロの人気グループ・℃-uteの矢島舞美&中島早貴が、「ゾンビ学入門」というHOW TO ビデオを観ながら …

キャタピラー[公開日:2010年08月14日]
若松孝二は問う。「正義の戦争が、どこにあるのか」前作「実録・連合赤軍」から2年。赤軍の若者たちが立ち上がった背後には、親世代の戦争責任を問い、再び戦争に荷担しようとする国家への怒りがあったは …


     








TRACKBACK URL

 ツイート・トラックバックは、まだありません。