私の叔父さん  あらすじ・解説など



あの時、真実の愛を全て嘘にしてしまったんだから、今度は…

本当に人を愛する力は、どんな障害も乗り越えてゆけるはず… それが、たとえ叔父と姪であろうと…第91回直木賞を受賞した短編集『恋文・私の叔父さん』に所収されている、連城三紀彦の切実で禁忌さえ乗り越えていく愛が描かれている「私の叔父さん」。今作は、監督・細野辰興が、助監督時代より原作に惚れ込み、「本当の愛の持つ優しさを伝えたい」と、俳優、高橋克典に声を掛け映画化が実現した。主人公・田原構治を演じるのは「竜二 Forever」「誘拐ラプソディ」「特命係長 只野仁」の高橋克典。 20代のカメラマン助手と40代のカメラマンの二役を、自身の心の変化とともに見事に演じきり新境地を開いている。その禁忌の相手役、姪の夕季子には「受験のシンデレラ」(モナコ国際映画祭最優秀主演女優賞)「ハードライフ」「99年の愛(TBS)」の寺島咲。大林宣彦監督の秘蔵っ子と称される演技力は今作でも遺憾なく発揮されている。構治と夕季子の恋愛模様を18年後に察する夕季子の娘夕美子は、九州朝日放送の人気番組「ドォーモ」の新人オーディションで、1000人から選ばれた新人、松本望。構治、夕季子、夕美子の3人の19年にも渡る真実の愛が繊細に描かれている。構治の師匠であるカメラマン大久保には長谷川初範。その厳しい愛のムチが時には構治を追い込んでいく。結果的に構治の恋敵として寡黙な男・布美雄を演じるのは鶴見辰吾。カメラが趣味という布美雄が撮った夕季子はどのよう表情を見せるのか?夕季子の母、構治の姉・郁代を演じたのは、ベテラン松原智恵子。温和な表情が家族を包んでゆく。監督は、現代社会に骨太の作品を発表し続ける細野辰興。高橋克典とは「竜二Forever」以来となるが、今作はその当時から細野監督が、高橋克典に持ちかけていたもので、具現化したことによって2人の前作にも優る真剣勝負がスクリーンにも描かれている。叔父と姪。大叔父と姪孫。19年にも渡る、禁忌ゆえに一層、切ない本物の愛。原作に対する監督、出演者たちの永年の想いが、骨太で繊細な純愛映画を誕生させた。

(C)2012 私の叔父さん製作委員会   映画「私の叔父さん」 公式サイト
 [画像クリックで拡大表示]
映画 『 私の叔父さん 』 
[2012年日本]

【2012年3月3日公開】九州各地で先行ロードショー
【2012年4月7日公開】[ 上映劇場 ](**分)

監督:細野辰興  脚本:細野辰興 ,中井邦彦
原作:連城三紀彦 恋文・私の叔父さん(所収・私の叔父さん)
【キャスト】
高橋克典 ,寺島咲 ,松本望 ,山田キヌヲ ,草野康太 ,大川良太郎 ,岡村洋一 ,藤田恵子 ,近藤瑛理 ,緒方裕子 ,安宅葉奈 ,鳥飼ゆかり ,青柳美咲 ,大塚莉奈 ,福泉美咲 ,香月 ,柚木彩見 ,長谷川初範 ,鶴見辰吾 ,松原智恵子

封印された真実の愛
…どうして
兄ちゃんと私、
叔父と姪
なんだろうね…
お叔父さん、私のお母さんのこと愛してたんでしょう?
(あらすじ)

カメラマンの田原構治は、大学受験のために上京し自分のマンションに寝泊まりさせていた夕美子の発言に言葉を失った。夕美子の母親で、18年前に夕美子を生んで間もなく死んだ夕季子は、構治の姉・郁代の一人娘で、構治とは 叔父、姪に当たる関係だった。 18歳になった夕美子は、何故このような疑問を持ったのか?18年前に構治と夕季子の間に何が有ったのか?しかも、夕美子が福岡に帰った後、構治の姉・郁代から連絡があり、夕美子は妊娠していて、しかもお腹の子の父親は構治だと言い張るのだった。福岡の実家で、構治を交え、郁代、そして夕美子の父・布美雄に対して、夕美子は、母・夕季子と構治が愛しあっいたと言い張り、その証拠として構治が撮った、赤ん坊の自分を抱いた母夕季子の5枚の写真を見せるのだった…執拗な夕美子の追及に構治の想いは18年前に遡って行った…構治と夕季子は兄妹のように育った6つ違いの叔父と姪。ある日、東京でカメラマン修行をしている構治の元に、見違えるように綺麗になった夕季子が上京し7年ぶりの再会を果たした。一月後、再度上京した夕季子は、一ヶ月間どこに行かず献身的に構治の世話を始める。お互いがお互いの気持ちを察しながら2人の恋愛模様が微かに回りはじめる…そして、構治が世間や社会に抗ってまで辿り着いた真実の愛とは…?

( チラシより )


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「私の叔父さん」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 私の叔父さん 寺島咲 関連商品 

 
受験のシンデレラ

映画 私の叔父さん 高橋克典 関連商品 

映画「私の叔父さん」公式サイト・ブログ・Twitter・Facebook更新情報




《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
僕の中のオトコの娘[公開日:2012年12月01日]
21世紀特有の現象を描いた世界初の女装娘(じょそこ)青春映画が誕生!社会との関わり方に苦悩し、女装することで一歩を踏み出そうとする青年・謙介という難しい役を体当たりで演じたのは、川野直輝。ド …

棚の隅[公開日:2007年3月17日]
人生の哀歓を優しく見つめた“大人の映画”『少女』など映画化された作品も多い直木賞作家・連城三紀彦の同名小説を原作に、家族や夫婦の哀歓を丹念に見つめる<大人の映画>。主演は脚本に惚れ込み、スケ …

「わたし」の人生 我が命のタンゴ[公開日:2012年08月11日]
精神科医・和田秀樹が実際のエピソードを基に描く、希望の物語「これからの介護との向き合い方」とは現在1000万人以上の人々が介護に携わっており、劇中で描く“介護離職”をはじめとする、様々な問題 …

あなたは愛する人のために、自分を犠牲にできますか?特殊な能力を備えて生まれてきたこそ、人との関わりを極端に避け、一人孤独に耐えながら生きる少女・津木野ユリ(大政絢)。その美しい横顔には、いつ …

アワ・ブリーフ・エタニティ[公開日:2010年10月16日]
09年東京国際映画祭で絶賛された、愛の拒食症映画。 出演は、テル役は『渚のシンドバッド』(橋口亮輔監督)『スイートリトルライズ』(矢崎仁司監督)の草野康太、ヒロイン・ミオは舞台での活動が多い …


     








TRACKBACK URL
  1. 【邦画作品情報】私の叔父さん http://t.co/ezlf44BF @cinemaj