千年の愉楽  あらすじ・解説など



鬼才・若松孝二の最後の叙情詩。生まれて、死んで、生まれていく生命。命の炎を燃やす美しい中本の男たちと、生と死を見守る女の物語。

紀州が生んだ鬼才・中上健次の代表作『千年の愉楽』を、若松孝二が映画化。舞台となったのは、眼下に美しい尾鷲湾を見下ろし、背後には紀州の深い緑が連なり、斜面に建つ趣ある家々を縫って小さな路地が巡る、三重県尾鷲市の静かな集落、須賀利。昭和の薫りが色濃く漂うこの集落で若松孝二が描き上げたのは、匂い立つような命、不条理ゆえに美しい命の讃歌である。

女は孕み 子が生まれ
路地から人が溢れ出す
あの世よりはこの現世(うつしよ)へ
生きてあることこそバンバイよ……
(あらすじ)

紀州の路地に生を受け、女たちに圧倒的な愉楽を与えながら、命の火を燃やしつくして死んでゆく、美しい中本の男たち。その血の真の尊さを知っているのは、彼らの誕生から死までを見つめ続けた路地の産婆・オリュウノオバだけである。年老いて、いまわの際をさまよい続けるオリュウの胸に、この路地に生を受け、もがき、命を溢れさせて死んでいった美しい男たちの物語が甦る。己の美しさを呪うように、女たちの愉楽の海に沈んでいった半蔵。火を噴くように生きていたいと切望し、刹那の炎に己の命を焼き尽くした三好。路地から旅立ち、北の地で立ち上がろうともがいて叩き潰された達男。 生きよ、生きよ、お前はお前のまま、生きよと祈り続けたオリュウ。うたかたの現世で、生きて死んでいく人間を、路地の人間の生き死にを、見つめ続けたオリュウの声なき祈りが、時空を越えて路地の上を流れていく。

( チラシより )


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「千年の愉楽」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 千年の愉楽 寺島しのぶ 関連商品 

 

映画 千年の愉楽 若松孝二監督 関連商品 

映画「千年の愉楽」公式サイト・ブログ・Twitter・Facebook更新情報




《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
いかに生き いかに死ぬべきか数々の名作と伝説を遺し、1970年11月25日に、防衛庁内で衝撃的な自決を遂げた一人の男、三島由紀夫。頂点を極めた大作家の壮絶な最期に、世界中が驚愕した。45歳と …

海燕ホテル・ブルー[公開日:2012年03月24日]
ハードボイルド小説の第一人者・船戸与一の異色作「海燕ホテル・ブルー」が若松孝二の手によって、荒野の密室劇に生まれ変わった!!男の眼は、怒りに燃えていた。女の眼は、ここではないどこかを見つめて …

キャタピラー[公開日:2010年08月14日]
若松孝二は問う。「正義の戦争が、どこにあるのか」前作「実録・連合赤軍」から2年。赤軍の若者たちが立ち上がった背後には、親世代の戦争責任を問い、再び戦争に荷担しようとする国家への怒りがあったは …

ひとりぼっちじゃない。きっとあなたを見ていてくれる人がいる。原作は、益田ミリの人気四コマ漫画「すーちゃん」シリーズ。素朴な画とシンプルながら核心をついたリアルなセリフが現代に生きる女性たちの …

カミハテ商店[公開日:2012年11月10日]
高橋惠子23年振りの主演作品60才の主人公森田千代を演じるのは、『花物語』以来、23年振りの映画主演となる高橋惠子。都会で暮らすその弟良雄に寺島進。この二人を取り巻く様々な人々の“生と死”の …


     








TRACKBACK URL
  1. 【映画作品情報】千年の愉楽 http://t.co/i0W8w5Ap @cinemaj