つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語  あらすじ・解説など



すべての女性へ贈る、新しい愛のカタチ―― 2013年、愛の常識が変わる。

大人の男女の恋愛を描き続ける直木賞作家・井上荒野(「潤一」「切羽へ」)の同名原作を、恋愛映画に定評のある行定勲監督(『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』)が完全映画化。主演の阿部寛を筆頭に、豪華キャストが織り成す、恋愛アンサンブルが誕生。モラルや正論を軽やかに飛び越えてみせる、美しい刺激に彩られたセンセーショナルな愛の物語がここに完成。

愛を確かめる。
愛を闘う。
愛を待つ
愛を問い掛ける。
愛を寄り添う。
愛を包み込む。
愛の為に生きる。
「こんなに愛されたら、しあわせ」
わたしたちは知らなかった、男も女も生き方が変わる愛が存在することを。
艶(つや)という謎の女が投じた小さな石が、大きな波を巻き起こす。
心の奥深くで気付くのは、本物の愛のありか。
(あらすじ)

艶という女と大島に駆け落ちしてきた松生春二は、奔放な妻の不貞に悩まされ続けてきた。そんな艶が病に冒され、昏睡状態に。松生は、何度裏切られても献身的に愛してきたが、彼女を失うことに耐えられない…その時、過去に艶が関係を持った男たちに、愛の深さを確かめようと思いつく。東京で一見平穏な生活を営む何組かのカップル&家族に突然もたらされた、艶の話。それを聞いた夫の、恋人の、父のそれぞれの様子から、艶という未知の女との肉体関係を感づいてしまった女たちは、突然自分たちの人生に割り込んできた艶という存在に困惑する。目の前に見えているはずの「大切な人」が知らない顔を見せた時、人は愛を確かめ、見つめ直す―――。

( チラシより )


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 行定勲監督 関連商品 

 

映画 つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 阿部寛 関連商品 

映画「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」公式サイト・ブログ・Twitter・Facebook更新情報




《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
ベロニカは死ぬことにした[公開日:2006年02月04日]
あらすじ・解説:退屈な人生にうんざりして自ら命を絶とうとした主人公トワが目覚めたところはちょっと変わったサナトリウム。院長に「君はあと7日間の命だ」と宣告される。院内では風変わりな人々が隔絶 …

今度は愛妻家[公開日:2010年01月16日]
あなたは、日々散りばめられる言葉や表情の「本当の大切さ」に気づく ――。愛情を上手く伝えられない夫と、明るくて気立てのやさしい妻。結婚10年目にしてある局面を迎えた夫婦の愛情を、時にコミカル …

女たちは二度遊ぶ[公開日:2010年07月03日]
男の記憶に鮮明に残ったの5つのリアルな恋愛物語。本作は、毎月20番組以上を配信中の携帯専用放送局BeeTVにて2010年3月より配信開始された。BeeTV史上最高の60日間連続ダウンロード数 …

春の雪[公開日:]
永遠を約束されたはずのふたりに、その悲劇は静かに訪れる…あらすじ・解説:幼なじみのふたり、侯爵家の子息。松枝清顕と伯爵家の令嬢・綾倉聡子。いつからか聡子は清顕を恋い慕うようになっていた。清顕 …

パレード[公開日:2010年2月20日]
現代に潜む闇を切り取った、深遠なる衝撃の問題作――。原作は、第15回山本周五郎受賞作である、吉田修一の青春群像劇「パレード」(幻冬舎文庫)。主演、直輝を演じるのは映画・舞台を中心に活躍し、本 …


     








TRACKBACK URL
  1. 【映画作品情報】つやのよる http://t.co/QQOtmYsg @cinemaj

  2. 【映画作品情報】つやのよる http://t.co/QQOtmYsg @cinemaj