memo(メモ)  あらすじ・解説など



<こころがこわれる>時代、自身の強迫性障害の体験をもとに描かれた“旬の俳優+脚本家”佐藤二朗監督作品。

近年、数々の映画やドラマで活躍の場を拡げている俳優・佐藤二朗の監督・脚本作品です。選んだテーマは「強迫性障害」。本人独特の意識により、同じ行動を繰り返してしまう心の病。監督自身もその患いなかにあるというこのテーマを元に、人間の心の葛藤を描いた力作です。「強迫性障害」をもつ主人公を演じるのは、韓英恵。もちろん監督の佐藤二朗も出演。同じく強迫性障害の難役に挑んでいます。脇を固める俳優陣は、脚本・演出家サタケミキオとしても活躍中の宅間孝行をはじめ、人気個性派・岡田義徳や実力派若手俳優・池内博之。また、白石美帆や高岡早紀の存在も作品に華を添えています。

(C)2008「memo」製作委員会 映画「memo(メモ)」 公式サイト
[画像クリックで拡大表示]
映画 『 memo(メモ) 』 
[2008年日本]

【2008年3月22日公開】(106分)

監督:佐藤二朗 脚本:佐藤二朗

【キャスト】
韓英恵,佐藤二朗,宅間孝行,岡田義徳,池内博之,白石美帆,高岡早紀

闘わない、ただ生きていくから!
(あらすじ)

閑静な住宅地に住む本橋繭子は、日常生活の中であるタイミングがくると、紙にメモをとらなくてはいけない衝動が起こるという「強迫性障害」をもった女子高生。その症状は何日かに一回、文具店やノートやメモ帳を大量購入しなければいけないほどで、繭子の生活は学校と女性カウンセラーの元へ通うことで成り立っていた。温厚な父・洋平とおっとりとした母・道子は、そんな病いとは全く無縁の両親。だが繭子の病いを暖かく見守りながら、静かな三人暮らしをしている。ある日突然、繭子と家族の前に長い間音信不通だった洋平の弟、純平が現れる。驚く家族だが、そのうち純平も「強迫性障害」であるということがわかり、繭子と純平の奇妙な交流が始まるのだった・・・・・。

(チラシより)


YouTube responded to TubePress with an HTTP 410 - No longer available

映画「memo(メモ)」への感想コメント

感想・コメントを投稿する

映画 memo(メモ) 韓英恵 関連商品

映画 memo(メモ) 佐藤二朗監督 関連商品



《 関連作品 》
この記事を見ている人は他にこんな記事を見ているかも…
沖縄の小さな島。「一枚の絵馬」と「一通の手紙」から始まる、癒される恋の物語青い海に囲まれ、ゆったりとした時間が流れる沖縄の小さな島。「カフー、アラシミソーリ」(幸せで、ありますように)と、そ …

ばかもの[公開日:2010年12月18日]
生きること、愛することの哀しみと歓びを描く、究極のラブストーリー。原作は、芥川賞作家・絲山秋子の同名小説『ばかもの』(新潮社刊)。映像化に挑んだのは「デスノート」のヒットメイカー、名匠・金子 …

はりまや橋[公開日:]
国境という「橋」を越え、豪華キャストが参加した日米韓合作映画『リーサル・ウェポン』シリーズや08年カンヌ国際映画祭のオープニングを飾った『ブラインドネス』など、名作に欠かせないハリウッド俳優 …

おと・な・り[公開日:]
運命の人に出会うまでを描き出すピュアな大人のための等身大ラブストーリー。進むべき道を模索しているカメラマンの聡と、フラワーデザイナーを目指す七緒。夢を追いかけながら人生の分かれ道に立つ30歳 …

HK 変態仮面[公開日:2013年04月13日]
今度の正義は、パンティを被るだけで世にはびこる悪を倒す!主役の色丞狂介を演じ、本作で単独初主演を飾る鈴木亮平は、小栗旬が「亮平以外には考えられない」という期待に応え、変態仮面の筋肉質な体を作 …


     








TRACKBACK URL
  1. 【レンタルDVD今週の一本!】 memo(メモ) http://t.co/ZXjDAtsb @cinemaj