最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:い

いかれたベイビー


評価 件、

どうしてこんなにくやしいんだろう……「負けたくない」女子の、フリーセックス宣言!

恋人の浮気を知った主人公・エリ子は、悔しさのあまり「私も浮気してやる!」とフリーセックス宣言をする。そして、恋人の浮気をやめさせるため様々な画策をするが、やがて、本当に自分も別の男と関係してしまって…。 >>続きを読む


遺体 明日への十日間


評価 件、

一人のジャーナリストが取材した事実を基に報道が伝えきれなかった真実を描く

原作はジャーナリスト・石井光太氏の著書『遺体 震災、津波の果てに』(新潮社刊)。当時の報道では伝えきれなかった東日本大震災の知られざる事実を描いたこの壮絶なルポルタージュ本を読んだ君塚監督は、この事実の中にある真実を映像を通して伝えるべきだと確信、製作にあたっては何度も現地を訪ね実在のモデルとなった方々のもとへ足を運び、新たに取材を行いました。「未曾有の災害に直面し、立ち向かった人たちの姿を多くの人に伝えたい。 >>続きを読む


いびつ


評価 件、

>>続きを読む


いま、殺りにゆきます


評価 件、

狂っているのはこの映画なのか!?それとも、現実なのか!?

2011年に「ダイナー」で大藪春彦賞を受賞したホラー作家・平山夢明が、実際にあった恐怖体験を集めて作り上げた人気実話ホラー小説集シリーズ「いま、殺りにゆきます」が遂に映画化!全5話のオムニバスとなる本作を監督したのは、前作『AVN/エイリアンVSニンジャ』のハリウッド・リメイクが決定した千葉誠治。話題を集めるこのクリエーターは、ひょんなことから日常の闇に足を踏み入れた少女たちの姿を生々しく活写している。そして、主演は森田涼花、桃瀬美咲、肘井美佳、菅野麻由、大友さゆりという、今をときめく女優陣。実話をベースにした本作で、リアルに怯える彼女たちの姿は必見だ。未曾有の恐怖が引き起こす“美少女破壊”を見逃すな!!
>>続きを読む


イヤリング


評価 件、

青春Hシリーズ第25弾!

ノスタルジックな恋を描いたシリーズ第10弾『再会』で高い人気を得た榎本敏郎が青春Hに再登場!佐藤寿保監督(『アントキノイノチ』)に師事し、獅子プロダクションより監督デビュー後、作家性のある作品で評価を得てきた榎本監督が今回選んだテーマは「嘘」。人は誰でも嘘をついて生きている。人を楽しませる嘘、自分を取り繕う嘘、人の数だけ嘘がある。嘘を真実として生きる男と女の心の葛藤と成長を描く切ないラブストーリー。 >>続きを読む


怪談新耳袋 異形


評価 件、

日本一スカートが短いアイドルスマイレージVS井口昇監督

人気ホラーシリーズ“怪談新耳袋”を『電人サボーガー』『ロボゲイシャ』など、その奇抜な作品が世界での評価を得ている鬼才・井口昇監督が挑む新しい形のホラー。今回4話のオムニバス形式で繰り広げられる井口ワールドに朝鮮するのは、日本一スカートが短いアイドルでおなじみ“スマイレージ”。映画初主演の彼女達がガチンコで挑む体当たり演技は必見!時代は3Dから2Dへ―。飛び出すのは、あなた自身の心臓だ! >>続きを読む


1+1=1 1


評価 件、

私たちのパラパラマンガなんて、一瞬だね

監督は、『三月のライオン』以降、『ストロベリーショートケイクス』や『スイートリトルライズ』など、独特な世界観をもつ作品を発表してきた矢崎仁司監督。脚本は映画24区シナリオコースで学んだ武田知愛。撮影の石井勲と照明の大坂章夫の名コンビが作り出す?光と闇?の映像美は、矢崎映画に欠かせない空気感を映し撮る。音楽は、矢崎が「一度自分の映画音楽に」と長年熱望していた神尾光洋ひきいる高速スパム。アルバム『UZURA DISCO』の中の「Today」や「Kiss My 明日」はこの映画と深く共鳴している。独特の空気を纏う個性派俳優であり、『色即ぜねれいしょん』などの作品で映画監督としても知られる田口トモロヲの参加も注目。 >>続きを読む


一命


評価 件、

貧しくとも、愛する人と共に生きることを願い武家社会に立ち向かったある侍の生き様に、心が震える感動作。

2011年度カンヌ国際映画祭で、一本の日本映画が上映された。それは、今や世界が注目する監督、三池崇史待望の新作「一命」である。怒涛のストーリー展開、鬼気迫る役者陣の演技、緊迫感あふれる映像美、そして衝撃の結末に観客は騒然となり、スタンディング・オベーションは鳴りやむことがなかった―。この世界を圧倒した衝撃作が、ついに日本で、そのベールを脱ぐ。 >>続きを読む


一枚のハガキ


評価 件、

戦争がすべてを奪った。戦争が人生を狂わせた。それでも命がある限り、人は強く生きていく。新藤兼人、映画人生最後にして最高の傑作

戦争末期に徴収された兵士の100人のうち、94人が戦死し6人が生きて帰ってきた。その生死を分けたのは、上官が彼らの任務先を決める為にひいた“クジ”だった――。モスクワ、ベルリン、モントリオールなど海外の映画祭をはじめ、国内でも日本アカデミー賞、東京国際映画祭など国内外で数々の栄誉に輝く日本最高齢(99歳)の巨匠・新藤兼人。彼が自ら「映画人生最後の作品」と語る本作は、自身が生き残った兵士6人のうちの1人である新藤監督の実体験を元に作られた。人の命が“クジ”に左右され、兵士の死は残された家族のその後の人生をも破滅に導く。 >>続きを読む


HOME 愛しの座敷わらし


評価 1 件、 4

東北の大自然の中、家族の絆、その再生の物語が時に温かく、時に切なく描かれていく――。

2007年に朝日新聞紙上に連載され、好評を博した荻原浩の『愛しの座敷わらし』(朝日文庫刊)。第139回直木賞候補にも選出された同作品を、人気シリーズ「相棒」の主演&スタッフが真心を込めて映画化!東北地方ゆかりの「座敷わらし伝承」を絡めながら、どこにでもあるサラリーマン一家の再生をユーモラスかつ感動的に描いた、極上の家族映画の誕生です。それぞれが問題を抱えバラバラだった家族が様々な困難を乗り越え、父親を中心にひとつに結束していく姿は、広く観客の心に訴えかけます。主人公のサラリーマン、家族の為に >>続きを読む


日本列島 いきものたちの物語


評価 件、

奇跡の島・日本列島に満ちあふれる、いきもたちの“家族愛”

豊かな気候風土から、奇跡とも呼べる自然の恵みを受けている日本列島。そこには世界でも類を見ないほど多種多様ないきものたちが暮らしています。そんないきものたちの感動のドラマが、日本初の本格自然ドキュメンタリーとして一本の映画になります。日本各地の美しい四季の移ろいを背景に、様々ないきものたちが織りなすドラマチックな家族の物語。厳しい冬、家族で寄りそって生きるニホンザルと、母を亡くした子ザルの試練。生まれたばかりのウリボウと、イノシシ母さんの厳しくも >>続きを読む


犬の首輪とコロッケと


評価 件、

大阪・生野。毎日が笑いとケンカに溢れてた、冗談のような真実の物語

大阪を中心に活躍する芸人・長原成樹が自ら監督に名乗りを上げ、自伝小説『犬の首輪とコロッケと ~セキとズイホウの30年~』を映画化!昭和のディープな大阪・生野を舞台に札付きのワルからお笑いの世界に飛び込んでいく自身の半生を描いた真実の物語。本作には「家族」「恋愛」「友情」に悩みながらも一つずつ答えを出していく主人公の姿を通して、自分を育ててくれた街への感謝の気持ちが込められている。主演のセイキには、若手注目の鎌苅健太。 >>続きを読む


生きてるものはいないのか


評価 件、

世界が認める鬼才・石井聰亙改め石井岳龍10年ぶりの長編新作が遂に完成。演劇界の新鋭・前田司郎の傑作不条理劇「生きてるものはいないのか」を完全映画化

「狂い咲きサンダーロード」(80)、「爆裂都市 Burst City」(80)、「逆噴射家族」(84)、「ELECTRIC DRAGON 80000V」(01)などジャンルを超越した世界観で今なお、世界中で熱狂的な支持を受ける映画監督・石井岳龍。遂に「五条霊戦記 GOJOE」(00)以来、実に約10年ぶり、待望の劇場用長編新作が完成した。石井岳龍監督が題材に選んだのは32歳という若さでありながら劇作家として岸田戯曲賞を受賞、小説家として芥川賞候補作を持つ新鋭・前田司郎の傑作戯曲「生きてるものはいないのか」。怪しい都市伝説が囁かれるとある大学を舞台に次々と >>続きを読む


イヤータグ


評価 件、

「キヲクドロボウ」から4年。ProjectYamaken最新作!! 横浜の街を舞台に描かれるダークエンターテイメント。

2007年に公開されインディーズ映画界に衝撃を与えたSFアクション作品「キヲクドロボウ」。低予算ながらコンピュータグラフィックを駆使し自主制作映画とは思えないスケール感とスタイリッシュなエンタテイメント性に誰もが驚かされた。あれから4年。監督山岸謙太郎の新作「イヤータグ」はあらゆる面で前作とは異なっている。60年代刑事ドラマやノワール作品を匂わせるダークでアナログな映像美。現代の横浜を舞台にしながらもまるで昔のフィルム映画の世界にいるようなビジュアルは「キヲクドロボウ」から >>続きを読む


イチジクコバチ


評価 件、

サトウトシキが奏でる狂気と愛のワンダーランド

父親に監禁されているみつは学校も行けず、生活のために援助交際で金を稼ぐ。雇い主の青年・慎吾はみつに惹かれていく。愛なのか?同情なのか?それしかないという絶望なのか?三人はお互いにお互いを受け入れ共鳴しあう。サトウトシキが敢えてこの題材を選んだ理由は?追い詰められた人間の狂う瞬間の美しさが人に強い印象を与える。周りが見えなくなるほど真っ白になっていく様。まさしくこれぞサトウトシキのワンダーランド! >>続きを読む


いぬのえいが


評価 件、

あらすじ・解説:笑ったぶんだけ、楽しくなれる。泣いた分だけ、優しくなれる。「いぬ」と「ひと」の愛情に満ち溢れた物語をリレー形式で描く珠玉のエンタテインメント >>続きを読む


石の降る丘


評価 2 件、 5

掘って 掘って 掘られる!?

かつて雨の降らない村だった安吾村は、高名な雨乞い師によって干ばつから救われた。しかし、ある事件をきっかけに、雨乞い師は村人に殺されてしまう。その日から村には雨が降り続き、村の全てを流し去ってしまった。雨乞い師の祟りだと思った村人は、雨乞い師が大切にしていた像をご神体として祠を建てて祀った。その後雨は止んだが、以来雨が降ると必ず石が降ってくるようになり、それを恐れた多くの人々は村から離れ、いつしか安吾村は限界集落と呼ばれるようになった。津村外史が >>続きを読む


イズ・エー [is A.]


評価 件、

息子は父親の愛情を受け入れることができるのか?

あらすじ・解説:最愛の家族を失う刑事には、名脇役として数々の作品「模倣犯」「最後の恋、はじめての恋」に出演、今回初の主演となる津田寛治。“ホーリー・ナイト”には「あずみ」「ロボコン」、舞台「お気に召すまま」と幅広く活躍する小栗旬。“ホーリー・ナイト”の父親には、「ワンダフルライフ」「ランドリー」の内藤剛志。その他実力派俳優たちが脇を固め、熱い競演を繰り広げる。メガホンを取ったのは、過去多くのVシネマ作品の監督を経て、本作が劇場映画デビューを >>続きを読む


犬とあなたの物語 いぬのえいが


評価 件、

2005年に公開され大ヒットを記録した『いぬのえいが』。犬好き待望のシリーズ第2弾が遂に公開!

家族のように優しく寄り添ってくれた思い出、思わず笑みがこぼれるハプニング、涙も枯れるほど悲しい別れ…、“犬”と“人”とが織りなす、笑いあり涙ありの愛情あふれるエピソード。犬との触れ合いを通して、大切な誰かを愛し、誰かに愛されることの喜びを伝えてくれる物語が誕生しました。『ハゲタカ』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞するなど、日本映画界に欠かせない演技派・大森南朋と『ゴースト もういちど抱きしめたい』で久々の映画主演を果たす >>続きを読む


犬と歩けば ~チロリとタムラ~


評価 件、

あらすじ・解説:彼女にフラれた男が一匹の捨て犬と出会う。一緒に住んでいた彼女が、家族の看病で故郷に帰るを機に、彼は住む所を失くしていた。同じような境遇の一人と一匹は、行き場もなく途方に暮れてしまう。そんな時「セラピードック」のことを知った彼は、家族の看病にかかりきりの彼女のために、この犬を育てて贈ることを思いつく… >>続きを読む


インシテミル 7日間のデス・ゲーム


評価 件、

10の凶器。10の覚悟。死の推理ゲームを制し、生き残って大金を得るのは、誰だ?

原作者は、「このミステリーがすごい!」2010年度版で、作家別投票第一位に輝いたミステリー界の俊英・米澤穂信。江戸川乱歩、コナン・ドイル、アガサ・クリスティーなどの名作ミステリーへのオマージュもふんだんに込められ、ミステリーファンの間でも傑作! と絶賛されている代表作です。監督は世界の中田秀夫! 一つの殺人事件をきっかけに狂気に走る10人の心理を鋭く描く! 『リング』『L change the World』の監督もつとめる中田監督 >>続きを読む


イエローキッド


評価 件、

ボクサーを目指す青年とマンガ家の描く世界がクロスする、パワフル・エンタテインメント!

マンガとボクシングという、一見両極端に位置するものを並列に描き切り、現実と虚構とを縦横無尽に駆け回る真利子哲也監督のパワフルで正確な演出力と冷徹な人間観察は、まだ28歳の若さで、本作が長編映画デビューというのが信じられないほどに、成熟した印象を与える。 岡本喜八監督を敬愛するという、彼の映画を撮ることに対する気負いが、商業映画としての観客への意識と、映画作家としての表現の間を目指した結果である。劇場長編デビューとなる >>続きを読む


板尾創路の脱獄王


評価 件、

救世主< メシア>板尾創路が放つ、”獄”上クライム・ラビリンス!

綿密に積み上げられたプロットと、予想外の演出、たたみかける究極のラストシーン。お笑い・俳優・作家・歌手など多彩な顔を持ち、その全てがハードルを楽々越えているカリスマ・板尾創路。特に俳優としては、是枝裕和監督の『空気人形』で堂々のカンヌ映画祭レッドカーペット登壇も果たし、『ナイン・ソウルズ』で共演した原田芳雄からは「板尾は良すぎる」と手放しの賞賛を贈られたほか、演出家の松尾スズキをして「圧倒的に芝居が上手い」と >>続きを読む


いま、会いにゆきます


評価 件、

その愛は、心に優しく降ってくる。日本中を感涙で包み込んだ切ないラブストーリー!!

あらすじ・解説:妻に先立たれながらも6歳の息子・佑司と二人で何とか幸せに暮らしている秋穂巧。そんな巧たちの前に、彼らを残して一年前に逝ったはずの妻・澪が梅雨のはしりのある雨の日に現れる。ただ彼女は一切の記憶を失っていた。しかし、巧と佑司はそんな澪を優しく迎え入れ、三人のちょっと不思議な共同生活が再び始まる。記憶のもどらない妻に、自分たちの恋の歴史を語って聞かせる夫・巧。やがて二人は「二度目」の恋に落ちることになる。 >>続きを読む


いぬばか


評価 件、

「いぬばか」な人たちと可愛いワンちゃんたちが巻き起こす、可笑しくてちょっと切ない、LoveDogストーリー!!

総勢100匹を超えるワンちゃんたちがスクリーンいっぱいに魅力を振りまくドッグムービーの決定版!映画『いぬばか』がついに登場。月刊ヤングジャンプに連載中で、現在まで19巻累計85万部を発行する人気コミック「いぬばか」を原作に、「死が訪れるその時まで、犬を愛し、大切に育てる」というメッセージを込め、スザンヌ、監督をはじめとするキャスト&スタッフが愛情いっぱいに表現。“ばか”がつくくらいの犬好き娘・すぐりには、本作で >>続きを読む