最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:か

映画 怪物くん


評価 件、

大野智 × 藤子不二雄A 大ヒットドラマが、ついに映画化!!

圧巻!インドでの壮大なロケ×3D→怪物くんワールド面白さ倍増!!この冬、伝説のカレーを求めて「怪物くん」たちの大冒険が始まる。 >>続きを読む


カラスの親指


評価 件、

衝撃のラストには、衝撃のウラがある。

映画化不可能と言われてきた直木賞作家・道尾秀介の本格ミステリーが待望の映画化!主人公のタケを演じるのは、阿部寛。『麒麟の翼』のシリアスな刑事役から、『テルマエ・ロマエ』のコミカルな古代ローマ人まで、今や日本NO.1の人気実力を兼ね添えた彼も、サギ師役は初挑戦。対するタケの迷相棒=テツには、本格的映画初出演の、日本NO.1スベリ芸人・村上ジョージが大抜擢で、まさかのコンビ結成!そんな強烈な2人を支える、フレッシュな若手陣も負けじに多彩。若手実力派女優としていまや各方面から引っ張りだこの石原さとみ、「カルピス」CMの新キャラクターに起用され、来年のNHKドラマ「あまちゃん」のヒロインにも選ばれた大型新人の能年玲奈、そして本作のために10kgの増量を敢行し、その役者魂を見せた小柳友。爽快なmでにダマされる完璧なラストへと突き進む本作は、あらゆる伏線がちりばめられ、どのシーンも見逃せない!この秋、スリリングな展開にユーモアと人情味がたっぷり盛り込まれた極上のエンタテインメントが誕生する。

>>続きを読む


紙風船


評価 4 件、 4.25

現在(いま)、心に響く岸田國士が残した珠玉の台詞

大正から昭和にかけて活躍した劇作家、岸田國士。氏が残した数多くの作品群は小劇場作品から商業作品まで今なお多数上演、映画化されており人々の心をつかんで離さない。そして2011年、東京芸大生が氏の描く時を経ても変わらない“リアルな人間像”に共感し映画化を決定。時代を現代へと移し、鎌倉・江の島の美しい情景を舞台にそれぞれの運命が今幕を開ける! >>続きを読む


映画版 外交官・黒田康作


評価 件、

>>続きを読む


カレーのにおい


評価 2 件、 2

山口智が想像したレシピはスパイシーでシニカルなラブ&コメディ

短編映画『きれいにするとこからはじめよう。』を監督しハンブルグ国際短編映画祭など国内外の映画祭にて招待上映され、その後長編『ユニットバス・シンドローム』短編映画『扇風機の気持ち』短編『UFO食堂』を精力的に発表する。2009年秋に長編『代行のススメ』商業映画デビューをした山口智が「カレー」と言うキーワードで日常の些細な言葉、振る舞いをポップに描く!カレーライスが異常に好きな男、藤瀬は複数の女と付き合っている。その目的は女達との情事ではなく、女達が作る >>続きを読む


管制塔


評価 件、

>>続きを読む


かぞくのひけつ


評価 件、

あらすじ・解説:オンナ癖の悪い父と、嫉妬深い母。その息子の賢治は今日も母から尾行を頼まれ、仲良くカノジョと居酒屋にいる父を見つけてしまう!なんとか賢治は諦めるようにカノジョに説得するが、翌日、両親が営む不動産屋のバイト募集にそのカノジョが現れた・・・!?一方、恥ずかしい悩みを抱えて手も握ってくれない恋人・典子はイライラ・・・。大人たちの板挟みになり、典子からもビンタを喰らい、賢治はもう大変。なんでみんなツラい思いをしながら一緒になろうとするんだろ? >>続きを読む


学校をつくろう


評価 2 件、 4.5

>>続きを読む


SP THE MOTION PICTURE 革命篇


評価 件、

ドラマシリーズの最後に見せた尾形の行動は、井上たちも予測不可能な「野望」に発展し、やがて国家の命運を決する大いなる「革命」へと帰結する。

フジテレビ系にてオンエア(’07/11月~’08/1月)された連続ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』。「今までにないドラマ!」を目指してスタートしたこのオリジナルドラマは、直木賞作家・金城一紀による斬新なストーリー構成と、主人公・井上薫を演じる岡田准一の観るものの心を捉える迫真のアクションシーンが大きな話題を呼び、毎週土曜深夜という時間帯ながらも、オンエアを重ねるごとに熱狂的な人気を集め、深夜ドラマとして歴代1位の驚異的な高視聴率を >>続きを読む


岳 ガク


評価 件、

標高3,190m 気温-25℃ 命は、命でしか救えない。

人を愛し、山を愛する男。島崎三歩が日本アルプスを舞台に繰り広げる感動の人間賛歌!! >>続きを読む


海炭市叙景


評価 2 件、 4

あの時間に戻ることはできない…。村上春樹らと並び評されながら不遇に終わった佐藤泰志の幻の小説が、熊切和嘉監督によって、ついに映画化!

佐藤泰志の幻の傑作が、ついに映画化されます。村上春樹、中上健次らと並び評されながら、文学賞にめぐまれず、90年に自らの命を絶った不遇の小説家・佐藤泰志。『海炭市叙景』は、彼の故郷である函館をモデルにした“海炭市”を舞台に、そこに生きる人々の姿を描き出す未完の連作短編小説です。監督は、やはり北海道出身の熊切和嘉監督。監督は、遺された18の短編小説の中から、5つの短編を選び、脚本の宇治田隆史とともにモザイクを組み合わせるように、“海炭市”と >>続きを読む


GANTZ


評価 件、

残された最後のカリスマ漫画 全世界から映像化を熱望された『GANTZ』がついに禁断の実写映画化!

死んだはずの人間がGANTZ〈ガンツ〉に召還され、“星人”と戦うことになるという独創的な設定でカリスマ的な人気を誇る「GANTZ」は、週間ヤングジャンプ(集英社)で2000年7月から連載開始。コミックスも既刊28巻で累計1100万部を突破している“ヤンジャン”を代表する超人気SFアクション・コミック。二宮和也、松山ケンイチをダブル主演に迎え、極限状態での人間ドラマと超過激なアクションが、見るものの心を鷲掴みにする!2011年、邦画の枠を超える感動と衝撃の >>続きを読む


牙狼 〈GARO〉 ~RED REQUIEM~


評価 1 件、 4

3Dの魔界を黄金騎士が駆ける!

闇から出現し人間を喰らう魔獣ホラーたちを狩る魔戒騎士。その中でも最高位の称号を持つ黄金騎士ガロこと冴島鋼牙の終わりなき戦いをスタイリッシュな映像描いた『牙狼 〈GARO〉』。2005年10月からテレビ東京系列で放送されて以来、大人も虜にしたハイパー・ミッドナイト・アクションが舞台をスクリーンに移し、TVシリーズよりさらにクロリティを増して甦ることに! 本作の最大の衝撃は、最新VFX技術を派手に駆使したデジタル3D映像に尽きる。TVシリーズでも >>続きを読む


怪談新耳袋 怪奇


評価 件、

最強コラボが生み出す、深化した劇場版『怪談新耳袋』最新にして、最恐―

日本中から本当にあった怖い実話怪談を収集し、現代怪談ブームを巻き起こした「新耳袋」。同著はBS-TBSでショート・オムニバス『怪談新耳袋』として映像化され、熱狂的ファンを生んで100話を越えるエピソードが誕生。続いて製作された劇場版シリーズ3作品も大ヒットを記録し、世界を席捲したJホラーにも大きなインスピレーションを与えた! “増殖”をキーワードに各メディアに進出し、現在も活躍中の気鋭監督を多数輩出した『怪談新耳袋』。 >>続きを読む


ガチ☆ボーイ


評価 1 件、 5

あらすじ・解説:主人公の五十嵐良一は事故で頭を打って以来、眠るとその日にあったことを全て忘れてしまうという「高次脳機能障害」を負ってしまった青年。昨日のことも覚えていられない自分に対して五十嵐は生きる実感を失いつつある。ところが、そんな時に五十嵐はあるものと出会う…。それは、“学生プロレス GAKUSEI PURORESU!!”学生プロレスは本当のプロレスとは違い、コメディ要素が強く、むしろコントに近い一大エンターテインメントなのだ >>続きを読む


カラフル


評価 1 件、 5

直木賞作家・森絵都のベストセラー小説を感動のアニメ映画化!

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 』(01)、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(02)、『河童のクゥと夏休み』(07)。日本を代表するアニメーション監督として、不動の地位を築いた原恵一。アニメーション業界のみならず、映画界からもその動向に注目が集まる原恵一の最新作『カラフル』がついに2010年夏公開されます。原作は、『風に舞いあがるビニールシート』で「第135回直木賞」を受賞した森絵都の同名小説。 >>続きを読む


神様ヘルプ!


評価 件、

演劇界の鬼才、穴吹一朗×期待の若手実力派俳優陣。次世代エンタメを担う才能のケミストリー。

演劇界の鬼才、穴吹一朗率いる劇団アーバンフォレストによる大ヒット舞台『Tower of Suger』が、待望の映画化。主人公のホラープランナー・アツオと25年前の大量殺人犯となってしまう理科教師・佐藤隆の一人二役を演じるのは、人気絶頂の加藤和樹。悪魔に魂を売った「人間ではない存在」西条勝役に、名バイプレーヤーとして注目が高まっている松田悟志。脇を固めるキャラクターには、ドラマ「タンブリング」・映画「ソフトボーイ」の >>続きを読む


劇場版 怪談レストラン


評価 件、

シリーズ累計800万部突破!児童文学の傑作、遂に映画化!!

原作は、知らないとは言わせませんよ?。みんなが大好きな、コワ?イ話+カワイ?いイラストがいっぱい!シリーズ累計800万部突破のロング&ベストセラー児童文学です!!映画では、TVアニメでおなじみのアコ、ショウ、レイコも出演し、原作やアニメで人気のカワイイお化けたちが、CGキャラクターで登場します!そして主演は、第12回全日本国民的美少女コンテストでグランプリとモデル部門賞をダブル受賞した工藤綾乃ちゃん!本作で、元気いっぱいに >>続きを読む


カスタードプリン


評価 件、

テレビ・人気グラビア誌で活躍する美女軍団が勢ぞろい!

芸能界に憧れ、芸能事務所に所属したちはる。しかし、理想とは程遠いキャンギャルばかりのお仕事ばかり。しかも事務所は傾きかけ、社長は逃亡寸前!?そんな中、仕事現場に売れっ子プロデューサーが現れるとの噂が立ち、色めきたつ女の子たちだが、仲間の一人がトラブルに巻き込まれてしまう。その上、さらなる危機が、ちはる達を、いや、地球を襲う!仲間を、そして地球を救うため、日本で一番テキトーな13人のギャルが立ち上がった。 >>続きを読む


隠し剣 鬼の爪


評価 件、

幕末。愛に生きる侍がいた。

あらすじ・解説:剣豪小説でありながら既存のものとは全く違う世界観を持つ「隠し剣」シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」と、蜜やかな男女の愛を描いた男女の愛を描いた「雪明かり」。二つの短編の魅力を大胆に一つの物語に創り上げたのが、新作『隠し剣 鬼の爪』です。主人公の片桐宗蔵には、個性派俳優・永瀬正敏。きえには松たか子。共演は、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子、田中邦衛、光本幸子、田中泯、小林稔侍、緒形拳 >>続きを読む


陰日向に咲く


評価 件、

あらすじ・解説:夏、東京には大型台風が接近していた。そんな東京ではダメダメな人達が、陰日向の奮闘をしていた。ギャンブルから足を洗えず、借金まみれとなったシンヤは、とうとうオレオレ詐欺に手を染める。だが騙したはずの老婆と心の交流が始まってしまい、なかなかカネが引き出せない。そんな彼が街で知り合った寿子は、若かりし頃に売れない芸人・雷太に恋した母・鳴子の恋の軌跡をたどろうと、母が働いていたストリップ劇場へ足を向ける。そこで寿子は >>続きを読む


川の底からこんにちは


評価 件、

どん底から這い上がってゆく人たちが一生懸命に繰り広げる可笑しくて愛おしい人間ドラマ

日本を代表する監督を次々と発掘してきた“ぴあフィルムフェスティバル”。そのPFFアワード2007で『剥き出しにっぽん』がグランプリを受賞し、アジア・フィルム・アワードにて「第1回エドワード・ヤン記念アジア新人監督大賞」を受賞。本作が第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に招待を受け、いま世界中から高い注目を集める26歳の本格派監督・石井裕也の商業映画デビュー作。世相を鋭く反映させながら卓越した演出力で、逆境に >>続きを読む


カーテンコール


評価 件、

あらすじ・解説:東京の出版社に勤める香織はふとした事件をきっかけに九州のタウン誌に異動を命じられる。そこに届いた一通のはがき。このはがきは映画館での懐かしい思い出が綴られていた。その取材のため古くからの映画館みなと劇場を訪れた香織はその映画館で昭和の映画全盛の時代に幕間芸人として生きた男、安川修平とその家族について話を聞かされる。いつでも笑顔でお客を楽しませていた修平だが映画興行の斜陽とともに家族三人の >>続きを読む


がんばっていきまっしょい


評価 件、

あらすじ・解説:舞台は、1976年の四国・松山。美しく穏やかな海に囲まれたこの町に生まれ育った悦子は、成績優秀で要領のいい姉に比べ、不器用で勉強も苦手。新しく始まる高校生活を目前にしても、心底打ち込めるものが見つけられずにいた。始業式当日から、幼なじみであり天敵の関野ブーにはにはいやみを言われ、入ろうと思ったボート部には女子チームはないと門前払いされてしまう。しかし、悦子は、「ないんじゃったら作ったらええんか。」と >>続きを読む


かもめ食堂


評価 件、

あらすじ・解説:ぶっくり太ったカモメたちがユルリと青空を飛ぶ、北欧の港町ヘルシンキ。その町の片隅に小さな食堂がひっそりとたたずんでいる。日本人女性サチエが店主をつとめる、かもめ食堂の看板メニューは“おにぎり”。純朴で心情豊かなヘルシンキの人々に純朴だけどおいしい日本の「おにぎり」を食べてもらいたい。そんな願いを込めて、サチエは今日もアツアツのごはんを握るけど、客といえば日本おたくのフィンランド人 >>続きを読む