最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:き

今日子と修一の場合


評価 3 件、 3.33

2011年3月11日、14持18分。東北地方太平洋沖地震・東日本大震災は起きた――この物語は、被災地を故郷に持った、女と男の物語。

『長い散歩』でモントリオール世界映画祭グランプリを受賞するなど、映画監督としても世界的な評価を受ける名優・奥田瑛二。前作『風の外側』から6年ぶり、5作目の長編となる本作は、東日本大震災を背景に、心の拠りどころを失くした2人の若い男女を通じ、まだ癒えることのない日本の傷跡を生々しくさらすと同時に、過去に重い罪を背負いながら、ふたたび人生を生きようとする姿を力強く謳ったヒューマン・ドラマを作り上げた。この作品は、自らオリジナル脚本を執筆した奥田監督でなければ決して生まれないであろう独創的で、今の閉塞した日本を打ち破るような野心作である。 >>続きを読む


キッズ・リターン 再会の時


評価 件、

友情と決意。這い上がる男たちの姿に胸が熱くなる

本作は、映画史上に残る名作として、今なお愛され続けている『キッズ・リターン』のその後の物語。原案は、ビートたけし。監督は、『キッズ・リターン』の助監督をつとめ、確かな演出力で国際的にも評価が高い清水浩。そして、シンジ役に平岡祐太、マサル役には三浦貴大と、着実にキャリアを積み上げてきた若手実力派が顔を揃え、これまでのイメージを覆すキャラクターにチャレンジ。本格的トレーニングに励み、吹替なしで挑んだ平岡祐太の鍛え上げられた肉体、凄まじいボクシングシーンも必見だ。その他、倉科カナがシンジを温かく見守るヒロインに、中尾明慶が威勢の良いマサルの手下に扮し、 >>続きを読む


清須会議


評価 件、

三谷幸喜と総勢26名の超豪華キャストで贈る笑いと驚きとドラマに満ちた全く新しい歴史エンタテインメント!!!

『THE有頂天ホテル』(06)、『ザ・マジックアワー』(08)、『ステキな金縛り』(11)と立て続けに大ヒットを記録し、日本中を爆笑と温かい感動で包み込む、三谷幸喜監督待望の最新作がいよいよやって来ます!17年ぶりとなる自身による書き下ろし小説を原作としつつも、小説とは全く違ったアプローチで映画化される本作は、三谷が初めて挑む歴史もの。織田信長亡き後、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に、日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる【清須会議】をテーマに、日本映画界を代表する総勢26名の豪華絢爛なキャスト陣を迎え >>続きを読む


潔く柔く きよくやわく


評価 件、

「せつない涙があふれる壮大なラブストーリー」いくえみ綾の伝説的少女コミック、遂に初映画化!

原作は熱狂的なファンに支持され30年間第一線で活躍し続けてきた少女漫画界のカリスマ・いくえみ綾の最高傑作。累計270万部を超える伝説のベストセラー少女コミックで、いくえみワールド初の映像化となります。主人公の瀬戸カンナを演じるのは「世界の中心で、愛をさけぶ」のアキ役で日本中を涙で包み、史上最強のモテ女子を演じた「モテキ」で新たな魅力を開花させた長澤まさみ。もう一人の主人公、赤沢禄を演じるのは「僕の初恋をキミに捧ぐ」で日本中の女性のハートをキュンとさせた岡田将生。ラブストーリーとして。これ以上無いベストキャスティングが実現。 >>続きを読む


凶悪 キョウアク


評価 件、

獄中からの告白。先生と呼ばれた男。死の錬金術師。衝撃の真実。

「死刑因が獄中から告発した殺人事件を、ある雑誌のジャーナリストが追い、首謀者逮捕に至らせた」という他に類を見ない実在の凶悪事件の全貌を描いた、驚愕のベストセラー・ノンフィクションが個性溢れるキャストを迎え映画化される。事件の真相を暴きだそうとする主人公のジャーナリスト・藤井には、その表現豊かな演技に海外からも熱い視線が注がれている山田孝之。復讐心をたぎらせ獄中から未解決事件を告発する死刑因・須藤役に大人気テクノバンド・電気グルーヴのメンバーであり、俳優やタレントとしても活動する、ピエール瀧。告発された殺人事件の首謀者として目される“先生”役をさまざまな分野で活躍するリリー・フランキーが演じ、悪の権化ともいうべき絶対的“凶悪”を怪演。 >>続きを読む


奇跡のリンゴ


評価 件、

絶対不可能といわれていた無農薬リンゴに挑んだ家族。感動の実話。

リンゴはとてもデリケートなくだもので、年に何度も農薬や肥料をやり、気の遠くなるほどの手間をかけてやらないと絶対に実らないと言われています。この映画は無農薬による栽培で甘くて美味しい“奇跡のリンゴ”を生み出したある家族の物語です。主人公の木村秋則には「舞妓Haaaan!!!」、「マルモのおきて」など映画、テレビの他、舞台、音楽と非凡な才能を見せる阿部サダヲ。妻・美栄子には高い演技力と女性から圧倒的な支持で確固たる地位を確立している菅野美穗。そして秋則の義父には名優・山崎努。 >>続きを読む


恐竜を掘ろう


評価 件、

大和田伸也 映画初監督 少年時代からつづく想い、故郷・福井を舞台に

「映画を監督することは子供の頃からの夢だった」と語る大和田伸也の積年の想いをかなえる舞台となったのは、生まれ故郷である福井。恐竜博物館、気比の松原、越前陶芸村、能楽の里、“ふるさと”に生きる人々の姿を愛情たっぷりに瑞々しく描き出す、感動のヒューマンドラマが誕生した。これまで150本以上の映画に出演し、名実ともに日本映画を代表する俳優・松方弘樹が、「過去に体験したことのない役柄」に挑戦し新境地を開く。 >>続きを読む


今日、恋をはじめます


評価 件、

累計800万部突破の大ヒット純愛コミック、待望の映画化!!“昭和女”と“超モテ男”、最悪の出会いが、運命の恋のはじまりだった。

水波風南による少女まんがのバイブル「今日、恋をはじめます」が満を時しての映画化!今最も旬な若手女優・武井咲と注目度No.1の若手俳優・松坂桃李のフレッシュコンビで贈る青春ラブストーリーです。おさげ髪で勉強だけが取り柄の超地味系“昭和女”とドSキャラだけど学年主席の“超モテ男”。全く正反対の2人の運命の出会いと恋愛、襲いかかる試練、そしてそれぞれの成長を切なくもドラマチックに描きます。誰もが「こんな恋をしてみたい!」と憧れる2012年冬No.1の胸キュン純愛映画の誕生です!!

>>続きを読む


きいろいゾウ


評価 件、

結婚して初めて経験していく、男女の繋がりと人生をドラマティックに描いた、感動のラブストーリー

「いつか、この小説の『ツマ』役を演じてみたいです。」と小説の帯に寄せていた宮崎あおい。雑誌でおすすめの一冊として本作を紹介していた向井理。ふたりの思いがひとつになった作品が「きいろいゾウ」だ。原作は2006年に発表された西加奈子による人気ロングセラー小説。監督は、『ヴァイブレーター』『余命1ヶ月の花嫁』『軽蔑』などで男女の様々な愛の形を描いてきた恋愛映画の名手、廣木隆一。結婚した男女が、傷つき苦しみながらも、お互いを見つめ合うことによって夫婦になっていく、ドラマティックなラブストーリーが誕生した。 >>続きを読む


北のカナリアたち


評価 7 件、 3.57

湊かなえの衝撃作を、日本映画最高峰のキャスト・スタッフが紡ぐ

映画『北のカナリアたち』の主な舞台となるのは日本最北端の島、荒涼な大地広がる礼文島、利尻島。体感温度マイナス30度を超える極寒の冬と、高山植物が鮮やかに咲き誇る夏と、ふたつの季節をつなぎ一大ロケーション撮影が展開される。清冽にして凄烈――圧倒的な自然を背景に紡がれるのは、ひとりの女性が封印した「ある過去」についての、胸に迫る物語だ。東京郊外で図書館司書をしている彼女は、ある事件をきっかけに、北の離島の小さな学校で教師をしていた20年前に引き戻される。 >>続きを読む


希望の国


評価 9 件、 2.89

日本を代表する鬼才監督が日本最大のタブー“原発”を描き出す!

『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』で“性”と“暴力”などのタブーを暴き続けてきた園子温が“原発とともに生きざるをえない日本”をフィクションとして描き出す。いま起きていることは他人事ではない!この国で生きているすべての人にたたきつける、社会派エンタテインメントの傑作誕生! >>続きを読む


聴こえてる、ふりをしただけ


評価 件、

少女サチが直面した「母親の死」誰もが抱える“子どもの私”をあたたかく包み込む喪失と再生の物語

遺された者は、どう生きていけばいいのか。深い喪失から立ち上がり、明日へと生きるためには、何を捨て、何を自覚しなければならないのか。母との死別、そして新しい世界。11歳の少女が悩み、立ち止まり、再び新しい日常へと生きる姿を瑞々しく綴った本作は、大人を一度子どもに戻してから、大人にさせてくれる。 >>続きを読む


ギリギリの女たち


評価 2 件、 1

『愛の予感』『春との旅』、国際的な評価の高い小林政広監督の最新作!冒頭35分ワンカット、息を飲む101分。

『愛の予感』『春との旅』など、国際的な評価の高い小林政広監督の最新作は、冒頭の35分間をワンカット、全編をわずか28カットという、実験的かつ大胆な手法で構成された意欲作。2011年3月11日に起きた東日本大震災の被災地となった気仙沼市唐桑町に居宅を持つ小林監督が、被災地の復興を願い、2006年に書かれた脚本を再構成し、2011年8月に唐桑町で撮影した。長女に『愛の予感』に出演した渡辺真起子、次女に河瀬直美監督『火垂』などで評価が高い中村優子、三女に山口智監督『代行のススメ』など

>>続きを読む


桐島、部活やめるってよ


評価 8 件、 2.75

第22回小説すばる新人賞ベストセラー小説「桐島、部活やめるってよ」映画化。監督は吉田大八。出演、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ほか。

>>続きを読む


ギャルバサラ 戦国時代は圏外です


評価 件、

女子高生、戦国時代へタイムスリップ!――どうしよう、歴史マジ苦手!!

名古屋に住む女子高生あさみは、同級生たちといっしょに戦国ショーの観覧中、奇妙な光に飲み込まれる。気付けばリアルな合戦の真っ只中!あさみたちは、なんと440年前の戦国時代へタイムスリップしてしまったのだ。歴史の知識が役に立つかと思いきや、全員が日本史赤点の高校生!!持ち前のバイタリティだけを頼りに何かと危機を乗り越える。そんな彼女たちも、いつ死ぬかもわからない日々を必死で生き抜く人たちとふれあう中で、今の自分、生きること、未来のことを少しずつ考え始める。 >>続きを読む


傷跡


評価 件、

業界で話題騒然!新人俳優や脚本家を矢継ぎ早に映画界に送り込む映画24区ワークショップ2012年ついに始動。

監督は「非・バランス」「ごめん」で思春期の子供たちを明るく描いた冨樫森。新鋭作家、五十嵐愛のデビュー作を、自らの故郷である庄内を舞台に映画化。映画24区ワークショップで学んだ俳優や脚本家たちで作り上げた第1回製作作品。 >>続きを読む


キリン POINT OF NO-RETURN


評価 件、

カタナvsポルシェ限界突破の公道バトル!

1987年、「ミスターバイクBG」誌上で連載が始まった『キリン』。その後、1991年に「ヤングキング」に連載を移し、現在も新シリーズ「The Happy Ridder Speedway」が連載中の人気バイク漫画である。 POINT OF NO-RETURN! とはキリンの「原点」、伝説の第一部と謳われる“キリンと呼ばれる中年の男がカタナにまたがりポルシエ911と公道でパドルを繰り広げる物語。”である。主演は北野映画『あの夏、いちばん静かな海。』『BROTHER』などで >>続きを読む


逆転裁判


評価 件、

異議あり!守るべき真実のために、すべての嘘をひっくりかえせ。

2001年ゲームボーイ版発売以来、DS、PC、Wiiと様々なフォーマットでシリーズ化され、現在4作にわたるシリーズの売り上げ累計は420万本。“法廷バトル”という新ジャンルを作り出し、以後の法廷ドラマ、弁護士ドラマに多大なる影響を与えたゲーム「逆転裁判」。映画『逆転裁判』は、名作ゲームの呼び声高い「逆転裁判」シリーズ1作目からそのキャラクター、ストーリーをベースに構築。監督は、世界中から高く評価され、つねに新作が注目される日本映画界きってのヒットメーカーの一人、三池崇史。「クローズZERO」シリーズ、「十三人の刺客」などで >>続きを読む


キツツキと雨


評価 1 件、 5

無骨なキコリと気弱な映画監督のちょっといい出会い――。

年齢も価値観も自分と異なる人生の人と出会ったら…関わりたくないと思ったり、意外にも新しい出会いが、停滞気味の日々に晴れ間を射してくれることもある。そんな日常を、片田舎の年配の木こりと、デビュー作の撮影に四苦八苦する新人監督の青年との交流をとおし、ちいさな山村を舞台に映画の撮影隊と村人たちとのおかしくも温かい関係を、『南極料理人』の沖田修一監督が描く。素朴で無骨な木こりの克彦役に役所広司、プレッシャーに耐える >>続きを読む


木更津キャッツアイ ワールドシリーズ


評価 1 件、 5

あらすじ・解説:余命半年と医者から宣告された“ぶっさん”。彼を中心に木更津の元高校野球部の仲間バンビ、アニ、マスター、うっちーの5人組が昼は野球とバンド、夜はなぜか謎の怪盗団<木更津キャッツアイ>を結成した。木更津で巻き起こしたドタバタ騒ぎの日々、そしてついに迎えるぶっさんの死。それから3年…。残された4人はバラバラの生活を送っていた。しかし彼らは“ぶっさん”にきちんと別れを言えなかった事を、 >>続きを読む


麒麟の翼 ~劇場版・新参者~


評価 2 件、 3.5

“泣けるヒューマンミステリー”大ヒットドラマ『新参者』がついにスクリーンに登場。

加賀恭一郎とは、ベストセラー作家・東野圭吾がデビュー当時から描き続ける刑事の名前である。彼が登場する作品は、通称<加賀恭一郎シリーズ>と呼ばれ、東野圭吾ファンだけでなく読書通やミステリーファンからも絶大な支持を得ている。09年には同シリーズ『新参者』がドラマ化され大ヒットを記録。そしてついに最新作『麒麟の翼』が映画化!隠された「謎」を解き明かし、事件によって傷つけられた人々の「心」を救う名刑事・加賀恭一郎を演じるのは、原作ファンも絶賛する主演・阿部寛。 >>続きを読む


奇妙なサーカス


評価 件、

父に抱かれているとき、私の中に母が宿る。

あらすじ・解説:監督は『自殺サークル』『夢の中へ』など、常に実験的野心作を発表し、海外でも高い評価を得ている鬼才・園子温。主演は本作で女優復帰となる宮崎ますみ。罪深い“女の業”を情感豊かに、ときにエキセントリックに演じあげてゆくパフォーマンスが見ものだ。また脇を固めるのは『インディアン・サマー』で映画復帰した、いしだ壱成、『北の零年』のアイヌ人役で印象を残した大口広司、『妖怪大戦争』の川姫役で話題をさらった高橋真唯、名バイプレイヤー・田口トモロヲなど。 >>続きを読む


CAT’S EYE キャッツ・アイ


評価 件、

あらすじ・解説:連続して起こる名画盗難事件が世間を騒がせていた。「キャッツ・アイ」と名乗る犯人予告の通り真夜中の12時に衆人環視の下、大胆な犯行を繰り返していた。手掛かりは全くなし。「キャッツ・アイ」の正体とは…それは美人三姉妹、泪、瞳、愛だった。彼女たちの犯行の動機とは、失踪した画家である父親の絵を集め、その消息を確かめるためだった。しかし、そこには国際的シンジケート「紅龍団」の影が。「キャッツ・アイ」に最大の危機が迫ってくる… >>続きを読む


キャッチボール屋


評価 件、

クスッと笑って、ホッ。「立ち止まってもまた歩き出せる」って思える、愛すべき人生賛歌!

どこかぎこちない会話の中に散りばめられたほのぼのとしたユーモア。都会の片隅の公園で、繋がっていく人の輪…。クスッと笑ってほっと優しい気分になる、「また明日からもしっかり生きていこう」と、“立ち止まった”背中をそっと押してくれる大人のファンタジーが誕生しました。主人公はどんな役柄にもリアリティを持たせる稀有な実力派俳優大森南朋。OL役には『ゆれる』、『パビリオン山椒魚』と話題作の出演が続く注目の女優キタキマユ。そして、寺島進をはじめ、松重豊、光石研 >>続きを読む


君へのメロディー


評価 件、

初恋そして純愛、ラブストーリーの協奏曲

高校時代の初恋の思い出は、相談した親友との思い出でもある。偶然、出会った人に恋をしてしまった衝動は、純愛の始まりとなる。この物語は、初恋と純愛が重なりあってアンサンブルを築くラブストーリー。親友の初恋を応援した主人公が数年後、記憶喪失の女性と出会い彼女のことが気になる存在となる、それが恋の始まりだと最初は気付かずに。そしてこの二つのラブストーリーの行方がやがてまた一つの恋の物語を生むこととなる。主演のトキヤ役には、ミュージカル >>続きを読む