最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:ち

小さいおうち


評価 件、

山田洋次監督、直木賞受賞作を映画化

昭和11年。田舎から出てきた純真な娘・タキは、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根の小さな家で、女中として働きはじめた。そこには、若く美しい奥様・時子と旦那様・雅樹、そして可愛い坊ちゃんが、穏やかに暮らしていた。しかしある日、一人の青年・板倉が現れ、奥様の心があやしく傾いていく。タキは複雑な思いを胸に、その行方を見つめ続けるが―それから60数年後の現代。晩年のタキが大学ノートに綴った自叙伝には、“小さいおうち”で過ごした日々の記憶が記されていた。遺されたそのノートを読んだ親類の健史は、秘められ続けてきた思いもよらない真実に辿り着く―― >>続きを読む


父の愛人


評価 件、

多数の海外映画祭で反響を呼んだ映画「父の愛人」静かにあなたに語りかけます。それはさながら「祈り」のように。

「映像ではなく、映画を撮りたい。観た人の人生を変える程の作品にしたい。」という監督の言葉から撮影が始まった。主役の幸子を演じるのは100名を超える応募の中から決まった河野知美。母静江に泉水美和子。幸子の恋人に内田周作。そして父の愛人である敦美役として、監督からの10枚に渡る手紙でのオファーを受けた、麻丘めぐみが特別出演している。音楽はメジャー進出後、全国28本に及ぶツアー、TVCMへの楽曲提供と快進撃を続けるavengers in sci-fiより木幡太郎。監督を欝病より復帰した迫田公介が務める。 >>続きを読む


中学生円山


評価 件、

謎のシングルファーザーと団地を騒がす殺人事件。青春は今日も妄想だらけ。

この映画は、ひとことで言うなら団地を舞台にしたアクション映画です。中学生の妄想から生まれた団地のヒーローを草なぎくんが演じています。最も多感で傷つきやすく、かつアナーキーだった中学時代。その記憶を美化することなく、包み隠さず描いた青春映画が、この「中学生円山」です。<宮藤官九郎> >>続きを読む


チェイン


評価 件、

>>続きを読む


チェリーパイ


評価 件、

あらすじ・解説:新人パティシエ・キヨハラの最近の悩みは店の人気メニュー”チェリーパイ”がうまく作れなくなってしまったこと。今日もひとり閉店後厨房に残って鍋で煮立つチェリージャムを味見したキヨハラ、ふーっとため息をつく。何度作り直しても「あの味」にならない。その甘酸っぱい味がある想い出を鮮明に呼び起こすからだ。振り返った視線の先には、棚に大事に飾られたチェリージャムの瓶とパティシエの制服そして背高帽がある。 >>続きを読む


ちょんまげぷりん


評価 6 件、 3.83

180年の時を超えて届いた約束。お侍が気付かせてくれた、大切なこと。

木島安兵衛、直参でござる!――シングルマザーのひろ子が出会ったのは、江戸時代を生きていた本物のお侍、安兵衛さん。自分をわきまえ、人には礼を尽くし、どんなことも受け入れる大きな器の持ち主で、約束は必ず守ろうとする。いまや“絶滅”した骨太な男である安兵衛は、ひょっとして働く女性にとって理想のパートナー!?ひろ子のやんちゃな一人息子の友也を合わせ、3人の間に生まれ始めた家族のような絆は永遠に続かないの?『ちょんまげぷりん』が >>続きを読む


ザ・中学教師


評価 件、

あらすじ・解説:中学教師の三上は、生徒たちに社会のルールを徹底的に教え込むプロ教師だ。登校拒否生徒の親には「家出でもして子供を突き放せ」と言い、「卒業生にはもはや興味が無い。報酬の分だけ仕事をしてこそプロ」と公言する。そのために当然教師の間では異端視され“友達先生”的な女教師とは対立ばかりだ。そんな中、衝撃的な事件が起こる。シンナーを吸って遊んでいた生徒が学校のプールで水死体として発見されたのだ。 >>続きを読む


チェスト!


評価 件、

あらすじ・解説:生粋の薩摩っ子・吉川隼人は、ヤンチャで正義感が強いクラスの人気者。「負けるな!嘘をつくな!弱いものをいじめるな!」という鹿児島伝統の郷中教育の魂を受け継いだ彼にも、たったひとつだけついた“ウソ”があった。それは、カナヅチだということ。毎年夏に開催される「錦江湾横断遠泳大会」を仮病を使い参加を逃げきっていた隼人。しかし、小学生生活最後となる今年は父の愛情たっぷりの教育的指導と、学校の >>続きを読む


着信アリ Final


評価 件、

あらすじ・解説:舞台は修学旅行。高校の修学旅行で韓国に行くことになった草間えみりは、ネットで知り合った韓国の男友達アン・ジヌと会えることを楽しみにしながらも、かつての親友の松田明日香がいじめを理由に修学旅行に来られないのを残念に思っていた。そんな折に一人の女生徒に“死の着メロ”が鳴る。彼女はその予告どおりに無残な死を遂げ、その後も“死の着メロ”は日本から発信されているようだった。しかも、明日香の部屋から・・・ >>続きを読む


地下室


評価 件、

アラフォー肉食女子が年下のイケメン男子を監禁!

大人のオンナたちは元気である。不惑という言葉などものともせず、ギラギラとして枯れてはいない。かたや草食系男子という言葉に代表されるように、若い男性はつつましやかに細々と暮らしている。そんな2人の恋愛を描いた衝撃の問題作が登場した。アラフォー女性が20歳違うイケメン男に一方的に恋をした挙句、監禁してしまうという想定外の展開。熟女が若いオトコを調教する究極の愛憎劇が地下室で繰り広げられる。主人公・高梨美沙子を演じるのは >>続きを読む


チルドレン


評価 件、

あらすじ・解説:家庭裁判所に勤める調査官・武藤の身辺には、なんだかヘンな人々が集まってくる。非常識で破天荒だが、子どもたちの心を掴むのがうまい職場の先輩・陣内は、公衆トイレの落書きを収集している。万引きで補導され、反抗的な態度を取りながらも再面接を望む少年と、息子のことを全く知らない父親。銀行強盗の人質というめったにないシシチュエーションで、武藤がひと目惚れした書店の店員・美春。彼女は、客の万引きをすべて見逃していた。 >>続きを読む


チルソクの夏


評価 件、

佐々部清監督の映画人生と夢が結晶した、新しい「スローシネマ」。

『鉄道員(ぽっぽや)』『ホタル』等のチーフ助監督を経て『陽はまた昇る』(2002年/日本アカデミー賞優秀作品賞)で、初監督にしてメジャーデビューを果たした佐々部清監督。故郷の下関を舞台に映画を作りたいという10年来の情熱を、本作『チルソクの夏』で遂に実現させた。とりたてて大事件が起こるわけでもない、派手なアクションシーンもない。淡々と日々を生きる登場人物たちの表情や仕草や行動のひとつふたつを丹念に描くことで、 >>続きを読む


チーム・バチスタの栄光


評価 件、

あらすじ・解説:栄光のチーム・バチスタに何が起こっているのか?連続して起こる術中死。犯行現場は、半径10cm。衆人環視の中、実行された究極の完全犯罪。容疑者は7人の天才。にわか探偵医とキレモノ役人のコンビが、未踏の謎に潜入する・・・。東城大学付属病院では、成功率60%と言われる心臓手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」を結成、奇跡的に26連勝という手術成功記録を伸ばしていた。しかし突如、 >>続きを読む


ちゃんと伝える


評価 件、

父よりも短い余命宣告を受けた息子。究極の家族愛に、心、震える。

各国の主要映画祭で数々の賞を受賞し、『愛のむきだし』(08)では、ベルリン映画祭にて批評家連盟賞とカリガリ賞をW受賞した園子温監督が、亡き父への思いをこめた渾身の最新作、『ちゃんと伝える』。命の期限と対峙する主人公・史郎を見事に演じきったのは、本作が映画初主演となるAKIRA。更に、厳格な態度で史郎を育てた父親・徹二には奥田瑛二(『GOEMON』(09))、常に温かく家族を見守る母親・いずみには高橋惠子(『ふみ子の海』(07))。 >>続きを読む


築城せよ!


評価 件、

戦国武将は現代のヒーロー。痛快!築城エンタテインメント

名古屋城をはじめ、全国各地の城が次々と400周年を迎え、空前の城ブームが到来しつつある。さらにヒーロー不在の今、多くの現代人が戦国武将の何事にもブレない誇り高い生き方や、力強いリーダーシップを求め始めている中、本作は誕生した。監督は今作が長編デビューとなる古波津陽。2005年アメリカサンフェルナンドヴァレー国際映画祭で最優秀外国語映画賞を受賞した自作の短編『築城せよ。』をもとにストーリーを組み立てなおし、戦国武将のロマンを >>続きを読む


地球でたったふたり


評価 件、

命をかけて守りたいものがあった…

監督・脚本には「ガチャポン」「TOPPLESS」などを手がけたブラジル生まれの俊英・内田英治。主人公の姉妹、ユイとアイには全国2000名の一般公募から選出された寉岡萌希、寉岡瑞希の実の姉妹が天才子役振りを見事に発揮している。少女たちを追い詰める組長に忍成修吾、二人をかくまう中年のヤクザに菅田俊。脇を固めるのは、菜葉菜、弓削智久、落合弘治など。そして菅原文太が重厚感を持たせている。 >>続きを読む