最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:の

脳男


評価 件、

日本映画史に残る、もっとも美しきダークヒーロー誕生!いままで見たことのない生田斗真がここに。

“脳男”を演じるのは『人間失格』や『源氏物語 千年の謎』、『僕らがいた』などで非凡な才能をみせる生田斗真。爽やかな印象の強い彼だが“脳男”という難役に初挑戦し、俳優としての新境地を切り開きます。また性善説を信じ犯罪者を救おうとする精神科医・鷲谷真梨子に、数多くのドラマ・映画・舞台などで圧倒的な存在感を放つ松雪泰子。さらに爆弾魔を追い続ける茶屋刑事を、「白い巨塔」「救命病棟24時」など社会派ドラマで俳優としての確固たる地位を築く江口洋介が熱演。 >>続きを読む


のぼうの城


評価 86 件、 2.9

130万部突破の大ベストセラー、映画化!犬童一心(『ゼロの焦点』)×樋口真嗣(『日本沈没』)異例のダブル監督が放つ、興奮と感動のスペクタクル・エンタテインメント超大作!

その圧倒的なスケールゆえ、映画化実現まで8年の時間を要した史上最大級の戦国エンタテインメント超大作『のぼうの城』。この戦乱に埋もれた驚きの実話が、遂に解禁!脚本は、脚本家の登竜門と言われる城戸賞を03年に受賞した和田竜のオリジナル。その脚本をもとに自身が書き下ろした小説は、08年第139回直木賞にノミネート、09年本屋大賞2位を受賞。歴史小説ファンに加え、若年層・女性層の幅広い支持を集め、累計130万部を突破し、部数を伸ばし続ける大ベストセラー。日本映画の歴史を塗り替える壮大なスケールで描かれる大規模な合戦や、圧倒的勢力の豊臣軍が田舎城を相手に仕掛ける驚天動地の“水攻め”戦術、そして両軍の愛すべきキャラクターたちが織りなす濃密な人間ドラマなど >>続きを読む


紀子の食卓


評価 件、

この世界をナイフで切り裂いてやる。

あらすじ・解説:本作はカルロヴィヴァリ国際映画祭にて特別表彰と国際シネクラブ賞を日本人初でW受賞した他、各国映画祭で観客からの圧倒的な支持を得た、園子温監督の最新公開作。同監督の「奇妙なサーカス」もベルリン国際映画祭でベルリナーレリーダーズ賞を受賞し、「スタンリー・キューブリックとデビッド・リンチを彷彿とさせ比類ない芸術的な強度がある」と評された、今世界で最も注目を集める作家の1人。主人公の島原紀子役に『雪に願うこと』での体当たりの演技が >>続きを読む


ノルウェイの森


評価 11 件、 1.09

世界が渇望!現代文学の最高峰、遂に映画化!

1987年の刊行以来現在までに累計発行部数が1000万部を超え、国内小説の発行部数歴代第1位を記録している村上春樹の小説「ノルウェイの森」。最新作の「1Q84」が社会現象になっているが、「ノルウェイの森」はそれをはるかに凌ぐレベルの社会現象を80年代後半の日本に巻き起こしていた。画期的な赤と緑の装丁も問題となり、その死生観を孕んだ深く美しい世界観に多くの人々の心が動かされ、時代が動かされた。そして、世紀を超えた今、その歴史的な小説が遂に映画化を果たす >>続きを読む


のだめカンタービレ 最終楽章 後編


評価 1 件、 1

先輩、お別れデス。

累計発行部数3,300万部を突破、日本中にクラシックブームを巻き起こした大人気コミック「のだめカンタービレ」(原作:二ノ宮知子・講談社KC Kiss刊)。2006年からのテレビドラマシリーズも大好評を博し、遂にシリーズ完結編として映画化が実現。昨年12月に封切られ、動員300万人超を記録した“前編”に引き続き、早くも本年4月に「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」がスクリーンに登場。漫画連載スタートから足掛け10年。超人気シリーズがついに完結。 >>続きを読む


のだめカンタービレ 最終楽章 前編


評価 件、

この冬、映画館がコンサートホールに変わる。

日本中を虜にした、”のだめと千秋先輩”が映画版「のだめカンタービレ」としてスクリーンに帰ってきます。本作は、そのユニークな個性が”変態”とも言われる、ピアニスト野田恵(通称のだめ)と、若き“俺様”指揮者・千秋真一の二人が織り成すラブコメディ。原作は二ノ宮知子著の同名漫画(2001年講談社「Kiss」で連載開始)で、コミックは3000万部を突破。2006年フジテレビで放映された連続ドラマも高視聴率を記録しています。 >>続きを読む


ノン子36歳(家事手伝い)


評価 件、

夫なし 男なし 三十路半ばのあなた、セツないばかりの毎日を送っているみなさん、イタくて、甘くて、最後に泣くかもしれません。

ココロとカラダをやさしく潤して、自分らしさを実感させてくれる「大吉映画」。“あした”がくるのがちょっと嬉しくなります。「鬼畜大宴会」で強烈デビューの熊切和嘉監督7作目。「青春☆金属バット」でコンビを組んだ坂井真紀を主演に、熊切の原案を宇治田隆史が脚本化。ダメダメ三十路女の生態をリアルに描く。ノン子に「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」などで新境地を開く坂井真紀。マサルに「69 sixty nine」の星野源。ノン子の >>続きを読む


ノーボーイズ、ノークライ


評価 1 件、 5

家族を背負いながら生きる亨。家族の愛を知らないヒョング。二つの孤独な魂が触れ合ったとき、運命が動きだす。

家族を思いながらも、心に闇を抱えながら生きる主人公・亨を演じる妻夫木聡は、全編に渡って韓国語のセリフにも初挑戦。今までにない影のある役柄を熱演し、新たな一面を見せる。もう一人の主人公ヒョングには、韓国の興行成績を塗り替えた『チェイサー』の鬼気迫る演技で、一躍韓国映画界のトップスターとなったハ・ジョンウ。人気と実力を兼ね備えた日韓2大キャストの絶妙に息の合った演技は本作品の一番の魅力である。 >>続きを読む


のんちゃんのり弁


評価 件、

圧倒的演技!小西真奈美×各賞受賞緒方明監督が生み出す人間ドラマ

モントリオール世界映画祭他、国内外で数々の賞を受賞した『いつか読書する日』から4年。緒方明監督待望の新作は、人気コミック「のんちゃんのり弁」(講談社「モーニングKC」所載)を原作に、人間のひたむきさ、可笑しさ、愛しさを見事に描き出した物語。今回主人公を演じるのは、映画、テレビ、CMなど幅広く活躍する実力派女優・小西真奈美。下町育ちの向こう見ずな子持ち女子というはっちゃけキャラを見事に演じ、圧倒的な存在感で新境地を切り開く。 >>続きを読む


能登の花ヨメ


評価 件、

あなたの心の故郷は、きっと暖かい。

ヒロイン・みゆきはNHK連続テレビ小説「あぐり」でデビューの田中美里、対する姑・松子を演じるのはTBS「渡る世間は鬼ばかり」待望の新シリーズ放映中の大女優・泉ピン子、ふたりを見守るフジばあさんに漫才協会の名誉会長もつとめる内海桂子という豪華キャストが競演。そして、甲本雅裕、松尾貴史、本田博太郎ら実力派が、厳しい環境のなかで心を寄せあって暮らす人々の優しさを紡ぐ。監督は本作が2作目となる白羽弥仁。 >>続きを読む


口裂け女2


評価 件、

時代に隠ぺいされた謎の事件と女。誕生に隠された真実。

主演は、今年5月公開の映画「ひぐらしのなく頃に」のヒロインを控える飛鳥凛が三姉妹の末っ子・真弓を勤める。エンディングを彩る主題歌「覚めない夢」も彼女が担当し演技力、歌唱力ともに実力を発揮。そして三姉妹の長女と次女には、タレント・女優と幅広く活躍する川村ゆきえと岩佐真悠子。実際に起こった事件をベースに順風満帆な家族の中 >>続きを読む