最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:ひ

陽だまりの彼女


評価 件、

切なさと優しさが溢れ出す《ファンタジック・ラブストーリー》

湘南を舞台に、愛されることよりも愛し続けることを選んだ一世一代の恋(うそ)が起こす“二つの奇跡”。真緒が浩介を慕う一途さが起こす再会の奇跡。そして、真緒を愛する浩介の想いが起こす、もう一つの奇跡とは―?彼女の秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへ! >>続きを読む


非金属の夜


評価 件、

都市の暗部をリアルに描く鮮烈な青春ドラマ誕生!

希望を失った少女 一人の少女、ナツは歩いている。人とのふれあいを拒絶し、心に希望や情熱も持たず、未来も現実も無い社会をただ冷視する事だけで、彼女は生き抜いてきた。ある日、ナツは同じ様に街をさまよう少女、美月と知り合う。人懐っこくまとわりつ美月になにかを感じたナツは、彼女と一夜を共にする。次の日、美月が気になっていたナツは、一人の少女の自殺を耳にする。それが美月だと直感したナツは、その死への痕跡を探し始めるが、この街では誰もが人には心開かず、自分以外には無関心だ。むしろ美月の存在など無かったかの様だ…感情が冷めていたナツの心は小さくゆれる。 >>続きを読む


百年の時計


評価 件、

鉄道の歴史遺産“ことでん”で紡がれてきた切なくて愛おしい百年の記憶―。

2011年に路線開業100周年を迎え、現在も高松市内を走る“ことでん”(開業100周年を迎えた鉄道会社、高松琴平電気鉄道(通称:ことでん)。“ことでん”が所有する、大正時代に製造された現役最古のレトロ電車(大正15年ー1929年生まれ)は鉄道の歴史遺産と言われ、全国の鉄道ファンから人気が高い。そのノスタルジックなレトロ電車は、香川県民にとってなじみ深いものです。撮影はことでんの全面強力により行われ、映画ではその魅力を存分に楽しむことができます。)は、大正時代に製造された貴重な車輌が今でも運行し、「鉄道の歴史遺産」と言われています。そんなレトロ電車で育まれた切ない初恋の記憶を、『デスノート』、『ゴジラ』『ガメラ』両シリーズほか『ばかもの』で名高いヒットメーカー・金子修介監督があたたかく描きだしました。 >>続きを読む


100回泣くこと


評価 件、

世代を超えて涙した恋愛小説、待望の映画化!最高に切なく美しいラブストーリーが誕生する!

今、最も目覚しい活躍を見せるグループ“関ジャニ∞”の演技派として映画、ドラマの出演が相次ぐ大倉忠義。満を持して映画単独初主演に挑み、主人公・藤井の葛藤や悲しみを繊細に表現。俳優としての新境地を切り拓きます。ヒロインは女優として『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』、『ツナグ』を始め話題作への出演が続き、キャスターやモデルなど各界で活躍中の桐谷美玲。二人の運命の行方を見守る家族や友人には、ともさかりえ、忍成修吾、波瑠、村上淳、そして、宮崎美子、大杉漣ら豪華俳優陣が脇を固めます。原作は、2005年に刊行された中村航のロングセラー恋愛小説。脚本には『ソラニン』を手がけた高橋泉を迎え、原作にない新しい設定を加わえることで、より一層ドラマティックな物語を創り上げました。 >>続きを読む


秘愛


評価 件、

秘密の愛―あなたはこれを「不倫」と呼べますか?哀しい選択―背負った過去と、現在の幸せ。心震えるラブストーリー。

暗い過去を背負い心を閉ざす主人公・透を演じるのは、実力派俳優・山本太郎。男らしい役柄や個性的な役柄まで幅広く演じてきた彼が今回挑んだのは、愛に揺れる男。ストレートな純愛を演じきる彼についていくのが、モデルとしても活躍する新進女優・福間文香。八木菜々花、丸尾歩、淵上泰史という若手を、芸人・小島よしお、そして、本宮泰風が支える配役となった。監督は、「たとえ世界が終わっても」の野口照夫。「さまよう獣」など近年は脚本家として劇映画を描いてきた彼が、自らのオリジナル脚本に息を吹き込み、珠玉のラブストーリーを完成させた。 >>続きを読む


ひとつの歌


評価 件、

ポラロイド写真がつないだ二人の、あの夏の物語

主人公・剛を演じるのは小劇場演劇界で人気を誇るハイバイの中心メンバーである金子岳憲。ハイバイ結成当時からファンであった監督の強い希望もあり、今回の出演が叶った。ヒロイン・桐子を演じるのは、ファッション雑誌やミュージックビデオを中心に活動し、近年、韓国へも活躍の幅を広げている石坂友里。そして、剛ともうひとり、事故に居合わせる存在となる清水役に、五反田団の舞台『生きてるものか』での演技が話題になるなど短歌以外の活動でも注目を集める歌人の枡野浩一を迎えている。 >>続きを読む


ひみつのアッコちゃん


評価 件、

見たらHappy!とびきりキュートなラブ・エンターテインメント!

かつて3度に渡りTVシリーズが放送され、日本中に大ブームを巻き起こした赤塚不二夫原作コミック「ひみつのアッコちゃん」。誕生50周年記念イヤーとなる今年、オリジナル・ストーリーでスクリーンに登場します!初実写映画化となる今回、アッコちゃんを演じるのは綾瀬はるか。「テクマクマヤコン」の呪文はそのままに、フィギュアスケーターやCA、バイクレーサー、OL、ナースetcさまざまな姿に大変身♪。あれもこれものポップでキュートなファッションの数々が、スクリーン一杯に繰り広げられます☆ >>続きを読む


FLY! ~平凡なキセキ~


評価 件、

モテない地球人と宇宙人。“さえへんコンビ”が巻き起こす、せつなくもやさしい、恋と友情の物語。

主人公・満男には、その繊細な演技力に定評がある、吉本新喜劇の若き座長・小籔千豊!ヒロイン・ななみには、初めての母親役、しかもシングルマザーという難しい設定に挑む相武紗季!モテない宇宙人シカタに温水洋一!さらに、大杉漣、笹野高史、本仮屋ユイカ、西田敏行他、豪華キャストがズラリ!!今をときめく人気劇団・ヨーロッパ企画の上田誠と山脇唯が脚本を担当。さらに、関西で爆発的人気を誇る「探偵!ナイトスクープ」を手がける朝日放送の近藤真広が初メガホンを取ります! >>続きを読む


ヒミズ


評価 件、

魂を揺さぶる衝撃の青春感動作!愛と希望にむせかえる、まさかの「ヒミズ」実写版。

「行け!稲中卓球部」で時代を確立したカリスマ漫画家・古谷実がギャグ路線を完全に封印した超問題コミック「ヒミズ」。渇望されつつも、「まさか」と思われていたこの作品の実写化を実現させたのは、刺激的かつ野心的な作風で今、最も目が離せない監督・園子温。日本の漫画界、映画界を代表する2人がタッグを組んで放つ「ヒミズ」が生みだす驚愕の化学反応は、猛々しく凶暴にして、壮絶に切ない。刃の切っ先を突き付けられたようなヒリヒリする緊張感で、観客の魂を縛り付け、極限まで達した瞬間、その刃を投げ捨て >>続きを読む


ひみつの花園


評価 件、

あらすじ・解説:とにもかくにもお金が大好きな咲子(西田尚美)は、それが高じて銀行に就職。そこに銀行強盗が押し入り、咲子は人質となるが、犯人は富士の樹海で爆死。奇跡の生還を遂げた咲子は、5億円を入れたまま樹海の池に沈んだスーツケースを引き上げるべく、銀行を辞めて暗躍を始める。『ウォーター・ボーイズ』の矢口史靖監督の第2作。ヒロインのお金に対する並々ならぬ執着が、もはや異様を通り越してチャーミングに >>続きを読む


火火


評価 件、

あらすじ・解説:夫に去られ、女手ひとつで二人の子供を育てながら、長年の夢である穴窯による自然釉を成功させたいと願う女性陶芸家、神山清子。だが、極貧の生活の中で続けた窯炊きの挑戦も失敗を繰り返し、何度も失意に打ちひしがれる。そして数年。煙突から夜空に真っ赤な炎を吹き上げるほどに焚き続けた2週間が過ぎた窯出しの日。窯に入った彼女の瞳に小さな光が反射する。花入れや壺、水指がビードロをつけ可憐な色に染まっている。ついに訪れた成功の瞬間だった! >>続きを読む


タクミくんシリーズ ~ Pure ~ピュア~


評価 件、

「好きです!アラタさん。」三洲新を一途に想い続ける真行寺の恋の行方は…

累計400万部を超える超人気ボーイズラブ小説の映画化第四弾がついに完成。 「そして春風にささやいて」でさわやかな愛を、「虹色の硝子」で切ない愛を、そして「美貌のディテイル」で哀しい愛を ボーイズラブの様々な感動を生み出したこのシリーズ。今回は三洲&真行寺の屈折した恋愛ハーモニーを中心に愛の形を描いています。 本作の主役!三洲新役には前作「美貌のディテイル」ではまり役の馬場良馬が再登板にして映画初主演、クールで魅力的な三洲像を演じています。 そして、真行寺役には >>続きを読む


タクミくんシリーズ ~ 美貌のディテイル


評価 件、

祠堂学院のラブストーリーは、愛おしくも哀しい…

2007年冬『そして春風にささやいて』、2009年春第2弾『虹色の硝子』、そして2010年初春、大人気シリーズの第3弾『美貌のディテイル』が完成!! 前作『虹色の硝子』から学年が変わり3年生になったタクミとギイ。シリーズ第3弾は、クミとギイのすれ違う想いが愛おしく哀しい、ラブストーリー。前作に引き続き、タクミ役に浜尾京介とギイ役に渡辺大輔の続投が決定!!また赤池役もシリーズ常連の滝口幸広が出演。 更に新キャラクターのクールな王子の三洲役にミュージカル『テニスの王子様』 >>続きを読む


ピラニア


評価 件、

井土紀州が紡ぐ(つむぐ)青春の憂鬱と爽やかな混沌(カオス)

『雷魚』『HYSTERIC』『MOON CHILD』など、映画監督瀬々敬久とタッグを組み、社会の底辺に潜む人間の本質を描き、また自主映画というジャンルで自らメガホンを取り、『百年の絶唱』『LEFT ALONE』『ラザロ-LAZARUS』『行旅死亡人』など“魂にふれる映画”を精力的に発表し続ける井土紀州が、【青春H】というキーワードで選んだテーマ【問題】とは…。吃音症の女の子・奈津は足の不自由な弁当屋の男・曽根に憧れている。元高校教師の晴男は奈津のことを思い、仲を取り持つが… >>続きを読む


ヒカリ、その先へ


評価 件、

「 夢 」を追い続ければ、ヒカリは差すのか?

ワンマンツアーは各地でソールドアウト、「JUNON 2010最強ブレークスターTOP15」の男性シンガー部門で堂々1位に輝くなど、R&Bのの新星として圧倒的な人気と注目度を誇る松下優也。ミュージカル『黒執事』での2年連続主演、映画『時をかける少女』への出演など、俳優としても才能を開花させた彼が、待望の映画初主演を果たした。写真の専門学校に通う“きい”とミュージシャンの松下優也(本人役)の交流を描いた青春ストーリー『ヒカリ、その先へ』。「夢を追いかける人たちと共に、 >>続きを読む


白夜行


評価 1 件、 1

人間ではない。純粋な憎しみが、そこにいる。

密室となった廃ビルで、質屋の店主が殺された。決定的な証拠がないまま、事件は容疑者の死亡によって一応解決を見る。しかし、担当刑事の笹垣だけは腑に落ちない。加害者の娘で、子供とは思えない美しさを放つ少女・雪穂と、被害者の息子で、どこか暗い目をした物静かな少年・亮司の姿がいつまでも目蓋の裏を去らないのだ。やがて、成長した二人の周辺で不可解な事件が立て続けに起り、意外な関係が姿を現し始める…。 >>続きを読む


人が人を愛することのどうしようもなさ


評価 件、

鬼才・石井隆の強烈なエロスと映像世界に、女優・喜多嶋舞が肉体と魂をここまでさらけ出した!

『花と蛇』から2年。日本映画界の異端児・石井隆がついにその沈黙を破る。待望の新作の名は『人が人を愛することのどうしようもなさ』。『天使のはらわた』以来、彼が描き続けてきた“名美”シリーズのまさに頂点に立とうかという、ねじれた男女の愛憎劇だ。石井ワールド究極のヒロイン・名美の継承者として指名を受けたのは『GONIN2』の女優・喜多嶋舞。前作を超える極限のエロスを映像に噴出させようとしていた石井隆は、喜多嶋舞を想定して初稿を書き、熱烈なラブコールを彼女に送る。「喜多嶋舞の裏も表もすべて描いてみたい」(監督・石井隆)「震えるくらいにドキドキしている」(女優・喜多嶋舞) >>続きを読む


ヒトリマケ


評価 件、

あらすじ・解説:ヒトリマケとは、6人のうち5人の借金をチャラにする、究極の娯楽ゲーム。そのシステムは単純明快、6人の借金をひとつにまとめ、それをたったひとりが背負い込むというもの。最悪に不幸なひとりを決める、その方法とは?「投票」。6人で話し合いをし、投票を行う。5人の意見が一致すれば(5票集まれば)、ヒトリマケが決定する。与えられた猶予は4日間。巧妙に相手をダマし、裏切り、たったひとりをおとし入れれば >>続きを読む


必死剣 鳥刺し


評価 件、

あの日、あの時、何かが狂い始めた ──。

仁義と愛慕。武士道と政道。組織と個人、そして男と女。生きるほどに生じる運命の不条理を、江戸の世を舞台に静謐な筆で描き切る藤沢周平“隠し剣”シリーズ。中でも現代に通じる傑作と名高い「必死剣鳥刺し」が、名匠・平山秀幸の手により、人間普遍の物語として甦る。剣豪ゆえに陥る宿命に対し、最後は己を爆発させる主人公の姿は「人生のままならなさ」、「人はいかに命を全うするか」という永遠の問いを観る者の胸に刻みこむ。そして >>続きを読む


ヒーローショー


評価 件、

パッチギ!の井筒和幸、監督生活35周年の集大成!

監督は、今年が監督生活35周年で、「パッチギ!」「ゲロッパ」などの大ヒット作を生み出し、その愛のある毒舌と強烈なキャラクターでお茶の間の人気も高く、常に革新を求め続ける日本映画界の至宝、井筒和幸。自ら、「今まではある意味、まわりとの折り合いをつけてきた部分があるが、今回はとことんまでやりきった。暴力や憎しみといった負の極限までを描いているが、その根底にあるもの、彼らが掴み取ろうともがいているものを >>続きを読む


ビバ!カッペ


評価 件、

見ているだけで癒される太郎と花子のハートフル農業・ラブ・ストーリー!!

映画「ビバカッペ」の舞台は関東の台所=水戸市・内原周辺の田園風景をバックに「花子」というごく普通の少女が、都会で夢破れ水戸で本当の自分を見つけていく様子をゆっくりと描いた農業青春ストーリーです。監督は「特命係長只野仁」シリーズや、「白い春」、「まっすぐな男」などで活躍中の植田尚。市制120周年を迎えた水戸市の記念作品として2009年にクランクイン。水戸の四季をじっくりと撮影し、恋と仕事に揺れる少女のまっすぐな成長を、 >>続きを読む


人の砂漠


評価 件、

1970’s、20代の沢木耕太郎が見た“現実”を2010年、20代の東京芸大生が映画化。

日本を代表するノンフィクション作家として不動の人気を誇る沢木耕太郎氏が、1970年代に20代で書き上げた名著『人の砂漠』。その原作に、2010年の今、同年代を迎えた東京芸大生が、時間を越え、変わらない真実をそこに見た。そこから、この映画はスタートした。ルポルタージュ集『人の砂漠』が発刊されて30年以上、時代や世間に流されない“社会と人のあり方”と“我が人生を生きる姿”がそこにあった。自分の選択した道を突き進む実在人物に、 >>続きを読む


HERO


評価 件、

あらすじ・解説:東京地検・城西支部の型破りの検事・久利生公平は、同僚の芝山検事が起訴したある事件の裁判を任される。容疑者が既に犯行を認めている簡単な事件だったが、初公判で一転、無罪を主張。久利生の前に刑事事件無罪獲得数日本一の弁護士・蒲生一臣が立ちはだかる。新聞にも大きく扱われなかった事件を豪腕弁護士が担当することに戸惑う久利生に対し、蒲生は冷静かつ様々な戦術で、今まで経験したことのない >>続きを読む


眉山


評価 件、

あらすじ・解説:東京で旅行代理店に勤める咲子は、故郷の徳島で一人暮らす母・龍子が入院したと聞いて、久しぶりに帰郷した。相変わらず気丈な母であったが、担当医よりその母が末期ガンだと知らされ咲子は愕然とする。相談もなく自分一人で物事を決めてしまう身勝手な母、父のことを決して語らない母に、寂しさとわだかまりを抱えてきた咲子。そんな咲子は母を看病する中で、医師・寺澤と出会う。母という人間を受け入れられずに悩む咲子を寺澤は >>続きを読む


彼岸島


評価 件、

実写化不可能と言われた衝撃作がついに完成!すべての才能が結実して誕生したサバイバル・アクションエンターテイメント!

原作は、講談社「週刊ヤングマガジン」で連載300回を超える松本光司の人気漫画「彼岸島」。単行本の売り上げは累計410万部を超え、日本のみならず韓国、台湾、タイなどのアジアを席捲し、フランスなどヨーロッパでも出版されている。原作が熱狂的な人気を博す一方で、壮絶なアクション描写などは「実写化不可能」と言われてきた。しかし新進気鋭のスタッフやキャスト、ミュージシャンの才能が結実し、映画「彼岸島」は衝撃の完成を果たした! >>続きを読む