最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:ま

「また、必ず会おう」と誰もが言った。


評価 件、

純粋で、切なくて、そして痛い。揺れ動く青春の空気がここにある。かつて17歳だったあなたに送る青春ロードムービー。

理由なんかないんだ。『ちょっとヤバい』とか『何となく』だけで嘘をついてる。 うわべだけの友達関係、何でも言うことをきいてくれる母、自分に無関心な父…。主人公の少年は、膿みかけの傷を抱え、誰かに相談も出来ないまま、日常的に嘘をつく。痛みを乗り越えていく人もいれば、そういう「痛み」を我慢したまま、治らない傷を抱えた大人になっていく人もいるだろう。ウソつき「17歳」の少年は、旅先で様々な傷を抱えた大人たちに出会い、自分の傷を癒す方法を学んでいく。そして周囲の大人たちも少年の姿に、自らの傷に向き合うささやかな勇気を与えられるのだ。 >>続きを読む


魔女の宅急便


評価 件、

あの名作がついに実写映画化

1985年、角野栄子により誕生した『魔女の宅急便』。児童文学の世界的ロングセラーとして愛される本作は、1989年に宮崎駿監督によりアニメーション映画となり、空前のヒットを記録。さらに1993年に演出家・蜷川幸雄の手でミュージカルに。そして2009年、シリーズ完結を機に「実写化を」という原作者の強い思いにより、初の実写映画化が決定。2014年春に全国公開される。主演は全国オーディションで抜擢された、原作のキキさながらに天真爛漫、原作者もお墨付きの新人女優・小芝風花。そして、監督に『呪怨』の清水崇、脚本に『おおかみこどもの雨と雪』の奥寺佐渡子。 >>続きを読む


真夏の方程式


評価 件、

あの『ガリレオ』が再び日本を席巻!映画第二弾は、シリーズ屈指の感動超大作『真夏の方程式』!!

2007年、フジテレビ月9枠で放送された連続ドラマ『ガリレオ』。変人でありながら天才的な頭脳を持つ物理学者・湯川学を演じた福山雅治の見事なまでの好演が大反響を呼び、平均視聴率21.9%という異例の高視聴率を獲得。さらに翌年公開された映画『容疑者Xの献身』は興行収入49.2億円の大ヒットを記録した。あれから5年、2013年・夏――。国民的人気を誇るトップスターでありながら常に挑戦し続ける福山雅治が、再び「ガリレオ湯川学」としてスクリーンに帰還する!映画ガリレオ第2弾は、ベストセラー作家・東野圭吾の累計1000万部を超える大人気連作の長編最新作であり、シリーズ屈指の感動作との呼び声も高い『真夏の方程式』。抒情的な海の街を舞台に >>続きを読む


劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール


評価 1 件、 4

伝説のコンビ“指原莉乃×福田雄一”が再び!

深夜ドラマながらも人気を博し、話題をさらった連続ドラマ「ミューズの鏡」。そんな「ミューズの鏡」が、皆さまのご要望に応えて、映画になって帰って来ます!ドラマに続いて映画でも初主演を飾るのは指原莉乃。2012年の選抜総選挙では、4位で選抜入りを果たし、絶好調と思われた最中…飛び込んできた衝撃のニュース。“指原莉乃、HKT48への電撃移籍”「私はいつしか天狗になっていたのかもしれない… この映画でイチから出直します」―― 指原莉乃の新たな一歩はこの映画から始まります。そんな指原の周りを固めるのは、ドラマのレギュラーメンバーたち。 >>続きを読む


ひまわりと子犬の7日間


評価 6 件、 2.83

巨匠・山田洋次の精神を受け継ぐ女性監督が贈る感動の実話。

2007年に宮崎県で起こった奇跡の実話をもとに『武士の一分』『母べえ』『おとうと』のスタッフが映画化。監督には、20年にわたり山田洋次監督作の共同脚本、助監督をつとめてきた平松恵美子。巨匠とともに“日本の家族”を見続けてきた女性監督が、心に残る新たな感動作を誕生させます。ひまわりの心を開かせようと奮闘する主人公の彰司役には、『武士の家計簿』『ツレがうつになりまして。』の堺雅人。また彰司を見守る幼なじみの獣医・五十嵐美久役に中谷美紀。さらに、吉行和子、でんでん、夏八木勲、草村礼子、檀れい、小林稔侍など数々の映画賞に輝く実力派俳優、映画初出演となるオードリーの若林正恭ら豪華キャストが集結。これは、信じることで繋がり合う想いを描く、やさしい命の物語です。

>>続きを読む


毎日が夏休み


評価 件、

あらすじ・解説:「綿の国星」などで知られる大島弓子の人気コミックを、平成「ガメラ」シリーズなどのSFX大作を手がける一方で「卒業旅行/ニホンから来ました」などコメディタッチの作品も手がける金子修介監督が、持ち味を存分に発揮して映画化。出演は佐野史郎、佐伯日菜子ほか。 >>続きを読む


MY HOUSE


評価 2 件、 2.5

構想5年、堤幸彦が本当に撮りたかった衝撃作

常に革新的な表現を生み出し、現在のエンターテインメント作品のスタイルに多大な影響を及ぼす奇才・堤幸彦が、これまでとなったく違ったアプローチで映画を撮った。07年雑誌に掲載されていた建築家/作家の坂口恭平のホームレス生活に関する記事を読み、既成概念を打ち破る生き方に触発された堤は、情報量の多い画や音楽でエンターテインメント性を高める作風を封印し、 >>続きを読む


まだ、人間


評価 件、

東京の真ん中はからっぽ。僕たちの真ん中には、いったい何があるんだろう。

「死んでいる。生まれ変わりたい。だけど、ずっとこのままでいたい。」様々な価値と喪失を抱え、ひたすらに回り続ける現代の東京。そんな現代都市で、生きることも死ぬことも出来ない人々がいる。変化できず、漂い続け、それでも、もがきながら暮らす人々がいる。そんな生きることに苦悩する三人の男女が、一人の人間の死をきっかけに出会い、やがて愛し合い、同時に傷つけ合うようになる様を描く、‘希望の悲劇’。それが映画『まだ、人間』である。撮影時26歳、 >>続きを読む


LOVE まさお君が行く!


評価 4 件、 1.75

まさかのコンビが奇跡を起こす!実話から生まれたストーリー

2010年3月、全国的な人気のなか最終回をむかえた動物バラエティ番組「ペット大集合ポチたま」。その中でもひときわ人気が高かった「まさお君が行く!!ポチたまペットの旅」。ひたすらに食いしん坊で、全ての人と犬が自分の事を好きだと信じているまさお君と、いつも引きずり回される松本君のコンビは、全国の幼稚園児からおじいさん・おばあちゃん世代にまで幅広く愛された。番組スタッフ達は、そんなまさお君と松本君が巻き起こした >>続きを読む


マメシバ一郎 3D


評価 件、

マネーも、ワークも、ホームもある。無いのはやる気だけ。「がんばる」なんてナンセンス。

【アラフォーニート】と【マメシバ】という映画史上最もあり得ない組合せで、まさかの感動を呼び起こした「幼獣マメシバ」。今再び、一郎と二郎の凸凹兄妹が復活!家から半径3km圏内で生活していた芝二郎が、自ら殻を破り、アルゼンチン行った前作。物理的な脱皮を遂げた後、ついに二郎は「心の脱皮」を試みる!?今や連ドラで見ない回が無い程の出演を重ねる佐藤二朗が、口だけ達者で、ひねくれ者、 >>続きを読む


− × − マイナス・カケル・マイナス


評価 件、

何かを失ってしまった者たちの1対1の関わり―― 交差する「喪失と希望」、2つの物語

2003年、イラク戦争開戦前夜。舞台はかつて「人類の進歩と調和」が謳われた万国博覧会の象徴・太陽の塔がそびえ立つ大阪の町の一角。ラジオの音声がやっとかすめる小さな公園で、タクシードライバーと女子中学生の日常が交差し始める。本作は、人と人、個人と世界の「つながり」を浮かび上がらせ、日常の残酷さ、美しさを問いかける。東日本大震災以降、私たちは今また違う思いで、目の前の日常と「つながらない世界」との狭間を行き来しているのではないだろうか。生活の変化や罪の意識から戸惑い、独り悩む女子中学生・ 凛には、 >>続きを読む


前橋ヴィジュアル系


評価 件、

農家のせがれがシャウトする!!これが俺らのリアル青春ストーリー

群馬県前橋の田舎町を舞台に、ヴィジュアル系バンドでプロになって有名になりたい夢を持つ農家の青年たちの夢と現実の葛藤を描いた青春ドラマ。企画・原案・監督は、俳優、小説家として活躍し、95年『となりのボブ・マーリィ』で映画監督デビューして以来、演出家としても活躍するなど、その才能をいかんなく発揮している大鶴義丹が手がけ、脚本を、俳優でありながらも東京深夜舞台の脚本家として活躍し、現在、映像業界で大きな注目を浴びている一雫ライオンが担当。音楽、主題歌を >>続きを読む


マリア様がみてる


評価 件、

祥子と祐巳を取り囲むお嬢様たちの姉妹(スール)ストーリー。

『マリア様がみてる』(今野緒雪著)は、集英社コバルト文庫で絶大なる人気を誇るライトノベルの名作である。原作小説の人気もさることながら、コミック・アニメ・ラジオドラマ・ドラマCD等のメディアミックス作品も展開し、そのいずれもがファンからの支持を得、愛され続けている作品である。本作はその待望の実写映画化になる。舞台は由緒正しいお嬢様学校、私立リリアン女学園。その高等部には「sœur (スール) 」という、仏語で「姉妹」を意味する、独特の制度が代々受け継がれている >>続きを読む


漫才ギャング


評価 件、

超豪華キャストが異色コンビを結成、お笑いの頂点を目指す!!

『ROOKIES-卒業-』の好演が記憶に新しい佐藤隆太と、役者のみならず歌手としても活躍する上地雄輔、人気・実力ともに絶好調のふたりがこの異色のコンビを熱く演じる。さらに、飛夫の元彼女・由美子役を石原さとみが演じて作品に清潔感をもたらすほか、綾部祐二(ピース)、宮川大輔ら吉本芸人たちも大挙出演!笑いはもちろん、恋愛や友情ドラマの興奮、そしてアクションシーンもふんだんに盛り込まれ、なんとも欲張りな青春エンタテインメントが誕生した! >>続きを読む


マイ・バック・ページ


評価 1 件、 5

1971年。若きジャーナリストと活動家。二つの運命は交錯し、事件は起きた――

NHK大河ドラマ「天地人」で国民的俳優となり、最新作『悪人』では世界へと躍り出た妻夫木聡。『GANTZ』『ノルウェイの森』など様々な話題作で多彩な魅力を披露し続ける松山ケンイチ。今や日本を代表する二大スターが、本作で満を持して初共演を果たす。監督は、05年『リンダ リンダ リンダ』を大ヒットに導き、今最も注目を集める若き奇才・山下敦弘が3年半ぶりに渾身の想いでメガホンを取り、新境地を切り開く。原作は、文芸・映画評論、翻訳、エッセイなど広く活躍する川本三郎の >>続きを読む


毎日かあさん


評価 4 件、 4.25

すべてに本音でぶつかる“かあさん”が見せてくれる、明るい未来と家族の絆

うわべだけのキレイごとを嫌い、現代社会の本音の生き様を描き続ける漫画家、西原理恵子。鋭い毒とその陰に忍ばせた優しい愛が女性たちの心を捉え、大ブレイク。「毎日かあさん」は、そんな彼女自身の人生をもとにした物語。一家を養う“かあさん”は、締め切りと子育てに追われても、夫が騒ぎを起こしても、ムリもガマンもせず、あくまでも自然体。涙も笑いに変えるその生き方は、今を生きる女性たちに、勇気と元気を与えてくれるはず。そして、本音でぶつかりあう、一風変わった家族の >>続きを読む


まほろ駅前多田便利軒


評価 3 件、 4

誰かに必要とされることは、誰かの希望になることでしょ。

2006年に刊行され、第135回直木賞を受賞した三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」。まほろ市に住むくせ者たちのワケあり依頼を“彼らなりに”解決する多田と行天の物語は、外伝「まほろ駅前番外地」、続編「まほろ駅前狂騒曲」と続く人気シリーズ。ぶっきらぼうだけど土壇場で優しい便利屋二人は今日も走り続ける。合言葉は“誰かに必要とされること、それは誰かの希望になること”。2011年GW、幸福はかたちを変えてあなたのもとに―。 >>続きを読む


交渉人 真下正義


評価 2 件、 3.5

あらすじ・解説:2004年12月24日、全地下鉄封鎖!警視庁史上、最悪の緊急事態が発生した!最新鋭地下鉄実験車両< クモE4-600>が何者かに乗っ取られたのだ。犯人はネットでその車両を遠隔操作し、クモの巣のように張り巡らされた東京の地下鉄網をまるで生き物のように縦横無尽に爆走させる。犯人の狙いは何か?室井管理官から呼び出しを受けた真下は、驚愕の事実を知らされる!犯人が交渉の窓口に真下を指名してきたのだ。「真下警視、出ておいで。 >>続きを読む


マザーウォーター


評価 7 件、 3.43

あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。

人と場所、そんなシンプルな関係性だけで、『かもめ食堂』『めがね』『プール』という三作を作ってきたプロジェクトが、新作『マザーウォーター』で遭遇した場所は、不変の美意識の中に、ひたひたと進化を続けている街、京都でした。ヘルシンキ、与論島、チェンマイ、どこに行っても変わることなく、大らかな人と場所との関係性を保ち続けることが出来たのはなぜなのか。そんなことをあらためて意識しながら、その感覚の素を感じ、体現してみたいと思ったとき >>続きを読む


瞬 またたき


評価 件、

もし、一瞬で運命の選択を迫られたら、そこに愛する人がいたら――あなたは、どうする?

これは二人の純粋な愛の形を衝撃的な演出で描いた物語。ヒロインの泉美を演じるのは、映画・ドラマと出演が途切れない人気女優、北川景子。そして泉美を最初は突き放しながらも、放っておけない女弁護士・真希子に、実力派の大塚寧々。泉美の恋人・淳一に、今や人気、実力共にトップクラスに上り詰めた岡田将生。監督は『解夏』『がんばっていきまっしょい』の磯村一路。彼が河原れんの処女小説「瞬」に惚れ込み映画化が決定。 >>続きを読む


まだまだあぶない刑事


評価 件、

あらすじ・解説:韓国・釜山の闇に、二つのロングコートのシルエットが舞う。サングラス二つだけ残して、爆発と共に横浜の海から消えたタカとユージは、アンダーカヴァーコップとして、世界最大スケールのあぶない事件を追っていた。核爆弾の取引だ…。小さい国なら軽くフッ飛ぶその代物が、日本に持ち込まれた。7年ぶりの横浜。横浜港署捜査課はナカさん、パパ、谷村、瞳ちゃん、と相変わらず。だが、トオルが捜査課課長!カオルが少年課課長! >>続きを読む


真幸くあらば


評価 件、

「あなたの脳内純愛が、ここから始まる。」

謀反の咎で捕えられ、刑死を間近に控えた有間皇子が祈りのように詠んだと伝えられる歌のごとく、哀切な調子と淡々としたリズムをもった、まるで音楽のように織りなされた映像詩。「死刑」という絶対の期限の付いた、肌と肌との直接的な接触が絶望的に断たれた状況下での究極の純愛映画。主演を務めるのは、カンヌ映画祭でグランプリを受賞した『殯の森』(2007、河瀬直美監督)で主演を務め、その後も『クライマーズ・ハイ』(2007年、原田眞人監督)等、 >>続きを読む


マリと子犬の物語


評価 3 件、 4.33

あらすじ・解説:2004年10月23日、午後5時56分。新潟県中越地方を震源として、マグニチュード6.8の地震が起こった。“新潟県中越地震”と名づけられたその地震により、闘牛や錦鯉の産地として名高い山古志村(現・長岡市)も甚大な被害を受けた。その山古志村で、失意の底にいた人々を勇気づけた奇跡のエピソードがあった。地震の当日、3匹の子犬を出産したお母さん犬の“マリ”。地震が起こり、人々が全て >>続きを読む


マイマイ新子と千年の魔法


評価 件、

見るたびに新しい発見がある。現代の“名作アニメ”誕生。芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説、待望の劇場アニメ化!

芥川賞作家・高樹のぶ子の原作小説を、『魔女の宅急便』『アリーテ姫』の片渕須直監督と『時をかける少女』などで国際的にも評価の高い制作スタジオ「マッドハウス」が圧倒的なクオリティのアニメーションに仕上げました。また、福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみら声の出演者たちが、登場人物たちにしっかりとした存在感を与えています。 >>続きを読む


SOUL RED 松田優作


評価 件、

伝説の男・松田優作、最初で最後の公式ドキュメンタリー映画始動。20年を経て初公開となる秘蔵映像で紐解く松田優作の魂。

【松田優作】1949年9月21日、山口県生まれ。1973年、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」のジーパン刑事役で人気を博す。主演ドラマ「探偵物語」(79?80)や映画『野獣死すべし』(80)を始めとする、その役作りや演技に対する姿勢は映画界を始め大衆にも大きな影響を与えた。映画代表作は『蘇える金狼』(79)、『陽炎座』(81)、『家族ゲーム』(83)など尽きない。また、〈表現者〉として音楽活動も積極的に展開し、そのカリスマ性と >>続きを読む