最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 邦画:む

武蔵野線の姉妹


評価 件、

残念すぎる社会派コメディー!

原作は単行本1~5巻で15万部以上を売り上げる、稀代の美少女絵師ユキヲが放つ萌えコミック「武蔵野線の姉妹」(フレックスコミックス)。演じるのはヲタク文化に造詣の深い加藤夏希、「AKB48」の仲谷明香と中田ちさと、ミュージカル『テニスの王子様』の浜尾京介、ジュノンボーイの日和佑貴、『僕等がいた』の小松彩夏、異色のアイドルメタルグループ「アリス十番」の桜のどか、爆発を目指し地下でマグマをため込むアイドルユニット「スマイル学園」の飯田ゆか、 >>続きを読む


無知との遭遇 CLOSE ENCOUNTERS OF THE STUPID


評価 件、

バカが地球を救う??

千原ジュニアとロッシー(野生爆弾)がロケに赴いたある村にはとんでもない秘密が!!その村は何と村民全員が宇宙人だった…。巨大UFOが登場し宇宙戦争へと巻き込まれてゆくロッシー…しかも千原ジュニアにもまたとんでもない秘密が…。…というバカげたストーリーを完全に信じ、宇宙平和のために立ち上がるロッシー!!確かにバカ…しかしその真っ直ぐな正義感で悪の星人と闘うロッシー…。 >>続きを読む


容疑者 室井慎次


評価 件、

あらすじ・解説:室井管理官が自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ逮捕されてしまう。室井を救おうとする女弁護士。そして追い詰める弁護士。そこに、警察庁と警視庁の確執が絡んで新城、沖田の尽力も虚しく最悪の事態へと…。新宿北署の現場の刑事(哀川翔)たちは、室井の捜査への姿勢に心動かされ殺人事件の真相を追う・・・。さらに、今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになった時、室井はさらなる窮地に追い込まれる…。 >>続きを読む


ムラサキカガミ


評価 件、

呪われた都市伝説、究極の映画化!

“紫の鏡”――ある孤独な少女が、両親からもらった大切な鏡を紫に塗ったところ絵の具がはがれなくなる。少女は後悔し、「紫の鏡」とつぶやき続けたまま、20歳の誕生日に死んでしまった――。それ以来、20歳になるまでこの言葉を忘れないでいると呪い殺されるという。中高生の間では知らぬ者はいないほど、まるでパンデミックのように人から人に伝染している禁断の都市伝説をついに映画化、究極の学園ホラーが誕生した!主演の美奈子役にグラビアで大活躍、 >>続きを読む


結び目


評価 件、

あふれるほどの激しい愛、抑えきれない情念を描いた、究極のラブストーリー

むせ返るほど官能的なラブストーリーが誕生した。緻密な心理描写によって浮き彫りとなる屈折した感情、葛藤、そして女性の美しいまでのたくましさ。まるで“結び目”をほどくように昂まってゆく後戻りできない想い。究極の心理サスペンスとも言うべき。緊張感に満ち溢れた人間模様が展開されていく。エキセントリックなまでに激情を露にする人妻・絢子役に、劇団「黒色綺譚カナリア派」主宰であり、演出家・執筆業・女優とマルチな活躍を見せる >>続きを読む


無防備


評価 件、

日本映画史に残る感動の出産シーン。これは衝撃のドキュメンタリーか!?

監督・脚本は、『ぐるりのこと。』橋口亮輔、『フラガール』李相日、『かもめ食堂』荻上直子に続くPFF(ぴあフィルムフェスティバル)出身の日本映画新世代、気鋭、市井昌秀。本作は、第30回PFFにてグランプリ含め3部門を受賞。さらに第13回釜山国際映画祭コンペティション部門でも、審査員たちに絶賛され、見事グランプリに輝く快挙を成し遂げた。 >>続きを読む


むずかしい恋


評価 件、

とあるバー“NO-MU”で繰り広げられる4組のカップルによる競演?大人のカクテルラブストーリー

「贅沢な骨」「きょうのできごと a day on the planet」で行定監督作の脚本を手掛けた益子昌一の初監督作品。キャストには「銀色のシーズン」「ナイスの森」などの水橋研二をはじめ、「グミ・チョコレート・パイン」の璃乃亜、「ハッピーフライト」などの森岡龍、「仮面ライダーキバ」のヒロイン・柳沢なな、「風の外側」のヒロイン・安藤サクラ、「ストロベリーショートケイクス」「AKIBA」の前田綾花、「テニスの王子様」などの載寧龍二、 >>続きを読む


MW-ムウ-


評価 件、

[ムウ]生誕80周年 手塚治虫、禁断の問題作。

手塚治虫が遺した作品の数々は、日本にとどまらず世界のあらゆる分野に影響を及ぼし続けている。その中で発売当時、内容の過激さや、荒唐無稽さから、”禁断の問題作””映像化は不可能”と言われてきた「MW-ムウ-」が、生誕80周年のこの年に、ついに我々の前に現れる。日々恐ろしい凶悪事件を目の当たりにする今日だからこそ、本能に身を委ね、堕ちて行く主人公の姿を通し、逆説的に正義と生きることの尊さを問う。これは、悪なのか?善なのか? >>続きを読む


剥き出しにっぽん


評価 件、

人間の全部、むき出し 人間の匂い、プンプン

畑に囲まれたオンボロの廃屋を舞台に、情緒不安定でマッチョ主義者で女々しくてお爺ちゃん子の男・太郎のまさに「むき出し」の生き様をストレートに描いた作品。ラストで、本音、情念、欲望が全て剥き出しになる。 >>続きを読む