最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: picup

劇場版SPEC ~結(クローズ)~


評価 件、

SPECシリーズ完結編!!全ての謎が2部作で明かされる!

警視庁公安部の特殊捜査官当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)が、特殊能力(=SPEC)を持った犯人に立ち向かう。謎に満ちたストーリー展開と、堤幸彦が創るスタイリッシュな映像・音楽に小気味よい小ネタを随所にちりばめた「SPEC」は、強烈な印象と多くの謎を残し1クールを駆け抜けた。“その後”を望む声が多数寄せられると、最終回の半年後を描いた「~翔~」、さらにその続編である『劇場版~天~』が制作され大ヒットを記録。そしてこの秋、シリーズ待望の続編であり完結編でもある『~結(クローズ)~』が、劇場版として漸(ゼン)ノ篇・ 爻(コウ)ノ篇の2部作で連続公開する!今まで解き明かされなかった多くの謎が >>続きを読む


なにもこわいことはない


評価 件、

ひと組の夫婦の姿からみえてくる幸せと絶望のむこうがわ

特別ではない些細な日常をみつめ、人と人の関わりの中に生まれる温かみや、ふとした瞬間に感じる孤独や不安を微細に描き出す。スクリーンに映し出される夫婦の姿に、わたしたちの毎日が重なり合う。妻・恵理に劇団東京乾電池入団以降『秘密の花園』(作・唐十郎)の主演など、舞台を中心に活動する高尾祥子。その温かさと残酷さの同居する眼差しが、観る者を魅了する。夫・史也を、『たまもの』『へばの』『婚前特急』など、インディペンションからメジャーまで幅広い作品で存在感を放ち続ける吉岡睦雄が演じる。 >>続きを読む


JUDGE ジャッジ


評価 件、

『SAW』、『ライアーゲーム』、『カイジ』、『リアル鬼ごっこ』…。“ソリッド・シチュエーション・スリラー”の新たなる衝撃作、遂に解禁!!

閉ざされた空間に監禁された7名の罪人。目覚めると、頭には動物のマスク。手には毒薬を仕込まれた手錠と鎖…。傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、大食、色欲――。7つの大罪を背負った者たちに課せられたのは、死の裁判ゲーム。制限時間内にお互いの素性を探り合いながら、より罪が重いと判断した者に多数決で“死の審判(ジャッジ)”を下す。出口も希望も見いだせない環境下、自分が生き残るためには誰かに投票しなければならない。悪夢と狂気のゲームに勝ち残るためには何をなすべきか? 協力か? 騙し合いか? 人を殺めることか?そして、この謎めいたゲームは一体何者が仕掛けた罠なのか? >>続きを読む


アブダクティ


評価 件、

夢も家族も仕事にも見捨てられたダメ男が、なぜ、拉致られる!?

実力派俳優、温水洋一と山口雄大監督がタッグを組んで送る本格シチュエーション・サスペンスムービー。温水洋一が演じるのは、家族にも捨てられ、借金を抱え、夢も仕事もあきらめたしがない中年男。そして、物語は温水が演じる主人公が何者かに「拉致」されたところから始まる。なんとか閉じ込められているコンテナからの脱出を試みるが、事態は思いがけない方向へと展開する。観る者を飽きさせない巧みな映像表現、スリリングなファクターが詰め込まれたラストまでの息を呑む展開、そして奮闘する温水洋一から目が離せない。 >>続きを読む


自分の事ばかりで情けなくなるよ


評価 件、

時代と共振する「音楽」「映画」の連作コラボレーションが、奇跡の劇場映画化!

劇団ゴジゲンの主宰であり『アフロ田中』『男子高校生の日常』など次々と話題作を手がける注目の新鋭監督・松居大悟が、今最も勢いのある人気ロックバンド“クリープハイプ”のフロントマン・尾崎世界観の原案を元に作り上げた異色の音楽映画がここに誕生!これまでに同コンビで作られて来た一連のミュージックビデオは、それぞれの登場人物が作品をまたいで交差していく青春群像劇であり、そこから派生したショートフィルムヴァージョンがファンの間で熱烈な支持を集め、米国アカデミー賞公認・国際短編映画祭「SHORT SHORT FILM FESTIVAL」に2年連続で上映されるなど注目を集めた >>続きを読む


ゆるせない、逢いたい


評価 件、

10代のみずみずしい恋愛模様にセンセーショナルなテーマを織り込んだ鮮烈の青春ラブストーリー

出逢ってまもなく恋に落ちた少年と少女。想いを募らせ、お互いにかけがえのない存在になっていく。だが、ささいなすれ違いがきっかけで、ふたりの関係は壊れてしまう。許されることのない罪、癒えることのない傷を背負うことになった痛みや切なさ。それでも純粋にひかれあうふたりの愛の希望。近年社会問題にもなりつつ“デートレイプ”をテーマに17歳の揺れる気持ちとリアルな心の声が、繊細なタッチで描き出される。ヒロイン・はつ実には、人気モデルで今後女優としても活躍が期待される新人・吉倉あおい。隆太郎を演じるのは、『誰もしらない』(是枝裕和監督)でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を史上最年少で受賞 >>続きを読む


うそつきパラドクス


評価 件、

大人気コミックが待望の映画化!!期待の新人女優、本山なみが鮮烈フルヌードで挑む――。

原作はきづきあきら+サトウナンキによる同名の大人気コミック。ヤングアニマル(白泉社)にて連載され40万部以上売り上げ、本作の続編である「バター猫のパラドクス」が絶賛連載中。その切ない恋模様と過激な描写ながら男女問わず絶大な人気を誇っている。少しぼんやりした癒し系の主人公、栖佑日菜子を演じるのは異例の大抜擢となった期待の新人女優、本山なみ。映画初主演ながらフルヌードを披露し、迫真の艶技と繊細な女心を演じ切った。また栖佑に想いを寄せる同僚、八日堂俊介を演じるのは第17回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞を受賞した真山明大。 >>続きを読む


飛べ!ダコタ


評価 件、

終戦から5ヶ月――その奇跡は、佐渡の地に舞い降りた

痛みを共有した現代人にこそ響く、“真実の人間愛”の物語 『飛べ!ダコタ』が描く世界は、現代の我々の生活とかけ離れたものではない。2011年に日本は未曾有の大災害を経験し、多くの人びとがいまもなお再生への道を模索している。国家間では領土問題なども深刻化。人と人との絆、失意からの再生、国と国との相互理解が問われている現代だからこそ、先人たちが残した足跡を見つめ直すことが必要なのではないだろうか。そこには必ず、時代や国境を越えた“真実の人間愛”が見えてくるはずである。 >>続きを読む


R100


評価 件、

ようこそ、誰も開けたことのない扉の向こうへ。

都内有名家具店に勤務する片山貴文には秘密があった。それは、謎のクラブ「ボンテージ」に入会してしまったということ。以降、様々なタイプの美女たちが片山の日常生活の中に突然現れ、彼をこれまで味わったことのない世界へと誘っていった。しかし内容は次第にエスカレートしていき、女性たちは彼の職場や家庭にも現れるようになる。耐えられなくなった片山はプレイの中止を求めるが、一向に受け入れられない。さらなる予測不能の事態が次々と巻き起こる中、果たして彼の運命は――!? >>続きを読む


人類資金


評価 件、

旧日本軍の隠し資産、M資金を盗み出せ。世界経済を揺るがす禁断のマネーゲームが始まる。

敗戦直前、旧日本軍の手によって隠匿された金塊などの財宝(時価数10兆円ともいわれる)。それは続く占領下の時代、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって接収され、日本政府の一部を通して戦後復興や反共計画に極秘に運用されてきた。その名を「M資金」。謎に包まれたこの秘密資金をネタに、資金繰りに窮した経営者などから手数料を騙し盗る詐欺事件は、世紀が変わった現在もあとを絶たない。そんなものは最初から存在しなかった、というのが定説になってはいるが……。M資金に関する映画の構想が持ち上がったのは、十年以上前。 >>続きを読む


くじけないで


評価 件、

200万部のベストセラー詩集が感動の映画化!“90歳からの詩人”柴田トヨさんの物語

柴田トヨ 1911(明治44)年、栃木県に生まれる。裕福な米穀商の一人娘だったが幼い頃に家が傾き、自らも奉公に出て家計を支えるなど苦労を重ねながら明治、大正、昭和、平成と日本の激動の時代を見つめ続ける。33歳で結婚し、長男健一を授かる。健一の勧めで90歳を過ぎてから詩作を始める。98歳で出版した処女詩集『くじけないで』が、詩集としては極めて異例の168万部を超え、第二詩集『百歳』と合わせて累計200万部を超えるベストセラーとなる。詩集はスペイン、イタリア、オランダ、ドイツ、中国、韓国、台湾など海外でも翻訳・出版されている。読む者を常に勇気づける言葉を生み出しながら、2013年1月、101歳で天国に旅立った。 >>続きを読む


武士の献立


評価 件、

江戸時代、刀を包丁に持ち替え、料理で主君に仕える武士たちを、人々は揶揄と親しみを込めて“包丁侍”と呼んだ――。

『武士の献立』は、包丁侍の家に嫁いだ娘・春が、困難を乗り越え、夫婦愛と家族の絆を深めてゆくヒューマンドラマ。加賀藩に実在した舟木伝内、安信親子が執筆した献立書「料理無言抄(りょうりむごんしょう)」をもとに、忠実に料理を再現。海山の幸満載の美味しい献立がスクリーンいっぱいにひろがる。中でも、藩の威信を賭け、男たちが厨房で作り出す、豪華な饗応料理は見ごたえたっぷり! >>続きを読む


ルームメイト


評価 件、

北川景子×深田恭子が魅せる、美しいほどに恐ろしい戦慄の物語が始まる!!

派遣社員として働く萩尾春海は、ある日、交通事故で頭を強く打ち片足は骨折、しばらく入院することになる。そんな春海を気遣い支えてくれたのは、看護師の西村麗子だった。病院で初めて会った2人だったが、互いに親近感を覚え意気投合。春海の退院をきっかけに麗子はルームシェアを提案し、一緒に暮らしはじめる。「麗子みたいな人だったら、ずっと一緒にいたい」「私もだよ、春海」と、2人の共同生活は順調にみえた。麗子の奇妙な言動を目にしてしまうまでは──やがて春海の周りで不可解な事件が起き、ついには殺人事件までも引き起こしてしまう。そして、春海の前に麗子と見た目がそっくりのマリが現れる。 >>続きを読む


清須会議


評価 件、

三谷幸喜と総勢26名の超豪華キャストで贈る笑いと驚きとドラマに満ちた全く新しい歴史エンタテインメント!!!

『THE有頂天ホテル』(06)、『ザ・マジックアワー』(08)、『ステキな金縛り』(11)と立て続けに大ヒットを記録し、日本中を爆笑と温かい感動で包み込む、三谷幸喜監督待望の最新作がいよいよやって来ます!17年ぶりとなる自身による書き下ろし小説を原作としつつも、小説とは全く違ったアプローチで映画化される本作は、三谷が初めて挑む歴史もの。織田信長亡き後、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に、日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる【清須会議】をテーマに、日本映画界を代表する総勢26名の豪華絢爛なキャスト陣を迎え >>続きを読む


ばしゃ馬さんとビッグマウス


評価 1 件、 4

人はいつだって夢を抱いて、その夢を叶えるために頑張ってる。だけど、その夢が叶わない“かも”しれないとしたら……。

『純喫茶磯辺』(08年)や『さんかく』(10年)などオリジナル脚本で勝負する若手の気鋭・吉田恵輔監督。3年ぶりの新作にして劇場映画4作目となる本作は、夢をあきらめきれずにもがき続ける一人の女と一人の男―彼らの挑戦と葛藤を描いたヒューマンコメディだ。主人公は、同じシナリオスクールに通う脚本家志望のストイックな“ばしゃ馬さん”こと馬淵みち代(34)と、自称もうすぐ天才脚本家の超自信過剰な“ビッグマウス”こと天童義美(28)。「私、こんなに頑張っているのに!」が口ぐせの馬淵は、学生の頃からコンクールに応募しているが、落選の日々。 >>続きを読む


そして父になる


評価 件、

6年間育てた息子は、病院で取り違えられた他人の子だった。家族に起きた<事件>を通して、その愛と絆を描いた衝撃の感動作。

6歳になる息子は、病院で取り違えられた他人の子だった。人生で勝ち続けてきたエリートの男に、突然降りかかった“事件”。実の子か、迫る無情な“選択”。「血のつながりとは、家族とはいったい何?」と、魂に深く問う、衝撃の物語が幕を開ける。本作は2013年5月、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門という最高の舞台で初披露、10分以上に渡る熱烈なスタンディングオベーションを受け、審査員特別賞を受賞した。審査委員長スティーヴン・スピルバーグは初めて観たときから本作が賞に値するという確信は揺るがなかったと語り、ニコール・キッドマンは後半1時間涙が止まらなかったという。 >>続きを読む


潔く柔く きよくやわく


評価 件、

「せつない涙があふれる壮大なラブストーリー」いくえみ綾の伝説的少女コミック、遂に初映画化!

原作は熱狂的なファンに支持され30年間第一線で活躍し続けてきた少女漫画界のカリスマ・いくえみ綾の最高傑作。累計270万部を超える伝説のベストセラー少女コミックで、いくえみワールド初の映像化となります。主人公の瀬戸カンナを演じるのは「世界の中心で、愛をさけぶ」のアキ役で日本中を涙で包み、史上最強のモテ女子を演じた「モテキ」で新たな魅力を開花させた長澤まさみ。もう一人の主人公、赤沢禄を演じるのは「僕の初恋をキミに捧ぐ」で日本中の女性のハートをキュンとさせた岡田将生。ラブストーリーとして。これ以上無いベストキャスティングが実現。 >>続きを読む


陽だまりの彼女


評価 件、

切なさと優しさが溢れ出す《ファンタジック・ラブストーリー》

湘南を舞台に、愛されることよりも愛し続けることを選んだ一世一代の恋(うそ)が起こす“二つの奇跡”。真緒が浩介を慕う一途さが起こす再会の奇跡。そして、真緒を愛する浩介の想いが起こす、もう一つの奇跡とは―?彼女の秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへ! >>続きを読む