最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Category: 青春H

いかれたベイビー


評価 件、

どうしてこんなにくやしいんだろう……「負けたくない」女子の、フリーセックス宣言!

恋人の浮気を知った主人公・エリ子は、悔しさのあまり「私も浮気してやる!」とフリーセックス宣言をする。そして、恋人の浮気をやめさせるため様々な画策をするが、やがて、本当に自分も別の男と関係してしまって…。 >>続きを読む


ボン脳即菩薩


評価 件、

お股を開いてみんな幸せ…健気で真っ直ぐな女、あけみの哀しみを描く最大のアヴァンギャルド作品が遂にご開帳!

AV監督を務める一方で精力的に自身の制作活動を行っている安藤ボン。異色の女流監督が娼婦を描いた『ふきだまりの女』から1年、再び青春Hに登場。極道一家に生まれ育った監督が今作挑んだのは、ろくでなしの悲喜劇。娘の股を開かせシノギをする非常識な母親、好きになった男は口ばかり達者なヒモ男、それに加え取り巻くのは、気弱な殺し屋にアル中若衆、謎の霊媒師に緊縛師… ヤクザ一家の娘に生まれ、特殊な性器を持つ女・あけみはそんな彼らの中で懸命に生きていく。世間一般からは、思慮が浅く、軽薄で粗暴に見えがちな彼らを慈悲と肯定に満ちた個性的で魅力的溢れる存在に描きだし >>続きを読む


恋する神さま ~古事記入門~


評価 件、

監督榎本によるこれぞ興奮度120%!青春H版―超悶絶古事記がここに誕生!!!

『再会』ではシリーズ断トツNo.1のDVDレンタル売上を記録。最近では『死んでもいいの 百年恋して(脚本:いまおかしんじ)』で伝説のAV女優森下くるみを主演に起用し今日評価を得ている榎本敏郎監督。青春Hシリーズ3回目の登場となる今回のテーマは『古事記』。日本最古の歴史書『古事記』には、性描写がたくさんあり男女の神々が交わった事で国が生まれた、素っ裸で踊り狂ったなどはほんの序章に過ぎず、「ほんとに神様のお話なの?」と思わせる下世話なエピソードなども多く存在する。青春Hシリーズ第33弾は、そんな『古事記』を舞台化しようとする架空の劇団員達が奮闘する話。 >>続きを読む


スターティング・オーヴァー


評価 1 件、 5

これが僕たちの再出発……

それぞれの愛があり、それぞれの再出発があります。もしかしたらあなたは違う再出発を選ぶかもしれない。でも、彼らが選んだ再出発は…。<五藤利弘> >>続きを読む


イヤリング


評価 件、

青春Hシリーズ第25弾!

ノスタルジックな恋を描いたシリーズ第10弾『再会』で高い人気を得た榎本敏郎が青春Hに再登場!佐藤寿保監督(『アントキノイノチ』)に師事し、獅子プロダクションより監督デビュー後、作家性のある作品で評価を得てきた榎本監督が今回選んだテーマは「嘘」。人は誰でも嘘をついて生きている。人を楽しませる嘘、自分を取り繕う嘘、人の数だけ嘘がある。嘘を真実として生きる男と女の心の葛藤と成長を描く切ないラブストーリー。 >>続きを読む


ふきだまりの女


評価 件、

自らの肉体で男の欲望を満たす女<マチコ>を描 青春Hシリーズ最大の問題作!

AV監督を努める一方で精力的に自身の制作活動をしている安藤ボン。異色の女流監督が青春Hに登場。売春婦、風俗嬢、AV女優…自らの肉体を開いて、男たちの欲望を満たす女たちの存在。彼女たちはそうすることをなぜ選んだのか?そもそもそれは彼女たちが選んだことなのか?堂々巡りの“ふきだまり”のような人生の中で、女たちは男に抱かれ、お金を貰い、孤独に“女の業”を生きていく。様々な性癖の男たちに孤軍奮闘する様子をコミカルに描きつつ、女の性をあぶりだすシリーズ最大の問題作。 >>続きを読む


ふたりのシーズン


評価 2 件、 3.5

井土紀州監督の新たな試み。

主人公の女性は不倫している。さらに違う男とも関係を持つ。井土紀州は、この流される女性を中心に映画を構成している。そこに流れる空気は穏やかであり、見終わった時彼女を好きになっている。彼女の不思議な魅力に気づかされるだろう。澤木柚季江に初めて会った時の印象を忘れることが出来ない。私の前に立った彼女は、冬の海を漂う流木のようであり、その存在の寄る辺りなさに、私は打たれたのだった。それまでに準備してきたシナリオも、演出プランも捨てて、私は彼女の寄る辺りなさを撮ることだけに賭けようと思った。(井土紀州) >>続きを読む


鳥を見て!


評価 件、

佐々木友紀監督が描く素敵な恋の価値観

青春Hシリーズ22作品目の監督は前作『ちょちょぎれ』で男女の等身大の恋愛模様を描いた佐々木友紀。本作『鳥を見て!』では、男性を次々に物にする超積極的な女性の恋愛を描いている。前作同様に若い次世代のキャスト陣の瑞々しい姿を美しく表現している。一見清楚なおとなしい主人公「かおり」には七咲楓花。相手役には『ちょちょぎれ』で恋愛に不器用な主人公を演じた片山享。さらに『となりの801ちゃん』で801ちゃんを演じ、コアな人気をはくしている広澤草が脇を固めている。 >>続きを読む


狼の生活


評価 件、

内藤隆嗣が描く男の深い孤独 「ハードボイルドとは?男とは?この映画が教えてくれる」

「不灯港」で男を描き、「狼の時代」で男を描き、本作「狼の生活」でも男を描く!内藤隆嗣は常に男を描いてきた。彼の描く男達は1本芯の通った男であり、どこか普通と違う一面を持ち合わせている。この「渋み」と「笑い」が共存する唯一無二の映画が、内藤隆嗣の映画である。バイクで東日本大震災後の日本を走り回る渾身のロードムービーが出来上がった。主役「二郎」役には、唐ゼミの舞台で活躍する熊野晋也、ヒロインには「半分処女とゼロ男」に出演していた星野美穂。 >>続きを読む


イチジクコバチ


評価 件、

サトウトシキが奏でる狂気と愛のワンダーランド

父親に監禁されているみつは学校も行けず、生活のために援助交際で金を稼ぐ。雇い主の青年・慎吾はみつに惹かれていく。愛なのか?同情なのか?それしかないという絶望なのか?三人はお互いにお互いを受け入れ共鳴しあう。サトウトシキが敢えてこの題材を選んだ理由は?追い詰められた人間の狂う瞬間の美しさが人に強い印象を与える。周りが見えなくなるほど真っ白になっていく様。まさしくこれぞサトウトシキのワンダーランド! >>続きを読む


カレーのにおい


評価 2 件、 2

山口智が想像したレシピはスパイシーでシニカルなラブ&コメディ

短編映画『きれいにするとこからはじめよう。』を監督しハンブルグ国際短編映画祭など国内外の映画祭にて招待上映され、その後長編『ユニットバス・シンドローム』短編映画『扇風機の気持ち』短編『UFO食堂』を精力的に発表する。2009年秋に長編『代行のススメ』商業映画デビューをした山口智が「カレー」と言うキーワードで日常の些細な言葉、振る舞いをポップに描く!カレーライスが異常に好きな男、藤瀬は複数の女と付き合っている。その目的は女達との情事ではなく、女達が作る >>続きを読む


ピラニア


評価 件、

井土紀州が紡ぐ(つむぐ)青春の憂鬱と爽やかな混沌(カオス)

『雷魚』『HYSTERIC』『MOON CHILD』など、映画監督瀬々敬久とタッグを組み、社会の底辺に潜む人間の本質を描き、また自主映画というジャンルで自らメガホンを取り、『百年の絶唱』『LEFT ALONE』『ラザロ-LAZARUS』『行旅死亡人』など“魂にふれる映画”を精力的に発表し続ける井土紀州が、【青春H】というキーワードで選んだテーマ【問題】とは…。吃音症の女の子・奈津は足の不自由な弁当屋の男・曽根に憧れている。元高校教師の晴男は奈津のことを思い、仲を取り持つが… >>続きを読む


狼の時代


評価 件、

内藤隆嗣の“今の日本”の『男と女』

男の匂い、男の肖像、そして男のロマン…。不器用ながら真っ直ぐな、愛すべき男を描かせたら右に出るものは無い内藤隆嗣。愛を求めてさすらう独身漁師の悲恋を描いた『不灯港』がロッテルダム国際映画祭で喝采を浴びてから早や一年。そして10年秋、今度はどんな男を見せてくれるのか?主人公はやはり実直かつ不器用な汗ほとばしる男、二郎。しかし、映画の中で彼が出会った女性は自分が居る世界とは全く異なる場所に生きる麗子。端から見れば相容れない2人は、現代の若者が身にまとう心を >>続きを読む


Date…


評価 件、

藤原健一の夢の正体

『イズ・エー[is.A]』では社会派ドラマを、『紅薔薇夫人』では団鬼六の緊縛の世界を、また『NIGHT KING ナイトキング』では実録サクセス・ストーリーと、様々なジャンルの作品を監督してきた藤原健一が青春Hシリーズ『Date…』で挑んだものとは。この映画では藤原健一が常に抱く願望や夢を具現化しようとしたのか? それとも夢と狂気は表裏一体だということを訴えたかったのか?前述した3作品いずれにも共通して言えることはあらゆる側面の「人間」を描いているということ >>続きを読む