最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly
リトルウィング 3月の子供たち


評価 件、

あの日のまま止まってなんかいられない子供たちは小さな翼を震わせて翔び立った。

主演の美咲にはデビュー以来映画を中心に強烈な個性を発揮し続ける菜葉菜。近年は数多くのメジャー作品にも参加し希有な存在感を際立たせている。同主演で若き空手道場主には河合龍之介。テニスの王子様でブレイクしたが彼もまた本格派俳優の道を着実に歩み始めた気鋭である。国内外の映画でもお馴染みの実力派俳優・寺島進、菅田俊などが脇を固める。そして何よりも本作品にとっての貴重な存在は全く役者経験のない子供たち。福島の門馬道場、西荻窪に本部を置く、誠真会館のカラテキッズ達。その爽やかで初々しい演技が否応なしに感動を与えてくれる。 >>続きを読む


かしこい狗は、吠えずに笑う


評価 件、

2012年、名だたる映画祭で若者が熱狂した自主映画が、満を持して渋谷上陸!!

ブルドッグのように不細工に生まれた熊田美沙(17)は普通の生徒から蔑まれ、チワワのように可愛く生まれた清瀬イズミ(17)は普通の生徒から妬まれている。全く異なる二人だが、与えられた運命という同じ苦しみ、痛みの上に生きていた。痛みを判り合えた二人は交流を深め友情を築いていく、が――。 >>続きを読む


スターティング・オーヴァー


評価 1 件、 5

これが僕たちの再出発……

それぞれの愛があり、それぞれの再出発があります。もしかしたらあなたは違う再出発を選ぶかもしれない。でも、彼らが選んだ再出発は…。<五藤利弘> >>続きを読む


やわらかい生活


評価 件、

橘優子35歳。蒲田で一人暮らし。可笑しくて、愛しくて、じんわり心にしみる。温かな幸福感に包まれる物語。

孤独を受け入れ、自然体で生きている。新しい女性像を見事に演じたのは『ヴァイブレーター』で各賞を総なめにした演技派女優寺島しのぶ。多くの女性たちから、“優子は私”と共感を集めている。原作は、文學界新人賞を受賞した絲山秋子のデビュー作「イッツ・オンリー・トーク」。「沖で待つ」で芥川賞も受賞している。新しい、リアルな女性像を描き、今最も注目の作家である。負け犬も、ニートも、バリキャリも、コマダムも…みな心のどこかで優子は存在している、“いま”を生きる女性すべてが必見の映画が誕生しました。2003年、「ヴァイブレーター」で映画界に衝撃を与えたコンビが再び挑んだ。 >>続きを読む


桜姫


評価 件、

ようこそ。摩訶不思議なワンダーワールドへ

「相棒シリーズ X DAY」「探偵はBARにいる2」をはじめ、エンターテインメント大作の公開が続く監督橋本一が、本能の赴くままに生み出した狂気の最新作は超クレイジー★エンターテインメント。原案は江戸後期に活躍した四世鶴屋南北「桜姫東文章」。数ある歌舞伎の演目の中でも最もスキャンダラスな本作を、実験的かつ独創的アイディアで現代風にアレンジを施し、エキセントリックな作品へと生まれ変わらせた。主人公の桜姫を演じるのは、女優・モデルと様々フィールドで活躍する19歳の超美少女・日南響子。一途にひとりの男を追い求め“お姫”から“遊女”へと堕ちていく純粋で可憐な少女を、際どいベッドシーンにも挑戦しながら体当たりで演じている。 >>続きを読む


江ノ島プリズム


評価 件、

このラストがせつない!幼なじみ3人の運命に涙する珠玉のファンタジー

美しい江の島の街並み、だれもが通過する青春時代の無邪気さと挫折と淡い恋心を、水彩画のように瑞々しく描いた本作。 脚本・監督は、井筒和幸監督のもと『パッチギ!』(05)で助監督を、『ヒーローショー』(10)『黄金を抱いて翔べ』(12)で共同脚本を務め、 『キトキト!』(07)で鮮烈な監督デビューを飾った吉田康弘。原案・脚本に、コバルト文庫・スニーカー文庫など80年代からジュブナイル小説を多数執筆し、 犬童一心監督作『二人が喋ってる。』(95) <共同脚本>、前田哲監督作『ブタがいた教室』(08)、中田秀夫監督作『L change the WorLd』(08) <共同脚本>等、 脚本家としても精力的に活躍する小林弘利。 >>続きを読む


トイレの花子さん 新劇場版


評価 件、

トイレの花子さんが15年時を経て新たに蘇る――

誰もいない学校のトイレに赤いスカートの少女が…。いつの時代も語り継がれてきた怪談“トイレ花子さん”は、95年、98年と映画化され大ヒットを記録。その後もオリジナルビデオや、アニメ版まで制作され常にホラーファンの心を捉えて離さない人気タイトルが、15年ぶりに完全新作として劇場映画化される。しかも、主人公・さよ役に抜擢され、主題歌も務めるのはキングレコード+講談社が新たな歌姫を発掘するために開催した“ Dream Vocal Audition”で、1万人を越える応募者の中からグランプリである Dream Vocalist loved by ヤングマガジン賞を受賞した上野優華。 >>続きを読む


劇場版 タイムスクープハンター ― 安土城 最後の1日 ―


評価 件、

日本歴史史上最大のミステリー<安土城消失の謎>を追え!

未来の通信社の記者=時空ジャーナリストが、タイムワープ技術を使い、教科書に載らない名もなき人々に密着し、歴史の真実をドキュメンタリータッチの取材映像であぶり出していく――。その独自のコンセプトが話題のNHK「タイムスクープハンター」が、遂に映画化!劇場版の舞台は、織田信長が天下統一の拠点とするも、謎の消失を遂げた“安土城”。臨場感溢れる映像で、未だ解明されない歴史の謎に迫っていく。出演は、テレビシリーズから引き続きとなる要潤、杏に加え、夏帆、時任三郎ら豪華キャストが顔を揃えた。スケールアップした「タイムスクープハンター」で、戦国乱世の最前線を体感せよ! >>続きを読む


劇場版 ATARU


評価 件、

THE FIRST LOVE & THE LAST KILL

2012年4月から放送され、初回19.9%という高視聴率を記録した中居正広主演のドラマ『ATARU』。サヴァン症候群に起因する特殊な能力を持った主人公が、迷宮入りした難事件を解決していくという斬新なストーリーが話題を呼び、2013年1月にはスペシャル版が放送。世代を問わず幅広いファンを獲得したこの話題作が、いよいよスクリーンに登場する!主人公ATARU(アタル=通称チョコザイ)の発する言葉や行動は理解不能だが、彼が発するヒントは常に物事の核心を突き、謎に包まれた真相を次々と解明していく。そんなミステリーエンターテインメントとしての面白さはもちろんだが、この物語をより一層引き立てているのは、アタルと彼を取り巻く個性豊かな人々の心の交流である。 >>続きを読む


夏がはじまる


評価 件、

山形から届いた、甘酸っぱい初夏の物語

夏がはじまる前作『傷跡』で過去のイジメの記憶に悩まされる女性を描いた冨樫森が今作では『あの空をおぼえてる(2008年)』以来4年ぶりとなる「家族」を描く。『非バランス』『ごめん』『あの空をおぼえてる』と一貫して人間を真摯に描き続ける監督・冨樫森の映画に特別な人は登場しない。希望とは何か?生きていくとはどういうことか?彼はいつもそっと静かにヒントをくれる。故郷・山形で挑んだ第2章はちょっと不器用な家族のお話。 >>続きを読む


砂をつかんで立ち上がれ


評価 件、

何でもやります!「気づいてない」ダメ役者 潰してやる!追い込まれた映画監督

砂をつかんで立ち上がれ監督は、『嘘々実実』で監督デビューした新鋭・藤澤浩和、脚本は公募で見事入選した作田勇人。映画24区ワークショップから生まれた最新作は<“映画製作”映画>!

>>続きを読む


許されざる者


評価 件、

日本最高のスタッフ&キャストが、米アカデミー賞最優秀作品を再生。

日本映画界が、動いた――! 世界最高の一本に日本最高のスタッフとキャストが集結した。日本映画史上最大の、このプロジェクトを突き動かしたのは、クリント・イーストウッド監督・主演の伝説的名作『許されざる者』。第65回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、最優秀作品賞をはじめ4部門を受賞した映画史に残る最高傑作が、2013年秋、日本映画となって再生する! 監督は、『悪人』『フラガール』の李相日。 >>続きを読む


ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE


評価 件、

未だかつて、スクリーンに舞い降りた、深夜バラエティ番組を観たことがあるか?

土曜深夜に放送されている人気バラエティ「ゴッドタン」。放送開始から6年、おぎやはぎと劇団ひとりが司会のこの番組ではこれまでに数々の人気企画が誕生した。なかでももっとも熱狂的に迎え入れられたのは「キス我慢選手権」。セクシな美女に誘惑された芸人たちがアドリブで芝居をしながら、1時間キスを我慢するという企画。劇団ひとりはこの「キス我慢選手権」において、驚異的なアドリブ力と、憑依型の演技力を開花させた。DVDシリーズの売上累計は50万枚を突破し、今もなお勢いが加速する注目のテレビコンテンツが、誰も予想をしていなかった「映画」というタブーに挑む。 >>続きを読む


魍魎の匣(もうりょうのはこ)


評価 件、

舞台は1952年、東京。上海ロケ敢行、VFX駆使、音楽は東京事変…豪華絢爛にして斬新な娯楽大作!!

京極夏彦の最高傑作の映画化が、原作者本人も驚いた大胆なアプローチでついに実現!映画界を代表する6人の超強力キャストに加え、柄本明、宮藤官九郎、清水美砂、篠原涼子、荒川良々、笹野高史、寺島咲、谷村美月と豪華な面々が映像を彩ってゆく。監督・脚本は原田眞人。原作の緻密な面白さに加え、1952年を完璧に再現するため上海ロケを敢行、さらに巨大なハコ型建物、アクションや爆破シーン、VFXを駆使した映像と、豪華絢爛なシーンの数々が観る者に迫り、東京事変によるエンディングテーマが華を添える。ハコをめぐる謎が新たな謎を呼び、予測不可能な展開が猛烈なテンポで次々と押し寄せる、全く新しい超高速展開サスペンスが誕生しました。ハコの中には何がある!? >>続きを読む


姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)


評価 件、

新時代の謎解き“憑物(つきもの)落とし”京極堂が、雑司が谷の大病院の娘・妊娠20ヶ月の怪に挑む!

直木賞作家・京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」は、“ミステリーを超越した驚異の小説”と絶賛され、40万部を超えるベストセラーになった。熱狂は日本中に広がり、同じ主人公で書かれた「京極堂シリーズ」は全8作で総計400万部を超える一大ブームとなった。戦後まもない日本の怪しげな雰囲気、事件に絡むまがまがしい妖怪の影、登場人物たちの個性的で魅力に溢れたキャラクター、大胆不敵なトリックと度肝を抜く結末――その独特な世界観はどれをとっても映像化は不可能とされてきた。しかし、日本映画界最高の顔ぶれがそろい、遂に待望の映画化が実現した!京極堂に堤真一、関口に永瀬正敏、榎木津に阿部寛、木場に宮迫博之、久遠寺涼子と梗子の二役に原田知世、京極堂の妹・敦子に田中麗奈、涼子の母・菊乃にいしだあゆみ。 >>続きを読む


TANNKA 短歌


評価 件、

女流歌人・俵万智が、読売新聞紙上でセンセーションを巻き起こした処女小説「トリアングル」を原作に、女性のしなやかな官能美を描く物語。

ココロもカラダも満ちたりた大人の愛で包み込んでくれる年上の“彼”と、本能のまま自分を求め、刺激をあたえてくれる年下の“彼氏”。ふたつの全く異なった愛の形の中で、仕事に恋に満ちたりていた薫里も少しづつ自分の生き方に疑問を感じていく…。主人公・薫里を演じるのは、「忍 SHINOBI」など映画、ドラマ、CMと幅広く活躍している黒谷友香。本作が映画初主演作品となる。その薫里に純粋な想いを寄せるヴァイオリニスト圭を演じるのは、黄川田将也。183cmの長身に、少年のような格好よさを持つ期待の成長株。そして大人の恋を手ほどきするカメラマンMを演じるのは、大人の魅力あふれる村上弘明。そして、女性の心と官能の変遷を美しく描くことのできる監督として、 >>続きを読む


蒼白者 A Pale Woman


評価 件、

ひとりの男の愛を求め、情熱に取り憑かれて危険な計画に手を染めるヒロインの戦いを描く、ニュータイプの「娯楽アクション映画」が誕生!

等身大の映画が氾濫する日本映画に風穴をあけるべく、「大阪の犯罪一家を舞台に、血と硝煙の中で自らの愛を貫き通す韓国人助成の情念のドラマ」という異色の題材、破格のヒロインで勝負に出た本作。撮影も、大阪鶴橋のコリアンタウンが全面協力。東京制作の映画ではお目にかかれない舞台で濃密なドラマが展開するのも魅力だ。キム・コッビは『息もできない』での激情をぶつける演技とは対極に、クールな無表情のの中に女の愛憎を無限のニュアンスで表現。鮮烈なヒロイン像を体現している。彼女の愛を一身に受ける男・シュウに忍成修吾。内面に純粋さを保ちながらも生き方を見失い、漂うように生きる男という難しい役柄に挑み、新境地を開拓している。 >>続きを読む


陽だまりの彼女


評価 件、

切なさと優しさが溢れ出す《ファンタジック・ラブストーリー》

湘南を舞台に、愛されることよりも愛し続けることを選んだ一世一代の恋(うそ)が起こす“二つの奇跡”。真緒が浩介を慕う一途さが起こす再会の奇跡。そして、真緒を愛する浩介の想いが起こす、もう一つの奇跡とは―?彼女の秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへ! >>続きを読む


クソすばらしいこの世界


評価 件、

日韓米のアイデンティティ入り乱れる、鮮血の大惨事が幕を開ける…!ジャパニーズホラー界に、かつてない本格スラッシャームービーが登場した!

“国際化”の裏で確かに存在する国家間の溝、それは異なる者への恐怖へと形を変え誰もが想像し得なかった衝撃的展開を迎える…!残酷映画が続く地獄絵図を作り上げたのは本作が長編デビューとなる新鋭女性監督、朝倉加葉子。アメリカの制作プロダクションが参加し、全編ロサンゼルスロケを敢行。『息もできない』での強烈な演技が印象的なキム・コッビが初めてのホラー主演で本作に挑む。共演は、『ムカデ人間』の北村昭博。女性監督によって作られた映画史上、最も残酷な作品が誕生した!! >>続きを読む


日本の悲劇


評価 件、

日本中を騒然とさせた無縁社会が生む現実。『春との旅』に続く小林政広の到達点。

2010年7月、父親の年金が生活のよりどころだった長女が父親の死後もその死を隠し続け、年金や給付金を不正に受け取っていたという事件が報じられた。この事件に衝撃を受けた監督・小林政広は“遺書を書くような気持ち”で本作の脚本を書き上げたという。外部との接点をなくした極限状態の家族が、その果てに選ばざるを得なかった究極の愛の形――。『日本の悲劇』は誰の身にも起こりうる私たち家族の物語といえるだろう。『バッシング』『春との旅』と、常に現代の日本を真正面から見据える大胆なテーマに挑み、カンヌをはじめとする世界各国の映画祭で称賛されてきた映画作家・小林政広。本作では、ある家族の崩壊をとおして日本が陥っている「無縁社会の深淵」を描く。 >>続きを読む


爆心 長崎の空


評価 件、

母から娘へ、娘から母へ――想いを、生命(いのち)を繋げる物語。

芥川賞作家であり現・長崎原爆資料館館長の青来有一氏原作「爆心」(谷崎潤一郎賞/伊藤整文学賞)を、実写映画「火垂るの墓」で高い評価を得た日向寺太郎監督が映画化。6つの作品からなる連作短編小説をもとに、母を亡くした子と、子を亡くした母の二人の物語を1本の糸を紡ぐように構成し、キリスト信仰が根ざす被爆地・長崎に暮す人々のごく当たり前だけどかけがえのない暮らしに差し込む一筋の希望を描く感動の物語です。ピアノが奏でる美しい旋律は、日本を代表するジャズピアニスト・小曽根真の音楽。本作で初めて映画音楽を担当する。同様に映画のために初めて詞を書き下ろした印象的な主題歌「ひまわり」を唄うのは、ソウルシンガー・小柳ゆき。 >>続きを読む


風切羽 ~かざきりば~


評価 件、

虐待を受け育った若者が引き起こす、ある事件――それでもあなたは無関心でいられますか

風切羽とは、鳥の両翼の後縁にあって、飛ぶ時に風を切る長くて強い羽毛のこと。インコをペットとして飼う場合、飼い主によってはインコが飛んで逃げてしまわないように、鳥が飛ぶときに一番重要な『風切羽』をハサミで切り落とす。いわば人間のエゴによって鳥の体の一部を傷付け、自由を奪うのである。一方で、言うことを聞かない我が子を力で押さえつける「しつけ」という名の体罰がある。これは度が過ぎると「虐待」であり、鳥かごならぬ家庭という密室で不適切な扱いを受け続ける。幸いにも鳥の羽根は再生し、再び飛べるようになるが、虐待を受けた子どもは実際にどういう経験をするのか。そして子どもの頃に負った傷は、大人になってどういった影響を及ぼすのか…。 >>続きを読む


非金属の夜


評価 件、

都市の暗部をリアルに描く鮮烈な青春ドラマ誕生!

希望を失った少女 一人の少女、ナツは歩いている。人とのふれあいを拒絶し、心に希望や情熱も持たず、未来も現実も無い社会をただ冷視する事だけで、彼女は生き抜いてきた。ある日、ナツは同じ様に街をさまよう少女、美月と知り合う。人懐っこくまとわりつ美月になにかを感じたナツは、彼女と一夜を共にする。次の日、美月が気になっていたナツは、一人の少女の自殺を耳にする。それが美月だと直感したナツは、その死への痕跡を探し始めるが、この街では誰もが人には心開かず、自分以外には無関心だ。むしろ美月の存在など無かったかの様だ…感情が冷めていたナツの心は小さくゆれる。 >>続きを読む


じんじん


評価 件、

ひとりの俳優が絵本の里で見た、子どもたちの明るい未来を映画に託し、すべての親と子に贈る。

すべては2007年、俳優の大地康雄が訪れた北海道の小さな町・剣淵町から始まった。そこでは、約20年前から“絵本”を真ん中に、人と人の心が通う「絵本の里づくり」を掲げ、町民は仕事の合間をぬって子どもたちに絵本を読み聞かせ、豊かな心を育んでいた。その想いは町のすみずみまで届き、人々が助けあうまでに成長。大地が見たのは絵本に目を輝かせる子どもたちであり、親と子の明るい未来だった。そして、ひとりの俳優は<絵本の力>と<親子の絆>を描いた映画づくりを始める。その通りに共感する人々が集まって誕生したこの映画から、あたたかな感動とやさしい気持ちが“じんじん”と広がっていく。 >>続きを読む


極道の妻たち Neo


評価 件、

妻(おんな)から妻(つま)へ――。黒谷友香を主演に迎え、新たな<極妻>伝説がここに始まる。

あの《極妻》が帰ってきた。家田荘子渾身のルポルタージュ「極道の妻(つま)たち」を原作とし、映画『極道の妻(おんな)たち』は製作された。記念すべき第1作の主演は岩下志麻。五社英雄が監督を務め、1986年に公開されるや爆発的なヒットを記録。大きな話題を呼び、翌1987年には『極道の妻たちII』、1989年に『極道の妻たち 三代目姐』など次々と続編が製作されることになった。岩下志麻、十朱幸代、三田佳子、高島礼子といった大女優たちが主役を演じ、不動の人気シリーズに成長。ここまでのシリーズ累計製作本数、実に15本。累計観客動員数は670万人を突破。ビデオ・DVDなどのソフト販売本数も合計70万枚を突破している。過去最終作が作られた2005年から8年。 >>続きを読む