最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly
戦争と一人の女


評価 件、

今蘇る、昭和官能文藝ロマン若松孝二の反骨精神を継ぐ者たちが過激に描く、性と暴力の饗宴

監督は若松孝二の弟子として、満を持して長編デビューとなる井上淳一。脚本は『Wの悲劇』(1984)『大鹿村騒動記』(2011)など数々のの受賞歴をもつ荒井晴彦と中野太。坂口安吾の「明るいニヒリズム」を見事に現代に蘇らせている。また、『ユリイカ』(2000)他の監督・青山真治が音楽を担当、デカダンなタンゴが全編に流れる。先ごろ亡くなった日本映画録音界の巨匠・橋本文雄が録音監修として参加。ヒロインは若手有望監督に次々と起用されている個性派・江口のりこ、渇いた愛しさと大胆な艶技が話題を呼んでいる。無頼派の作家には、『ションベンンライダー』(1983)で相米慎二監督に見いだされ、今年芸能生活30年を迎えた永瀬正敏が新境地に挑戦する。片腕の帰還兵に『playback』(2012)の好演も評価された村上淳。 >>続きを読む


図書館戦争


評価 1 件、 5

守りたいものがある。本と恋と自由の王道エンターテインメント!

国家によるメディアの検閲が正当化されている時代・正化。そんな時代に本を読む自由を守るために図書館側から生まれた自衛組織「図書隊」。銃器を手にした検閲組織・メディア良化隊と日々激しい戦いを繰り広げながら、時に笑い、時に泣き、時には恋にも落ちる。それが『図書館戦争』の物語です。鬼教官の堂上(どうじょう)と純情新人隊員・郁(いく)を演じるのは岡田准一と榮倉奈々で、実はこの2人はファンによる仮想キャスティングの第1位コンビ。その他にも田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、栗山千明、石坂浩二ら豪華共演陣も出演。監督は『砂時計』『GANTZ』の佐藤信介。 >>続きを読む


tokyo.sora


評価 件、

現実の厳しさ、孤独、こわれてしまいそうな夢、ほのかな愛。「東京の空」だけが彼女たちのすべてをみつめ、見ず知らずの存在だった彼女たちを結びつける。「気持ち」というかたちにしにくいものを表現するために、「脚本」のかたちにしてしまうことはふさわしくない。本作が初監督となる石川寛は、構成はきっちりきめながらもあえてシナリオをつくらなかった。感情があふれてくるまでゆっくりと時間をかける撮影方法は、『資生堂マシェリ』や『GOAください』などのCFディレクターでもある石川寛がつちかってきた独自のスタイルである。彼女たちは、役柄を「演じる」のでなく、「生きる」ようになる。 >>続きを読む


リアル ~完全なる首長竜の日~


評価 件、

昏睡状態から目覚めさせるため、きみの〈頭の中へ〉潜入する。『このミステリーがすごい!』大賞受賞の傑作、衝撃の映画化!!

カンヌ、ベネチア、ベルリンなど数々の国際映画祭で賞を受賞、海外から高い評価を受け続ける“世界のクロサワ”こと黒沢清監督が、観る者の感性の扉を開く。人間の本質をおそろしいまでに美しく表現。独特の映画のルールに驚きながら、不思議な感覚を存分に堪能する、全く新しい<体感映画>がここに誕生した。主人公は、昏睡状態の患者と意思疎通ができる<センシング>という方法で、自殺未遂により眠り続ける愛する人の頭の中へ入っていく―。やがて主人公は〈仮想〉と〈現実〉が混沌とする意識の迷宮を恋人とともに彷徨い、記憶の底に埋もれていた首長竜の絵の謎と衝撃の真実に辿り着く。 >>続きを読む


くちづけ


評価 件、

見届けて欲しい。この<事件>を――父と娘の、愛の物語。

原作は、ヒットメーカー宅間孝行。自身の劇団〈東京セレソンデラックス〉(12年に解散)のために書き下ろし、24,000人もの観客を号泣させた感動の戯曲を、時代を象徴する話題作や『明日の記憶』『MY HOUSE』等の社会派作品を手掛ける堤幸彦が映画化。物語の舞台は、知的障害者たちの自立支援のためのグループホーム〈ひまわり荘〉。いっぽんは娘マコを連れて〈ひまわり荘〉に身を寄せる。30歳のカラダに7歳のココロをもった、天使のように無垢な娘マコを演じるのは、映画初主演となる貫地谷しほり。娘に尽くす父・愛情いっぽんに、竹中直人。ひまわり荘の住人で、いっぽん以外には開かなかったマコの心の扉を開ける王子様・うーやんに宅間孝行。 >>続きを読む


秘愛


評価 件、

秘密の愛―あなたはこれを「不倫」と呼べますか?哀しい選択―背負った過去と、現在の幸せ。心震えるラブストーリー。

暗い過去を背負い心を閉ざす主人公・透を演じるのは、実力派俳優・山本太郎。男らしい役柄や個性的な役柄まで幅広く演じてきた彼が今回挑んだのは、愛に揺れる男。ストレートな純愛を演じきる彼についていくのが、モデルとしても活躍する新進女優・福間文香。八木菜々花、丸尾歩、淵上泰史という若手を、芸人・小島よしお、そして、本宮泰風が支える配役となった。監督は、「たとえ世界が終わっても」の野口照夫。「さまよう獣」など近年は脚本家として劇映画を描いてきた彼が、自らのオリジナル脚本に息を吹き込み、珠玉のラブストーリーを完成させた。 >>続きを読む


凶悪 キョウアク


評価 件、

獄中からの告白。先生と呼ばれた男。死の錬金術師。衝撃の真実。

「死刑因が獄中から告発した殺人事件を、ある雑誌のジャーナリストが追い、首謀者逮捕に至らせた」という他に類を見ない実在の凶悪事件の全貌を描いた、驚愕のベストセラー・ノンフィクションが個性溢れるキャストを迎え映画化される。事件の真相を暴きだそうとする主人公のジャーナリスト・藤井には、その表現豊かな演技に海外からも熱い視線が注がれている山田孝之。復讐心をたぎらせ獄中から未解決事件を告発する死刑因・須藤役に大人気テクノバンド・電気グルーヴのメンバーであり、俳優やタレントとしても活動する、ピエール瀧。告発された殺人事件の首謀者として目される“先生”役をさまざまな分野で活躍するリリー・フランキーが演じ、悪の権化ともいうべき絶対的“凶悪”を怪演。 >>続きを読む


探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点


評価 件、

【俺】×【相棒】そして【美女】×【強敵】×【友人】役者は揃った。「イッツ・ア・ショータイム!!」予測不能の【映画】が帰ってくる!!

札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描いた映画『探偵はBARにいる』がいよいよ帰ってくる!おなじみ探偵×高田の名(迷?)コンビが挑む事件は、今回はさらにスケールアップ。ススキノから室蘭へと飛び出したスリリングな珍道中、ノンストップのガチンコアクション、大群衆の中で繰り広げられる圧巻のクライマックス、その果てに待つ予測不能の結末…。新たなスパイス満載で贈るシリーズ第2弾は、前作を知らずとも楽しめること間違いなし!三枚目のようで、キメるところはビシっとキメる。ご存知ススキノの探偵を演じるのは言わずもがな、大泉洋。 >>続きを読む


母の唄がきこえる


評価 件、

あなたに、帰る家はありますか?故郷の思い出はありますか?そして、家族を愛していますか?

この作品では全編にわたり、父娘のモノローグで綴るという大胆な構成を試みています。実際に廃止となった長野電鉄屋代線沿線を舞台に、廃止となる貴重なその瞬間までもとらえながら、たとえ失われてゆくものはあっても、変わらぬ故郷を想う心、そして家族を想う心の美しさを描いていくものです。鉄道員の父を演ずるのは「ラストサムライ」、「キルビル」、「BUNRAKU」、「CUT」等、近年は海外の映画でも重要な役どころを演じ、その存在感を誇示する名優、菅田俊。二人の娘の妹役にはインデイーズからメジャー作品(「ヘヴンズ ストーリー」、「YUMENO」等)までその強烈な個性を余すところなく発揮し続ける気鋭の映画女優、菜葉菜。 >>続きを読む


HK 変態仮面


評価 件、

今度の正義は、パンティを被るだけで世にはびこる悪を倒す!

主役の色丞狂介を演じ、本作で単独初主演を飾る鈴木亮平は、小栗旬が「亮平以外には考えられない」という期待に応え、変態仮面の筋肉質な体を作るため、15kgの増量を行い、そこから体脂肪を削ぎ落とすというハードな役作りに1年以上掛け挑んだ。高校生とヒーローという二面性のある役柄を見事に演じ分け、奇跡の具現化に成功している。ヒロインの愛子ちゃんを演じるのは、「仮面ライダー フォーゼ」のヒロインを演じ注目された清水富美加。「仮面ライダー」ヒロインから「変態仮面」ヒロインへと華麗?な転身を遂げた。「勇者ヨシヒコ」シリーズのムロツヨシと佐藤二朗。 >>続きを読む


少年H


評価 件、

「戦争」という激流の渦に巻き込まれながらも、勇気、信念、愛情をもって生き抜いた、「名もなき家族」の真実の物語。

1997年に妹尾河童の自伝的長編小説として刊行され、ユーモアあふれる文体と魅力的なエピソードが、世代を超え、時を超え、読者の心を掴み、国民的ベストセラーになった「少年H」がついに映画化を果たします。昭和初期の激動を描く古沢良太の脚本と降旗康男の演出は、美しく異国情緒あふれる神戸の街が戦争で荒廃していく中、少年H一家が時流に流されることなく、強くたくましく生き抜く姿を描き出します。そして「少年H」の父と母を演じるのは、水谷豊と伊藤蘭。実際の夫婦でもある二人が“夫婦役”を演じるという奇跡の共演が実現します。 >>続きを読む


奇跡のリンゴ


評価 件、

絶対不可能といわれていた無農薬リンゴに挑んだ家族。感動の実話。

リンゴはとてもデリケートなくだもので、年に何度も農薬や肥料をやり、気の遠くなるほどの手間をかけてやらないと絶対に実らないと言われています。この映画は無農薬による栽培で甘くて美味しい“奇跡のリンゴ”を生み出したある家族の物語です。主人公の木村秋則には「舞妓Haaaan!!!」、「マルモのおきて」など映画、テレビの他、舞台、音楽と非凡な才能を見せる阿部サダヲ。妻・美栄子には高い演技力と女性から圧倒的な支持で確固たる地位を確立している菅野美穗。そして秋則の義父には名優・山崎努。 >>続きを読む


らくごえいが


評価 件、

3席の落語を題材にした短編オムニバス映画と7人の落語家のインタビューを束ねたえいがです。

「らくごえいが」は、「落語の映画」ではありません。「古典落語」の演目を原作としながらも、舞台を現代に置き換えた「らくご」の映画です。落語家・桂三四郎が、落語には欠かせない「枕」で3本の短編映画をナビゲート。まるで、3席の落語を楽しむようなカタチに仕立てています。さらに注目していただきたいのは、若手から大御所まで7名もの落語家さんから届いたコメントたち。映画をご覧頂いたご感想を、インタビュー映像として収めています。皆様のご感想と、落語家さんのそれとを比べてみるのも面白いかも知れません。 >>続きを読む


桜、ふたたびの加奈子


評価 件、

生きることは、喪失を乗り越えていくこと。儚いからこそ美しい桜をモチーフに、母と子の絆、いのちの不思議を描く感動の物語。

亡くなった娘に会いたい。そんな母の一途な想いが、数々の巡り合わせを呼び、傷ついた人々を再生へと導く――。幼い娘・加奈子をなくした深い悲しみから、やがて、その生まれ変わりに会いたいと願うようになる母親・容子役を、いま女優としてもっとも鮮烈な輝きを放つ、広末涼子。悲しみにくれる妻を支えたいと願いながらも、現実を受け入れられない彼女に苛立ちも感じ、心揺れる夫・信樹を演じるのは、国民的人気を誇るSMAPの稲垣吾郎。さらに、容子が加奈子の生まれ変わりだと信じる子供を宿す女子高生のシングルマザー・正美に、多くの映画・ドラマで確かな演技力を魅せる福田麻由子。正美を見つめる高校生・直也にドラマでの活躍が注目を集める高田翔(ジャニーズJr.)。登場人物全ての接点になる古本屋の店主に、江波杏子と豪華キャストが集結しました。 >>続きを読む


モンスター


評価 件、

ただ愛されたかった…。最後にたどりつくのは、破滅か、幸せか?

美しくなりたい――女性なら誰しもが抱く願望を、究極の形で突きつめた百田尚樹の同名小説「モンスター」。「永遠の0(ゼロ)」などで知られる百田作品の中でも、とくに問題作とされる本書は、女の本質ばかりか、男の愚かさ、傲慢さまでも見すえた辛辣な物語が、女性を中心に圧倒的な支持を受け、30万部を突破するベストセラーとなった。主演を務めるのは、7年ぶりの主演映画となる高岡早紀。しっとりと大人の色気を漂わせる彼女が、“バケモノ”と呼ばれた未帆(和子)の高校時代から、完璧な美貌で男を惑わす姿までを一人で演じ切り、愛を求め続けた女の心の叫びをリアルに体現する。 >>続きを読む


だいじょうぶ3組


評価 件、

松浦西小学校5年3組の担任としてやってきたのは、手と足がない先生でした!

主人公である補助教員・白石優作を演じるのは、国分太一。第62回毎日映画コンクールで男優主演賞を受賞した『しゃべれども しゃべれども』(07年/平山秀幸監督)以来、6年ぶりに映画主演を務める。TOKIOとしてのアーティスト活動はもちろん、バラエティ番組やスポーツキャスターなど様々な分野での活躍は周知のとおり。白石と幼なじみの新任教師・赤尾慎之介を演じるのは、乙武洋匡。大学在学中に出版した「五体不満足」が多くの人々の共感を呼び、卒業後はスポーツライターとして活躍。2007~2010年まで務めた小学校教師の体験をもとに、小説「だいじょうぶ3組」を執筆。映画化にあたり、自身がモデルの赤尾先生役を演じ、俳優に初挑戦した。 >>続きを読む


桜並木の満開の下に


評価 2 件、 1.5

震災後の茨城県日立市を舞台に、理不尽な運命に翻弄される男女の物語

『桜並木の満開の下に』は、突然の事故で最愛の夫を失いながらも、その悲しみを乗り越えようとするヒロインの心の葛藤を美しい桜並木を背景に描いたラブストーリーだ。監督は『ビッグ・リバー』、『フタバから遠く離れて』等で国際的にも評価の高い舩橋淳(ふなはしあつし)。本作を含め、監督作品5本のうち4作品がベルリン国際映画祭に招待されるという快挙を果たした。本作は茨城県日立市の映画製作支援制度「ひたちシネマ制作サポートプロジェクト」の助成を受けて製作され、ロケ場所提供、エキストラ、炊き出しなど日立市民による様々な協力を得て撮影が行われた。映画のクライマックスを彩るのは「日本のさくら名所100選」にも選ばれた平和通りの桜。ライトアップされた見事な夜桜が圧倒的な印象を残す。 >>続きを読む


デンデラ


評価 件、

老いて生きる、は罪なのか。

故・今村昌平監督がカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『楢山節考』から28年。今村監督の息子・天願大介監督が、佐藤友哉の同名小説を基に、姥捨山伝説の後日談を描き出す。一度は死ぬため山に捨てられながら、幾多の困難にもめげず「生き抜く」力を取り戻していく主人公を浅丘ルリ子が演じるほか、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子など日本映画界を代表する名女優が集結し、老いるとは何か、生きるとは何かを熱のこもった演技によって表現している。今を乗り越えようとする老女たちが、人の持つ生命力を呼び覚ます話題作だ。 >>続きを読む


ボクたちの交換日記


評価 件、

青春の全てを捧げ駆け抜けた、あるお笑いコンビの感動の物語。

ピュアで残酷なお笑い界の舞台裏を、自らもウッチャンナンチャンとして活動する内村光良だからこその視点で描きだす。お笑いコンビ「房総スイマーズ」を演じるのは、ダブル主演の伊藤淳史と小出恵介。夢を追いかける姿、壁と向き合い、悩み、葛藤していく実力派2人は必見。そして、長澤まさみ、木村文乃、川口春奈らが、不器用な2人を支える重要な役どころで参加。主題歌は、春に解散となるFUNKEY MONKEY BABYSの書き下ろし楽曲「サヨナラじゃない」。 >>続きを読む


プラチナデータ


評価 件、

それは明日かもしれない、近い将来の日本。

【プラチナデータ】から犯人を特定する最先端のDNA捜査が可能になり、検挙率100%、冤罪率0%の社会が訪れようとしていた。神楽龍平は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する、天才科学者。いくつもの難事件を解決してきた彼は、DNA捜査の重要関係者が殺される連続殺人事件を担当することに。しかし、わずかな証拠からDNA捜査システムが導き出した犯人は、なんと、神楽自身だった―― まったく身に覚えがない神楽は逃亡を決意。“追う者”だった神楽は自ら作り出したシステムによって“追われる者”に。 >>続きを読む


ぼっちゃん


評価 件、

狂気か正気か乱痴気か!容赦なき最強の友情愛情映画

大森監督が本作を書こうと思ったのは、なぜ加藤智大が凶行に及んだのか ということだった。加藤はネット上の掲示板に大量の書き込みをしている。『時間です』と締められる、その書き込みに衝撃を受けたという。彼は実際怪物だったのか?発狂した殺人鬼なのか?彼は同じ空の下にいる私たちの隣人で、同じ空気を吸い、同じ景色を見ていた。彼を別物と規定することは、この事件の核心から目を逸らすのと同じことだ。なぜ彼は凶行に及んだのか。いや、どうしたら彼は凶行に及ばなかったのか。人ごとではない、これは私たちの問題だ。 >>続きを読む


俺はまだ本気出してないだけ


評価 件、

大黒シズオ(41歳)、バイト暮らし。“迷子のおとな”アドベンチャー

「このマンガがすごい!」にランクインした人気原作「俺はまだ本気出してないだけ」をもとに、監督・脚本を手掛けるのは「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」「コドモ警察」等の福田雄一。最強にダメダメ主人公を堤真一が演じるという「驚異のキャスティング」で話題沸騰。共演には橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司ほか個性的にして豪華な面々が顔を揃えました。すべての迷えるおとなに贈る、“迷子のおとな”アドベンチャー。 >>続きを読む


藁の楯 わらのたて


評価 8 件、 1.75

懸賞金10億円のクズ(―凶悪犯―)を命懸けで移送せよ!

「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。」前代未聞の新聞全面広告に、日本中が揺れた!広告主は巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。幼い孫娘を惨殺した男、清丸の首に懸賞金を懸けたのだった。命の危険を感じた清丸は、潜伏先の福岡で出頭する。全国民の殺意が向けられる中、48時間以内に清丸の身柄を警視庁に移送するため、5人のSPと刑事が選ばれた。護衛対象は“人間のクズ”。命懸けの移送が始まる…。一般市民、警察官、機動隊員までもが執拗に命を狙ってくる。 >>続きを読む


サヨナラ COLOR


評価 件、

すっぱく甘い珠玉の竹中直人監督ラブストーリー

『無能の人』(’91)で鮮烈な監督デビューを飾って以来、多方面で活躍を続ける傍ら秀作を発表し続ける異才・竹中直人監督の『連弾』(’01)から四年ぶりとなる待望の新作。馬場当のオリジナル脚本を読み、日本が誇るファンクバンドSUPER BUTTER DOGの名スローバラード「サヨナラCOLOR」を想起した竹中が、自身のアイデアも織り込みながら馬場と共同で脚本を執筆、すっぱく甘い珠玉のラブストーリーが誕生した。女優の新たな面を引き出すことには定評のある竹中が、風吹ジュン、鈴木京香、中山美穂、天海祐希に続いて選んだヒロインは、原田知世。 >>続きを読む


草原の椅子


評価 件、

日本から世界最後の桃源郷、フンザへ。それは、希望へ旅立つ物語。

大人のための素敵な寓話が誕生した。登場人物たちの心の葛藤が、時にユーモラスに、時に優しく丁寧に綴られ、人生の岐路に立った者たちに向けて温かな希望を投げかける――。原作は、登場人物の繊細な心の動きや、大自然の描写の美しさで絶賛されている宮本輝の同名小説であり、長きに亘って映像化は不可能とされていた。その名作を、『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最多10部門を受賞するなど2011年の映画賞を総ナメにした成島出が監督。原作と同じ舞台設定となるパキスタン・フンザで、日本映画初の本格的な長期ロケを敢行し、見事な映像を納めることに成功した。キャストには、憲太郎役に優しさと強さを圧倒的な存在感で表現する佐藤浩市、親友の富樫役に、ジャンルを越えた活躍を続ける西村雅彦、貴志子役に、幅広い世代の女性に絶大な支持を得る吉瀬美智子が配されるなど、見ごたえ十分な布陣となっている。2013年必見の感動作が、あなたのもとへ訪れる。

>>続きを読む