最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: いまおかしんじ

苦役列車


評価 4 件、 3.25

世間をあっと言わせた西村賢太の私小説、まさかの映画化!

第144回芥川賞を受賞した西村賢太の「苦役列車」。19歳の肉体労働者、北町貫多のどうにもひねくれた青春を綴ったこの小説。その熱狂的な読者を獲得している本作が映画になる。主演は『モテキ』の超絶的な快演で現代を生きる男子のリアリティをダイナミックに体現した森山未來。孤独と鬱屈にねじり曲がりながら、なぜか憎めない貫多のひそやかな愛嬌を演じる。貫多と友情らしき何かが芽生える同僚、日下部役に透明感ある演技で進境著しい高良健吾。そして、AKB48の中心メンバー前田敦子が映画オリジナルのヒロイン、康子に扮する。 >>続きを読む


白日夢


評価 件、

日本全土を衝撃の渦に巻き込んだ「本番映画」公開から28年の時を超えて衝撃の復活!

1981年9月12日に初日を迎えた『白日夢』は挑戦的かつ観客を圧倒するその内容で一大センセーショナルを巻き起こし、成人指定映画としては異例の興行収入15億円の大ヒットを記録。更に、当時無名の愛染恭子を一夜にしてスターの座に押し上げた。そして、28年の時を経て今なお語り継がれる“伝説の問題作”として、その名は映画史に堂々と刻まれたのである。監督として愛染恭子を起用し、より毒性の強い衝撃を観客に提示するために28年の時を経て >>続きを読む


あんにょん由美香


評価 件、

その珍騒動は、1本のビデオテープから始まった―。

2005年に急逝した女優・林由美香の全記録をまとめた書籍『女優 林由美香』によって、彼女が主演した謎の韓国産ビデオ作品が発掘された。作品名は『東京の人妻純子』。林由美香の生前に、きちんと仕事をする機会を得られなかったドキュメンタリー監督の松江哲明は「すごく間違っている」けど「何だかキュート」な同作品に惹かれ、その謎を追うべく取材を開始する。同時にかつて林由美香の代表作を撮った3人の監督 >>続きを読む