最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など

Tag Archives: でんでん

RETURN ハードバージョン


評価 件、

伝説の映画「復讐の天使/KAMIKAZE TAXI」から18年。名匠原田眞人が挑むメディアを超えた新たなる挑戦!

監督・脚本はモントリオール世界映画祭審査員特別グランプリに輝いた「わが母の記」などで国際的評価も高い原田眞人。娯楽アクションから社会派ドラマ、文芸作まで軽々とジャンルを横断してきた名匠が、持てる才能のすべてを注ぎ込んだ渾身の自信作が本作だ。物語と人物設定のユニークさ、斬新なアクション、社会問題への視点、そしてファミリーの絆と、あらゆる要素が盛り込まれた本作は、単なるエンターテインメントを超え、日本にひとすじの希望をも投げかける必見作に仕上がった。主演は監督が絶対の信頼を置く椎名桔平。平凡なサラリーマンから逃亡者 >>続きを読む


清須会議


評価 件、

三谷幸喜と総勢26名の超豪華キャストで贈る笑いと驚きとドラマに満ちた全く新しい歴史エンタテインメント!!!

『THE有頂天ホテル』(06)、『ザ・マジックアワー』(08)、『ステキな金縛り』(11)と立て続けに大ヒットを記録し、日本中を爆笑と温かい感動で包み込む、三谷幸喜監督待望の最新作がいよいよやって来ます!17年ぶりとなる自身による書き下ろし小説を原作としつつも、小説とは全く違ったアプローチで映画化される本作は、三谷が初めて挑む歴史もの。織田信長亡き後、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に、日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる【清須会議】をテーマに、日本映画界を代表する総勢26名の豪華絢爛なキャスト陣を迎え >>続きを読む


桜姫


評価 件、

ようこそ。摩訶不思議なワンダーワールドへ

「相棒シリーズ X DAY」「探偵はBARにいる2」をはじめ、エンターテインメント大作の公開が続く監督橋本一が、本能の赴くままに生み出した狂気の最新作は超クレイジー★エンターテインメント。原案は江戸後期に活躍した四世鶴屋南北「桜姫東文章」。数ある歌舞伎の演目の中でも最もスキャンダラスな本作を、実験的かつ独創的アイディアで現代風にアレンジを施し、エキセントリックな作品へと生まれ変わらせた。主人公の桜姫を演じるのは、女優・モデルと様々フィールドで活躍する19歳の超美少女・日南響子。一途にひとりの男を追い求め“お姫”から“遊女”へと堕ちていく純粋で可憐な少女を、際どいベッドシーンにも挑戦しながら体当たりで演じている。 >>続きを読む


二流小説家 シリアリスト


評価 件、

全米を欺いた史上初の三冠海外ミステリ、衝撃の映画化!!

「このミステリーがすごい!2012年版(海外編)第一位」、「週刊文春ミステリーベスト10 2011年(海外部門)第一位」、「ミステリが読みたい!2012年版(海外篇)第一位」という、海外ミステリー部門として初の三冠達成に輝いた、デイヴィッド・ゴードン著「二流小説家」。ミステリー史に輝く数々の名作――「羊たちの沈黙」「ミザリー」「ボーン・コレクター」「ダ・ヴィンチ・コード」……といった名だたる作品が成し得なかった三冠を獲得した話題作だ。さらに、デビュー作であるにもかかわらず、ミステリー&サスペンス小説の賞としてもっとも歴史と権威のあるアメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞ノミネートも手にした未曾有の傑作。そんな世界が注目する新時代ミステリー小説が、この夏、日本映画としてスクリーンに登場する! >>続きを読む


TOKYOてやんでぃ


評価 件、

春風亭昇太の新作落語を原案とした劇団「うわの空・藤志郎一座」の代表作『悲しみにてやんでい』が堂々映画化!

劇団「うわの空・藤志郎一座」の人気舞台『悲しみにてやんでい』が遂に映画化。寄席の楽屋というワンセットに様々な登場人物が入り乱れ、ハプニングが次から次へと巻き起こる「爆笑&スリリング」を描いた空前絶後のローラーコースター・コメディ。出演は第56回(2012年)岸田國士戯曲賞を受賞したノゾエ征爾ほか、南沢奈央、安達祐実、小松政夫、ラサール石井、でんでん、真野響子ほかスペシャルな面々。監督は『下妻物語』、『姑獲鳥の夏』などの企画、プロデュースに携わり本作がデビューとなる神田裕司。 >>続きを読む


映画 鈴木先生


評価 件、

数々の賞を総なめにした伝説のドラマ、奇跡の映画化!!

「今の学校教育は、手のかからない生徒の『心の摩擦』の上に支えられている――。」そんな現状に問題を感じ、独自の<鈴木式教育メソッド>を駆使して奮闘する国語教師・鈴木先生。生徒会選挙と文化祭の準備に追われる中、緋桜山中学史上最悪&衝撃の事件が発生!どうする、鈴木先生!?

>>続きを読む


希望の国


評価 9 件、 2.89

日本を代表する鬼才監督が日本最大のタブー“原発”を描き出す!

『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』で“性”と“暴力”などのタブーを暴き続けてきた園子温が“原発とともに生きざるをえない日本”をフィクションとして描き出す。いま起きていることは他人事ではない!この国で生きているすべての人にたたきつける、社会派エンタテインメントの傑作誕生! >>続きを読む


その夜の侍


評価 件、

傑作戯曲の映画化。赤堀雅秋監督、鮮烈なるデビュー作。

主演の中村役に堺雅人。一方、ひき逃げ犯の木島役には山田孝之。今回初共演を果たした二人。それぞれこれまで演じたことのない役に挑戦し、綿密に役を作り上げた。特に堺は分厚いレンズ眼鏡をかけ、ぼさぼさの髪に薄汚れた作業着姿の冴えない中年男になりきり、今までにない新たな一面を見せている。その他、新井浩文、田口トモロヲ、綾野剛、谷村美月、坂井真紀、安藤サクラなど、こだわりの豪華俳優人が揃った。監督は、劇団「THE SHAMPOO HAT」の旗揚げ以来、業界でもマニアックかつ熱狂的なファンを持ち、全作品の作・演出・出演を担当してきた赤堀雅秋。 >>続きを読む


大鹿村騒動記


評価 件、

忘れられないけど思い出したくもない女が帰ってきた。

美しき日本の山村で「芸能の原点」を守ってきた人たちの、ホロ苦くもオカシミあふれる群像劇――。名優・原田芳雄が「70代を迎えて、どうしても演っておきたかった」という珠玉の人間ドラマが、最高のキャスト・スタッフを得てここに完成した。監督はデビュー作『どついたるねん』(89)以来、計6本もの作品にわたって原田に熱い眼差しを向けてきた阪本順治。誰もが待っていた「20年越しのガチンコ勝負」の実現に大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、瑛太、石橋蓮司、三國連太郎などの豪華実力派が駆けつけ、遊び心たっぷりに脇を固めている。 >>続きを読む


ひまわりと子犬の7日間


評価 6 件、 2.83

巨匠・山田洋次の精神を受け継ぐ女性監督が贈る感動の実話。

2007年に宮崎県で起こった奇跡の実話をもとに『武士の一分』『母べえ』『おとうと』のスタッフが映画化。監督には、20年にわたり山田洋次監督作の共同脚本、助監督をつとめてきた平松恵美子。巨匠とともに“日本の家族”を見続けてきた女性監督が、心に残る新たな感動作を誕生させます。ひまわりの心を開かせようと奮闘する主人公の彰司役には、『武士の家計簿』『ツレがうつになりまして。』の堺雅人。また彰司を見守る幼なじみの獣医・五十嵐美久役に中谷美紀。さらに、吉行和子、でんでん、夏八木勲、草村礼子、檀れい、小林稔侍など数々の映画賞に輝く実力派俳優、映画初出演となるオードリーの若林正恭ら豪華キャストが集結。これは、信じることで繋がり合う想いを描く、やさしい命の物語です。

>>続きを読む


極道めし


評価 件、

“人生”を懸けて繰り広げる思い出の“めし自慢”バトル!

『かもめ食堂』に負けない料理の美味しさに酔いしれ、『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』と並ぶ笑いと哀愁に心ほぐされ、『タンポポ』に匹敵するほどの優しさに涙する――土山しげるの人気同名グルメ漫画『極道めし』の実写映画化だ。感動の人間讃歌として紡ぎ出すのは、『ブタがいた教室』の前田哲監督。主演は若手注目株の永岡佑。そのほか勝村政信、麿赤兒といった日本映画界屈指の演技派、落合モトキ、きたろー(こんどるず)、木村文乃などフレッシュで味のある俳優たち。そして、監督と旧知の仲であるトータス松本が歌う、坂本九の名曲「上を向いて歩こう」が流れ出すとき、生唾と涙の入り混じった“めし自慢”バトルは、極上の感動作へと昇華する――。 >>続きを読む


まだ、人間


評価 件、

東京の真ん中はからっぽ。僕たちの真ん中には、いったい何があるんだろう。

「死んでいる。生まれ変わりたい。だけど、ずっとこのままでいたい。」様々な価値と喪失を抱え、ひたすらに回り続ける現代の東京。そんな現代都市で、生きることも死ぬことも出来ない人々がいる。変化できず、漂い続け、それでも、もがきながら暮らす人々がいる。そんな生きることに苦悩する三人の男女が、一人の人間の死をきっかけに出会い、やがて愛し合い、同時に傷つけ合うようになる様を描く、‘希望の悲劇’。それが映画『まだ、人間』である。撮影時26歳、 >>続きを読む


劇場版 SPEC ~天~


評価 件、

警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿

警視庁公安部の特別捜査官が、特殊能力(=SPEC)を持った犯人に立ち向かう。そんなハードで謎に満ちたストーリー展開とSFの要素を加えた斬新な映像表現で多くの視聴者を虜にした「SPEC」がスクリーンに登場。戸田恵梨香と加瀬亮の“キレキャラ”コンビや、オリジナリティあふれる堤幸彦監督の世界観も健在。新たなSPECを持つ強敵が登場し、さらなるスケールでバトルを繰り広げる。最大の謎が、ついに明らかになる! >>続きを読む


ヒミズ


評価 件、

魂を揺さぶる衝撃の青春感動作!愛と希望にむせかえる、まさかの「ヒミズ」実写版。

「行け!稲中卓球部」で時代を確立したカリスマ漫画家・古谷実がギャグ路線を完全に封印した超問題コミック「ヒミズ」。渇望されつつも、「まさか」と思われていたこの作品の実写化を実現させたのは、刺激的かつ野心的な作風で今、最も目が離せない監督・園子温。日本の漫画界、映画界を代表する2人がタッグを組んで放つ「ヒミズ」が生みだす驚愕の化学反応は、猛々しく凶暴にして、壮絶に切ない。刃の切っ先を突き付けられたようなヒリヒリする緊張感で、観客の魂を縛り付け、極限まで達した瞬間、その刃を投げ捨て >>続きを読む


CUT


評価 件、

数々の名作に彩られた映画愛溢れる『CUT』が現在の映画界に一石を投じる!

第68回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門のオープニング作品としてワールド・プレミア上映され、10分間のスタンディングオベーションで熱狂的に迎えられた『CUT』。主演の西島秀俊は「満席のお客さんに受け入れてもらえて感無量」と感慨を隠さず、常盤貴子も「賛辞の言葉をいただけ、本当にうれしい」と喜びを語った。メディアも『CUT』の熱気に注目し、賞賛記事が並ぶとともに“映画の真実”を問う本作の内容に論議を呼び話題となった。小津安二郎、溝口健二、新藤兼人、黒澤明 >>続きを読む


死にゆく妻との旅路


評価 件、

1999年12月初老の男が逮捕された。罪状は保護者責任者遺棄致死。272日の旅、走行距離6,000km。壮絶なる愛の実話。

本作は、1999年に実際に起きた保護者責任者遺棄致死事件の当事者である清水久典氏による手記の映画化である。事件から約1年後、月刊誌「新潮45」に2号にわたって掲載され、後に文庫化もされたこの手記は、殆ど宣伝もなしに口コミだけで15万部を売り上げた。――事件の裏には、報道されなかった夫婦の深い愛の物語があった。多額の借金を負い、逃げるよう故郷を飛び出して職探しを続ける夫役に、三浦友和。夫を“オッサン”と恋慕い、強引について来る11歳年下の妻・ひとみ役に石田ゆり子。 >>続きを読む


大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇


評価 件、

>>続きを読む


冷たい熱帯魚


評価 件、

この素晴らしき世界。

誰もが想像を絶する世界…。その衝撃は海外の映画祭で熱狂的に迎えられ、早くも世界10カ国以上で公開が決定。北野武、三池崇史等に続く日本人監督のひとりとなった、園子温。本作は監督の実体験と、1993年の埼玉愛犬家殺人事件や数々の猟奇殺人事件からインスパイアされたダーク・ファンタジー。前作『愛のむきだし』が園作品の<陽>とするならば、本作はまさに<陰>。この2作品を観て初めて、園ワールドの完成形が堪能できるといえるだろう。 一見、幸せに見えるこの素晴らしき世界も >>続きを読む


行きずりの街


評価 1 件、 3

『このミステリーがすごい!』第1位、第9回日本冒険小説協会大賞受賞作、完全映画化!

原作は、熱狂的な人気を誇る志水辰夫の70万部を突破した大ベストセラー小説。主人公の塾講師・波多野には、『ビー・バップ・ハイスクール』で鮮烈な映画デビューを飾り、近年では『劔岳 点の記』などで強い存在感を残してきた仲村トオル。今年デビュー25年目を迎えた彼が、過去と対峙する男の悲哀を、凛々しく勇敢なたたずまいの中に見事溢れ返らせている。気丈に生きるヒロイン・雅子を体当たりで演じるのは小西真奈美。共演には、南沢奈央、窪塚洋介、佐藤江梨子、谷村美月 >>続きを読む


ザ・中学教師


評価 件、

あらすじ・解説:中学教師の三上は、生徒たちに社会のルールを徹底的に教え込むプロ教師だ。登校拒否生徒の親には「家出でもして子供を突き放せ」と言い、「卒業生にはもはや興味が無い。報酬の分だけ仕事をしてこそプロ」と公言する。そのために当然教師の間では異端視され“友達先生”的な女教師とは対立ばかりだ。そんな中、衝撃的な事件が起こる。シンナーを吸って遊んでいた生徒が学校のプールで水死体として発見されたのだ。 >>続きを読む


イエローキッド


評価 件、

ボクサーを目指す青年とマンガ家の描く世界がクロスする、パワフル・エンタテインメント!

マンガとボクシングという、一見両極端に位置するものを並列に描き切り、現実と虚構とを縦横無尽に駆け回る真利子哲也監督のパワフルで正確な演出力と冷徹な人間観察は、まだ28歳の若さで、本作が長編映画デビューというのが信じられないほどに、成熟した印象を与える。 岡本喜八監督を敬愛するという、彼の映画を撮ることに対する気負いが、商業映画としての観客への意識と、映画作家としての表現の間を目指した結果である。劇場長編デビューとなる >>続きを読む


月と嘘と殺人


評価 件、

豪華若手俳優陣競演による本格的群像サスペンス!!

日常生活の中に潜む社会の闇。知らず巻き込まれて行く若者達。真実を求めるために彼らのとった行動は果たして正しい物だったのか。現代社会の闇の部分に真正面から向きあった問題作。本作品で主演を務めるのはミュージカル「テニスの王子様」で人気を博し、現在、ドラマ「交渉人?THE NEGOTIATOR?2」にレギュラー出演中の八神蓮と「ウォーターボーイズ2」でデビュー以来舞台・テレビなどで活躍中の滝口幸広。共演は2作目となる >>続きを読む


ゴールデンスランバー


評価 件、

なぜ!誰が!何のために!首相暗殺犯に仕立てられた無実の男の大逃亡劇

数多のThe Beatles楽曲の中でも最高傑作との呼び声高い「Golden Slumbers」は、最後のレコーディングアルバム「Abbey Road」に収録されている。青柳らは、この曲を聴きながら学生時代を過ごしていた。「ポールは…、バラバラになった皆をさ、もう一度つなぎ合わせたかったんだよ」。仲間たちとの当時の会話が、今の青柳を奮い立たせる。かつての4人の仲間たちとの< 信頼>、それこそが青柳に残された最大の武器だった。 >>続きを読む


ボーイズ・オン・ザ・ラン


評価 件、

熱狂的ファンを持つ原作コミックが、生身の感動でよみがえる!

走って、こけて、また走る、そんな主人公の姿を激動とユーモアをもって描き、圧倒的支持を集めた花沢健吾原作のコミック「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。この傑作に初メガホンで挑んだのは、劇団「ポツドール」の主宰・脚本・演出である三浦大輔。舞台「愛の渦」で岸田國士戯曲賞を受賞。低俗で下品なものの中に潜む”人間の本質”を徹底的にえぐり出す、過激にも見える表現は、演劇界を賛否で熱狂させた。本作でもその才覚は冴え渡り、 >>続きを読む


蟹工船


評価 件、

驚異の大ヒット!再燃べストセラー『蟹工船』映画化!

今から80年前に小林多喜二が発表した小説「蟹工船」。劣悪な環境で働く労働者たちの闘争を描いたこの作品は、プロレタリア文学の最高峰と賞賛され、歴史に名を刻んだ。そして、ある書店の一枚のPOPから始まり、あらゆるメディアにとりあげられ、昨年末流行語大賞のTOP10入りを果たすなど、「蟹工船」は時代を超えて再び脚光を浴びた。この名作を多様な価値観が氾濫する現代へ向けて、新機軸で映画化したのは >>続きを読む