最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: ともさかりえ

100回泣くこと


評価 件、

世代を超えて涙した恋愛小説、待望の映画化!最高に切なく美しいラブストーリーが誕生する!

今、最も目覚しい活躍を見せるグループ“関ジャニ∞”の演技派として映画、ドラマの出演が相次ぐ大倉忠義。満を持して映画単独初主演に挑み、主人公・藤井の葛藤や悲しみを繊細に表現。俳優としての新境地を切り拓きます。ヒロインは女優として『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』、『ツナグ』を始め話題作への出演が続き、キャスターやモデルなど各界で活躍中の桐谷美玲。二人の運命の行方を見守る家族や友人には、ともさかりえ、忍成修吾、波瑠、村上淳、そして、宮崎美子、大杉漣ら豪華俳優陣が脇を固めます。原作は、2005年に刊行された中村航のロングセラー恋愛小説。脚本には『ソラニン』を手がけた高橋泉を迎え、原作にない新しい設定を加わえることで、より一層ドラマティックな物語を創り上げました。 >>続きを読む


ハイザイ 神様の言うとおり


評価 件、

東京×沖縄のコラボが生んだ新感覚のスタイリッシュ・コメディ!

沖縄は北谷町美浜にある人気スポット“デポアイランド”を舞台に繰り広げられる6日と+αの男女の群像劇。それぞれのエピソードが“ある場所”を通じて不思議につながり、誤解が誤解を呼んでささやかなミラクルを起こす、今までの沖縄映画にはないスタイリッシュコメディーの誕生だ!!出演は『ハードロマンチッカー』(11)『桐島、部活やめるってよ』(12月公開予定)の落合モトキ。彼が演じる原沢にユタと間違えられる深谷をともさかりえがキュートに快演。内地から来たカップルには深水元基&吹田早哉佳、不吉な予言に翻弄される女子高生には沖縄県産アイドルグループ・ラッキーカラーズのALISAとMIINA、 >>続きを読む


アブラクサスの祭


評価 3 件、 4.67

音楽(ライブ)とは生きていくこと。

音楽に向き合うことで懸命に生き抜こうとする僧侶と、彼を支えながらも不思議と癒されていく周囲の人々を描いた「アブラクサスの祭」。物語にちりばめられているのは、「自分」をまるごと受け入れる“禅”的ヒント。身近で遠いお寺や僧侶の知られざる日常も覗けるかも?主人公の浄念に、映画初主演となるミュージシャン・スネオヘアー。彼を支える妻・多恵を ともさかりえ がが演じ、夫婦漫才のように絶妙なやりとりを >>続きを読む


ちょんまげぷりん


評価 6 件、 3.83

180年の時を超えて届いた約束。お侍が気付かせてくれた、大切なこと。

木島安兵衛、直参でござる!――シングルマザーのひろ子が出会ったのは、江戸時代を生きていた本物のお侍、安兵衛さん。自分をわきまえ、人には礼を尽くし、どんなことも受け入れる大きな器の持ち主で、約束は必ず守ろうとする。いまや“絶滅”した骨太な男である安兵衛は、ひょっとして働く女性にとって理想のパートナー!?ひろ子のやんちゃな一人息子の友也を合わせ、3人の間に生まれ始めた家族のような絆は永遠に続かないの?『ちょんまげぷりん』が >>続きを読む


いけちゃんとぼく


評価 件、

大人になったあなたに贈る、珠玉の愛のものがたり

文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、手塚治虫文化賞短編賞を受賞している、「ぼくんち」「毎日かあさん」の西原理恵子が、“初めて描いた絵本”である、「いけちゃんとぼく」が待望の映画化!「ぼく」であるヨシオのそばにいつも一緒にいる不思議な生き物“いけちゃん”は、原作絵本からイメージされる質感やテイストを生かしつつ、フルCGで新たに実写映画として生まれ変わる。かわいくて、不思議で、色や形や大きささえも変幻自在な“いけちゃん”。 >>続きを読む


次郎長三国志 大馬鹿者でござんす。


評価 件、

恋、義理、人情、そしてチャンバラ!泣ける泣かせる、痛快娯楽時代劇。

艶っぽく小粋で笑えるオトナの映画「寝ずの番」で初監督、大評判を呼んだマキノ(津川)雅彦が待望の第2作目を完成させました!挑んだのは叔父で日本映画界の巨匠、マキノ雅弘監督の十八番の痛快時代劇“次郎長三国志シリーズ”。チャンバラの迫力のみならず「惚れて、恋して…泣ける!」という恋愛ドラマの要素も充分に含んだ大傑作。次郎長を演じる中井貴一を筆頭に、お蝶に鈴木京香、大政に岸部一徳、森の石松に温水洋一、 >>続きを読む