最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: スネオヘアー

ハイザイ 神様の言うとおり


評価 件、

東京×沖縄のコラボが生んだ新感覚のスタイリッシュ・コメディ!

沖縄は北谷町美浜にある人気スポット“デポアイランド”を舞台に繰り広げられる6日と+αの男女の群像劇。それぞれのエピソードが“ある場所”を通じて不思議につながり、誤解が誤解を呼んでささやかなミラクルを起こす、今までの沖縄映画にはないスタイリッシュコメディーの誕生だ!!出演は『ハードロマンチッカー』(11)『桐島、部活やめるってよ』(12月公開予定)の落合モトキ。彼が演じる原沢にユタと間違えられる深谷をともさかりえがキュートに快演。内地から来たカップルには深水元基&吹田早哉佳、不吉な予言に翻弄される女子高生には沖縄県産アイドルグループ・ラッキーカラーズのALISAとMIINA、 >>続きを読む


犬と歩けば ~チロリとタムラ~


評価 件、

あらすじ・解説:彼女にフラれた男が一匹の捨て犬と出会う。一緒に住んでいた彼女が、家族の看病で故郷に帰るを機に、彼は住む所を失くしていた。同じような境遇の一人と一匹は、行き場もなく途方に暮れてしまう。そんな時「セラピードック」のことを知った彼は、家族の看病にかかりきりの彼女のために、この犬を育てて贈ることを思いつく… >>続きを読む


アブラクサスの祭


評価 3 件、 4.67

音楽(ライブ)とは生きていくこと。

音楽に向き合うことで懸命に生き抜こうとする僧侶と、彼を支えながらも不思議と癒されていく周囲の人々を描いた「アブラクサスの祭」。物語にちりばめられているのは、「自分」をまるごと受け入れる“禅”的ヒント。身近で遠いお寺や僧侶の知られざる日常も覗けるかも?主人公の浄念に、映画初主演となるミュージシャン・スネオヘアー。彼を支える妻・多恵を ともさかりえ がが演じ、夫婦漫才のように絶妙なやりとりを >>続きを読む


つむじ風食堂の夜


評価 件、

「私」と周囲を取り巻く人々の、種も仕掛けもない、心温まる物語。

2002年に筑摩書房より発行され、同社内の最高発行部数を誇る吉田篤弘の人気小説が原作。主役の「私」には『秋深き』に続き、2度目の主演となる八嶋智人。食堂に集まる常連客として、口の悪い舞台女優に元宝塚歌劇団の月船さらら、不思議な帽子店主に下條アトム、古書店主に田中要次、コーヒースタンドの無口なマスターにスネオヘアーが扮する。また、「私」が子供の頃に他界した父親役に生瀬勝久と個性豊かな出演陣が脇を固める。監督には >>続きを読む


非女子図鑑


評価 件、

「非女子だっていいじゃん!!」自分に正直すぎる女子たちの涙くましい物語S(ストーリーズ)

遥か遠い昔、エデンの園にアダムという男と、イブという「非女子」がいた。それから幾多の時が流れた現代、あらたに6人の「非女子」が生まれた―「非女子」たちを主人公にした超ユニークなショートムービー集『非女子図鑑』が誕生!ここにはエデンの園のイブに始まり、現代に生きる6人の「非女子」が登場する。これは、ひたすら個性的なキャスト&クリエイターが、ひたすら自らの欲望に正直に突っ走る「非女子」を描いた、現代の女性にとって >>続きを読む