尾崎豊の音楽にのせて贈る淡く切ないラブストーリー

携帯電話もメールも普及していない近くて遠い過去を舞台に「出会うこと」「会話すること」が今よりずっと大切で、ときめいていた若者たちの青春の記憶。 >>続きを読む