最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 中村勘三郎

座頭市 THE LAST


評価 件、

最初で最後の純愛座頭市。慟哭のラスト。

盲目の流れ者・市が電光石火の早業で人を斬るというアクション時代劇の傑作シリーズ『座頭市』。日本映画の伝説とも言えるそのシリーズは長きに渡って人気を博し、勝新太郎や北野武らによって多くの傑作を生み出してきました。そして、2010年、本作『座頭市 THE LAST』によって『座頭市』シリーズは遂に終焉となります。最後の『座頭市』で描かれるのはまさしく座頭市の人生の最期です。今までの“流浪に生ける無頼”(アウトロー)としての >>続きを読む


ディア・ドクター


評価 1 件、 4

命の恩人か、ただの嘘つきか。笑福亭鶴瓶、一世一代のはまり役!

主演は、映画出演も相次ぐ日本最高のエンターテイナー、笑福亭鶴瓶。棚田が広がるのどかな田園風景を舞台にひとりの男の突拍子もない人生を演じ、圧倒的な存在感をもって観客を一気に巻き込んでいく。伊野と好対照をなす研修医・相馬を演じ、物語にさらに奥行きをもたらすのは映画やドラマに活躍がつづく瑛太。この二人を囲んで余貴美子、香川照之、八千草薫ら屈指の演技派たちが集い、小さな村で起きた大事件の顛末が思いもかけないラストに向かって >>続きを読む


人情噺 文七元結


評価 件、

山田洋次監督、中村勘三郎、夢の顔合わせが実現!

三遊亭円朝が口演した落語が原作の歌舞伎「人情噺文七元結」。2007年10月に新橋演舞場にて上演された名作世話物が早くもシネマ歌舞伎として登場。今回は巨匠・山田洋次がシネマ歌舞伎を初監督。劇場の生々しい臨場感から、人間味あふれる長兵衛の息遣いまで余すところなく捉えた。 >>続きを読む