最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 中村獅童

ガッチャマン


評価 件、

その力は、正義か、破壊か――

日本中が熱狂した伝説のアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」が、40年の時を経て実写映画としてスクリーンに蘇る。舞台は、現代の延長線上にある近未来。“ガッチャマン”を紛れもなく今を生きるヒーローとして描くため、その世界観を大胆にアレンジ。物語も単なるヒーロー映画の枠には収まらない。戦うことの意味を問い、力をもつ者の過酷な運命を綴り、そして善と悪の狭間で揺れる心を描く、重厚なエンターテインメントとして生まれ変わったのだ。力をもつがゆえに、戦うことを強いられ苦悩する若者たち。そんな新たな“ガッチャマン”を演じるのは今が旬の若手俳優人、松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平。 >>続きを読む


ハードロマンチッカー


評価 件、

『バトル・ロワイアル』から11年、再び世に問う、暴力とはなんだ!?

鬼才・グ スーヨン監督が描くこの映画『ハードロマンチッカー』は暴力しか知らない若者達の挽歌である。ACC最高賞をはじめ、数多の広告賞を受賞し、CM業界を中心に映画、TVドラマでも活躍する監督が『偶然にも最悪な少年』(03)、『THE 焼肉ムービー プルコギ』(07)に次いで撮ったのは、故郷・下関を舞台にした終わりなき暴力の連鎖である。主演を務めるのは松田翔太。 >>続きを読む


いぬのえいが


評価 件、

あらすじ・解説:笑ったぶんだけ、楽しくなれる。泣いた分だけ、優しくなれる。「いぬ」と「ひと」の愛情に満ち溢れた物語をリレー形式で描く珠玉のエンタテインメント >>続きを読む


デスノート DEATH NOTE the Last name


評価 件、

あらすじ・解説:デスノートを手にした夜神月は、理想の世界創世を目指し、次々と凶悪犯を粛清し始める。犯罪者が次々に謎の不審死を遂げるなか、人々の間でささやかれ始めた救世主「キラ」の正体に迫ろうとするLに対し、デスノートのルールを駆使し、知略を尽くして捜査網から逃げようとする月。しかし、月もLも知らないところで、まったく予想だにしない出来事が起こっていた。リュークとはまったく別の意思を持つ死神レムが地上に落とした、もう1冊のノート…それを手にしたのは >>続きを読む


男たちの大和 YAMATO


評価 件、

あらすじ・解説:2005年4月、老漁師の神尾克己は内田真貴子と名乗る女性に乞われ戦艦大和が沈んだ場所まで船を出すことに。まっすぐに前方を見据える神尾の胸に、鮮やかに、そして切々と60年前の光景が甦っていく…。昭和16年12月8日、日本軍の真珠湾奇襲によって始まった太平洋戦争はミッドウェイ海戦でアメリカ軍に大敗を喫して以降、形勢が逆転。連合艦隊司令長官・山本五十六大将の戦死、太平洋各地の島々の守備隊は玉砕するなど、日本軍は劣勢を >>続きを読む


レオニー


評価 件、

彫刻家イサム・ノグチを育て、 自らも波乱の時代を生き抜いた一人のアメリカ人女性 レオニー・ギルモアの生涯。

『ユキエ』『折り梅』で家族の絆を描き、のべ200万人を動員、日本中を感動で包み込んだ松井久子監督。3作目は世界の観客に感動を届けたいと、果敢に選んだ題材は彫刻家イサム・ノグチの母レオニー・ギルモアの物語だった。ドウス昌代の「イサム・ノグチ~宿命の越境者」に感銘を受け、推敲を重ねた脚本は14稿、作品完成までの道のりは7年に及んだ。その松井久子の熱意に、フランス・セザール賞の撮影監督永田鉄男や、アカデミー賞に輝く作曲家ヤン・A.P.カチュマレクなど世界で活躍する >>続きを読む


日輪の遺産


評価 件、

>>続きを読む


隣人13号


評価 件、

あらすじ・解説:小学生の頃にうけたイジメの復讐を果たすため、10年ぶりに地元に帰ってきた村崎十三。十三の標的は、凄まじいイジメの張本人・赤井トールだ。復讐を果たす為、赤井と同じ職場に入るが、十三のことなど覚えてもいない。だが十三の体内には、全く別の人格“13号”が宿っていた。凶暴な性格の13号は、トールを殺すことで復讐を達成しようと、その凶暴性を徐々に増していく。ようやく事の重大性に気づいた十三は、なんとか13号を >>続きを読む


BECK


評価 件、

奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベック。青春のすべてが、ここにある。

天才的なギターテクニックを持つ竜介と、自分の才能に気づいていない天性の声を持つ少年コユキ。2人の出会いをきっかけに、個性あふれる5人で結成されたバンド・BECK。本作はコユキの成長と竜介の葛藤を軸に、彼らが様々な苦難を乗り越え活躍していく青春ストーリーである。原作は累計発行部数1,500万部超、第26回講談社漫画賞少年部門を受賞したハロルド作石の大ヒットコミック。不動の人気を獲得した音楽コミックが、原作の魅力をそのままに、遂に実写映画化 >>続きを読む


いま、会いにゆきます


評価 件、

その愛は、心に優しく降ってくる。日本中を感涙で包み込んだ切ないラブストーリー!!

あらすじ・解説:妻に先立たれながらも6歳の息子・佑司と二人で何とか幸せに暮らしている秋穂巧。そんな巧たちの前に、彼らを残して一年前に逝ったはずの妻・澪が梅雨のはしりのある雨の日に現れる。ただ彼女は一切の記憶を失っていた。しかし、巧と佑司はそんな澪を優しく迎え入れ、三人のちょっと不思議な共同生活が再び始まる。記憶のもどらない妻に、自分たちの恋の歴史を語って聞かせる夫・巧。やがて二人は「二度目」の恋に落ちることになる。 >>続きを読む


銀色の雨


評価 件、

温もりと優しさに満ちた“雨宿り”が、あなたの明日を輝かせる!

「鉄道員」をはじめ数々の名作で知られる浅田次郎の同名短編を、『銀のエンゼル』の鈴井貴之監督が鳥取県米子を舞台に映画化。北海道発の全国的ヒットTV番組「水曜どうでしょう」(HTB)でカリスマ的な人気を誇る鈴井監督は、今回初めて北海道を飛び出し、鳥取県と米子市、島根県の全面協力のもと、日本人の“心の故郷”を見事に描きあげた。『ごくせん TEH MOVIE』の賀来賢人、『レッドクリフ』の中村獅童、『リンダ リンダ リンダ』の >>続きを読む


阿修羅のごとく


評価 件、

あらすじ・解説:昭和54年の冬、久しぶりに集まった竹沢家の4姉妹は、70歳を迎える父に愛人と子どもがいることを知らされ、それを機にそれぞれが抱える人生の悩みに直面していく……。かつてNHKで放映された向田邦子・脚本の名作ドラマを、『失楽園』『模倣犯』などの才人・森田芳光監督が映画化。昭和後期の女性たちの生きざまが、現代にも巧みに訴えかける普遍性を伴いながら、観る者に心地よい感動を与える秀作である。姉妹それぞれの >>続きを読む


硫黄島からの手紙


評価 件、

あらすじ・解説:5日で落ちるとされた硫黄島戦を、36日間にも及ぶ死闘へと変貌させた日本軍。この時代に異彩を放ったアメリカ帰りの指揮官、栗林中将のもと、寄せ集めといわれた硫黄島の日本兵は、最後までどう生き、どう戦ったのか? >>続きを読む


R246 STORY


評価 件、

今を代表する6人が246を映画化!!

国道246号線は、いつの時代も音楽やファッションを中心にジャパニーズカルチャーを次々と生み出してきた最先端ストリート。各ジャンルを引っ張る6人がそれぞれの246を切り取っていく。自らフィールドを超え、みなぎる個性をスクリーンに叩きつける!彼らの企画に豪華キャスト・スタッフも共鳴し、全くテイストの異なる刺激的な6本の映画がついに完成した!! >>続きを読む


同窓会


評価 件、

鬼才・サタケミキオの初監督作品は初恋を実らせた二人の離婚から始まる《自分リセットムービー》!!

劇団「東京セレソンデラックス」の主宰?稀代の才人・サタケミキオが、遂に映画監督デビュー&宅間孝行が映画初主演!いっぱしの大人のはずなのに、実はまるっきり大人になりきれてなかった30代男子、通称・かっつ。故郷・長崎県島原で初恋にときめいたあの頃を思い出しながら、本当の幸せに気づいていく彼は、同窓会を開くことで、人生最大の賭けに出るが…。そこには、かっつにとって人生最大のサプライズが待ち受けていた! >>続きを読む


ICHI


評価 件、

「座頭市」が、女になって生まれ変わる。

世界的な人気を誇る名作「座頭市」。そして、その歴史にまた、新たな1ページが加わろうとしている。演じるのは、『僕の彼女はサイボーグ』、TVドラマ「ホタルノヒカリ」の綾瀬はるか。彼女の持つイメージとは180度違う影のあるヒロイン役を見事に演じきり、女性ならではの新しい座頭市像を生み出した。そして監督は、『ピンポン』の曽利文彦。世界的なCGクリエーターとしても名高い彼が初めて挑む“時代劇”。 >>続きを読む


ゲゲゲの鬼太郎


評価 件、

あらすじ・解説:ゲゲゲの森で父親の目玉おやじや仲間たちとのんびり暮らす鬼太郎のもとに、ある日届けられた一通の手紙。それは恐るべき魔力を秘めた< 妖怪石>をめぐり、妖怪界と人間界を揺るがすことになる大事件のはじまりだった。ひょんなことから妖怪石を手に入れたのは人間の実花と健太姉弟。石のパワーを手に入れようと、次々に襲い掛かる邪悪な妖怪たちから2人を助けた鬼太郎は、妖怪石を盗んだ張本人として濡れ衣を着せられ、 >>続きを読む