最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 仲里依紗

BRAVE HEARTS 海猿


評価 1 件、 5

『海猿』シリーズ、新たな航海へ!

世界最大級の天然ガスプラント「レガリア」の爆発事故から2年。仙崎大輔は自ら志願し、海難救助のエキスパートであり最も危険な事案に従事する「特殊救難隊」で後輩の吉岡と共に海難現場の最前線にいた。嶋副隊長の指導の下、日々苛烈な任務に就いていた二人だが充実した毎日を送っていた。大輔の妻・環菜は2人目の子を身ごもり、吉岡にはキャビンアテンダントの美香という恋人が出来ていたのだ。そんな折、美香の搭乗するジャンボ旅客機が羽田空港を目指し飛行中、エンジンが炎上し飛行が困難な状況に陥る。 >>続きを読む


モテキ


評価 件、

西暦2011年、かつてない恋愛娯楽映画がついに誕生!!!

あの160万部を超える大人気コミックス「モテキ」が、原作者久保ミツロウ書き下ろしによる完全オリジナルストーリーで映画化しちゃった!恋愛偏差値の低いさえない男が、ある日突然訪れた「モテキ」に翻弄されながら、女性たちとの恋愛を通して成長したり(しなかったり)していく様をコメディタッチに描いたハートがバクバクしちゃう痛快ラブストーリー。天才:大根仁監督の度肝を抜く映像、メインカルチャーとサブカルチャーの狭間を往くJ-POPミュージック、純愛⇔エロスを >>続きを読む


ガチ☆ボーイ


評価 1 件、 5

あらすじ・解説:主人公の五十嵐良一は事故で頭を打って以来、眠るとその日にあったことを全て忘れてしまうという「高次脳機能障害」を負ってしまった青年。昨日のことも覚えていられない自分に対して五十嵐は生きる実感を失いつつある。ところが、そんな時に五十嵐はあるものと出会う…。それは、“学生プロレス GAKUSEI PURORESU!!”学生プロレスは本当のプロレスとは違い、コメディ要素が強く、むしろコントに近い一大エンターテインメントなのだ >>続きを読む


ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲


評価 件、

その<5分(-ゼブラタイム-)>が、世界を変える。

舞台は西暦2025年。かつて東京と呼ばれたゼブラシティ。ここでは“メリハリ”という名の恐怖政治が敷かれていた――この世界は何なんだ?ゼブラーマンが地球を救って15年、一体何があったのか?ゼブラーマンの無くした記憶とともにすべての謎が明かされる時、地球存亡を賭けた戦いが始まる! >>続きを読む


時をかける少女


評価 件、

時をかける想いが、2010年に新たな少女の物語として誕生!

時代と世代を超えて、多くの人々を魅了してきた「時をかける少女」。原作者・筒井康隆氏自らの「ダイナミックに過去へ時をかけてみれば?」というアイデアと、「原作発表当時の感動を今の世代にも伝えたい!」という製作陣の想いが実を結び、新たな2010年の少女の物語として生まれ変わった!ヒロイン・芳山あかりに抜擢されたのはアニメーション版『時をかける少女』で >>続きを読む


パンドラの匣


評価 件、

太宰治の一番ポップな青春小説、キラキラとあざやかに完全映画化!

2009年、太宰治(1909?1948)は生誕100年。とはいえ、今なお新しい読者を獲得し続けている“現役”の小説家である。今回、特筆すべきは、同録の時代に、昭和の文芸映画よろしくオール・アフレコに挑戦したこと。ナレーションで表現されるひばりの手紙や、耳なじみのない昭和20年代ならではの言い回しのセリフなど、冨永が太宰の原作を生かした部分が、際立つ結果となった。脚本も手がけた冨永監督は「ひばりの自意識過剰な手紙は、 >>続きを読む


ハルフウェイ


評価 件、

“卒業”を前に揺れる高校生のせつない恋物語

この恋は、きっと永遠――。そう信じて、ひたむきに恋して、懸命に相手と向き合い、相手を思うがゆえに、心傷つく。そんな誰もが経験する初々しい恋の季節に挑んだ本作のメガホンを取ったのは、「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」など数多くの大ヒットドラマを世に送り出してきた脚本家・北川悦吏子。時代の空気感を映し出し、丁寧な心理描写で登場人物たちのドラマを紡ぎ出す彼女は、多くの女性の共感を呼び、恋愛ドラマの >>続きを読む


時をかける少女(アニメ)


評価 件、

∞過去を何度でもやり直せる超能力があったら、あなたは何をしますか?

作家・筒井康隆によって書かれた名作「時をかける少女」(角川文庫刊)は、発表以来40年にわたり、テレビドラマ、映画など、その折々の時代を反映した、文字どおりの「時をかける」物語として幾度となく映像化され、その時ごとのヒロインを生んできた。そして2006年。17才の新たなヒロインが、アニメーションの鮮烈ま映像と、新たな物語、新たな結末とともに現代をかけ抜ける。 >>続きを読む


非女子図鑑


評価 件、

「非女子だっていいじゃん!!」自分に正直すぎる女子たちの涙くましい物語S(ストーリーズ)

遥か遠い昔、エデンの園にアダムという男と、イブという「非女子」がいた。それから幾多の時が流れた現代、あらたに6人の「非女子」が生まれた―「非女子」たちを主人公にした超ユニークなショートムービー集『非女子図鑑』が誕生!ここにはエデンの園のイブに始まり、現代に生きる6人の「非女子」が登場する。これは、ひたすら個性的なキャスト&クリエイターが、ひたすら自らの欲望に正直に突っ走る「非女子」を描いた、現代の女性にとって >>続きを読む


純喫茶磯辺


評価 件、

2008年、もっとも期待されている新進気鋭の吉田恵輔監督!

監督は、06年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭< オフシアター部門>にて、映画『なま夏』がグランプリ受賞し、昨年、初の劇場用映画『机のなかみ』が、“07年の最大の発見”と評されるほど大きな話題を呼んだ吉田恵輔。“愛すべき短所”をキーワードにした本作では、前作以上に巧みな構成のもと、ダメ人間たちの悲喜劇が展開。さらに観終わった後にはなんとも言えない爽快感が約束された、 >>続きを読む