最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 伊藤蘭

くじけないで


評価 件、

200万部のベストセラー詩集が感動の映画化!“90歳からの詩人”柴田トヨさんの物語

柴田トヨ 1911(明治44)年、栃木県に生まれる。裕福な米穀商の一人娘だったが幼い頃に家が傾き、自らも奉公に出て家計を支えるなど苦労を重ねながら明治、大正、昭和、平成と日本の激動の時代を見つめ続ける。33歳で結婚し、長男健一を授かる。健一の勧めで90歳を過ぎてから詩作を始める。98歳で出版した処女詩集『くじけないで』が、詩集としては極めて異例の168万部を超え、第二詩集『百歳』と合わせて累計200万部を超えるベストセラーとなる。詩集はスペイン、イタリア、オランダ、ドイツ、中国、韓国、台湾など海外でも翻訳・出版されている。読む者を常に勇気づける言葉を生み出しながら、2013年1月、101歳で天国に旅立った。 >>続きを読む


少年H


評価 件、

「戦争」という激流の渦に巻き込まれながらも、勇気、信念、愛情をもって生き抜いた、「名もなき家族」の真実の物語。

1997年に妹尾河童の自伝的長編小説として刊行され、ユーモアあふれる文体と魅力的なエピソードが、世代を超え、時を超え、読者の心を掴み、国民的ベストセラーになった「少年H」がついに映画化を果たします。昭和初期の激動を描く古沢良太の脚本と降旗康男の演出は、美しく異国情緒あふれる神戸の街が戦争で荒廃していく中、少年H一家が時流に流されることなく、強くたくましく生き抜く姿を描き出します。そして「少年H」の父と母を演じるのは、水谷豊と伊藤蘭。実際の夫婦でもある二人が“夫婦役”を演じるという奇跡の共演が実現します。 >>続きを読む


大人になった夏


評価 件、

「ピチレモン」のレギュラーモデル・江野沢愛美などが、思春期の女の子を好演!

陸上部に所属しながら、結果が出せず目標を見失っていた藍は、仲良しの桃子の祖母が営む民宿を、夏休みの間手伝うことに。桃子の同級生さくらと3人で慣れない家事や接客を手伝うが、思い通りにいかないことばかりで、いつしか3人の間には溝ができていく。そんなある日、祖母が病気で倒れて入院してしまう。窮地に立たされた3人は、民宿の存続のため、力を合わせ始める・・少女たちの成長を爽やかに描く青春ドラマ。全編に渡って流れる、 >>続きを読む