最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 佐向大

アブラクサスの祭


評価 3 件、 4.67

音楽(ライブ)とは生きていくこと。

音楽に向き合うことで懸命に生き抜こうとする僧侶と、彼を支えながらも不思議と癒されていく周囲の人々を描いた「アブラクサスの祭」。物語にちりばめられているのは、「自分」をまるごと受け入れる“禅”的ヒント。身近で遠いお寺や僧侶の知られざる日常も覗けるかも?主人公の浄念に、映画初主演となるミュージシャン・スネオヘアー。彼を支える妻・多恵を ともさかりえ がが演じ、夫婦漫才のように絶妙なやりとりを >>続きを読む


ランニング・オン・エンプティ


評価 件、

恋愛映画でもコメディーでもシリアスドラマでもない、明日なきヤツらの無情の世界が今、幕を開ける!

主演のヒデジ役に『リンダ リンダ リンダ』『ビルと動物園』の小林且弥。ひょうひょうと適当に毎日をやり過ごす若者を好演。その恋人、アザミ役に『SR サイタマノラッパー』のセクシーアイドル、みひろ。男たちを翻弄する小悪魔的な魅力を存分にふりまく。アザミの計画に巻き込まれる祐一役に大西信満。コンプレックスを抱える男を迫真の演技で体現。また都合よく利用される後輩・田辺役を杉山彦々が演じるほか菅田俊、大杉漣、角替和枝といった >>続きを読む


休暇


評価 件、

他人の命を奪うことで得られる幸せは、果たして本当の幸福と言えるのだろうか・・・?

原作は「戦艦武蔵」「魚影の群れ」「闇にひらめく」(『うなぎ』の原作)の文豪、吉村昭の短編小説。今まで無為に過ごしてきた男が人生を見つめ直すために乗り越えなければならない大きな壁。希望を奪われた死刑因の抱える闇と、彼の未来を奪う使命を託された刑務官たちの苦悩。さらには彼らと関わりを持つ者の深い哀しみと愛情。死刑に至る日々と親子3人のささやかな新婚旅行を通してそれぞれの幸福、家族の絆が >>続きを読む