最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 八千草薫

くじけないで


評価 件、

200万部のベストセラー詩集が感動の映画化!“90歳からの詩人”柴田トヨさんの物語

柴田トヨ 1911(明治44)年、栃木県に生まれる。裕福な米穀商の一人娘だったが幼い頃に家が傾き、自らも奉公に出て家計を支えるなど苦労を重ねながら明治、大正、昭和、平成と日本の激動の時代を見つめ続ける。33歳で結婚し、長男健一を授かる。健一の勧めで90歳を過ぎてから詩作を始める。98歳で出版した処女詩集『くじけないで』が、詩集としては極めて異例の168万部を超え、第二詩集『百歳』と合わせて累計200万部を超えるベストセラーとなる。詩集はスペイン、イタリア、オランダ、ドイツ、中国、韓国、台湾など海外でも翻訳・出版されている。読む者を常に勇気づける言葉を生み出しながら、2013年1月、101歳で天国に旅立った。 >>続きを読む


舟を編む


評価 件、

本年度本屋大賞第一位に輝く、大ベストセラー、感動の映画化!言葉を楽しむ、人生を楽しむ、愛がつまった人間賛歌!

監督は2010年『川の底からこんにちは』で第35回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞、第32回ヨコハマ映画祭新人監督賞ほか数々の賞に輝き、国内外から注目を集める若き俊英・石井裕也。人間のおかしみや情熱を、誠実にストレートに描く作品を世に送り出し、今、最も新作が待たれる監督。映画を優しく彩る豪華俳優陣は、馬締役に松田龍平、香具矢役の宮崎あおいはじめ、馬締の心の支えとなる調子のよい先輩編集者にオダギリジョー。馬締に辞書作りの素晴らしさを教える編集部のベテラン勢は、小林薫、伊佐山ひろ子、そして加藤剛。女性誌から移動してくる若い編集者に黒木華。さらには、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、八千草薫ら、錚々たる演技派が結集し、言葉と人の豊かさを浮かび上がらせる。 >>続きを読む


ツナグ


評価 件、

「本当に大切なものは何か」を観る人の心に問いかける、感動のヒューマン・エンターテインメント大作誕生!

使者(ツナグ)とは――それは、たった一度だけ――、死んだ人と会わせてくれる案内人。生きている人が会いたいと望む、すでに死んでしまった人との再会を仲介する“使者”を表す言葉。使者(ツナグ)の噂は都市伝説のようにまことしなやかに伝わっていて、辿り着けるかどうかは、その存在を知っているか。知って信じるかどうか。そこから」の運、と言われている。運良く辿り着けた場合、ツナグを介して生者と死者が会うのには、いくつかのルールが存在する。 >>続きを読む


明日に架ける愛


評価 件、

海も時代も超え、家族の繋がりを描いた心温まる感動作。

東京・青森・北京を中心に撮影が行われ、日中友好の架け橋となるべく製作された本作は、“受け継がれていく命”をテーマに、「人間の思いやりは国境や民族を越えることができるのか?」と私たちに問いかける。 W主演を務めるのは市井紗耶香とアレックス・ルー。運命の再会 を果たす幼なじみを好演。そして2人を見守る祖母を八千草薫が演じ、物語に暖かさと優しさを添える。そのほか、加藤夏希、馬蘇、大杉漣、山本未來、高嶋政宏ら、実力派俳優陣が集結。監督は『君が踊る、夏』の香月秀之。 >>続きを読む


劇場版テンペスト3D


評価 2 件、 3.5

琉球から沖縄へ――世界遺産・首里城で繰り広げられる歴史エンターテインメント!

日本、中国、欧米列強の狭間で揺れ動く19世紀の琉球王国を舞台に、男として生きる運命を背負った女が繰り広げる波乱万丈の物語――。男の政争、女の嫉妬、次々と主人公に襲いかかる数々の苦難、そして立場と性別を超えた恋。2008年に角川書店より刊行され、多くの作家が絶賛し、瞬く間に読者の心を捉えた圧倒的スケールで描かれる琉球ロマンは、熱狂的な「テンペスト」ブームを巻き起こした。舞台化、NHK BS時代劇でのドラマ化、そして2012年、角川映画初の3D映画として >>続きを読む


日輪の遺産


評価 件、

>>続きを読む


交渉人 真下正義


評価 2 件、 3.5

あらすじ・解説:2004年12月24日、全地下鉄封鎖!警視庁史上、最悪の緊急事態が発生した!最新鋭地下鉄実験車両< クモE4-600>が何者かに乗っ取られたのだ。犯人はネットでその車両を遠隔操作し、クモの巣のように張り巡らされた東京の地下鉄網をまるで生き物のように縦横無尽に爆走させる。犯人の狙いは何か?室井管理官から呼び出しを受けた真下は、驚愕の事実を知らされる!犯人が交渉の窓口に真下を指名してきたのだ。「真下警視、出ておいで。 >>続きを読む


しゃべれども しゃべれども


評価 件、

あらすじ・解説:東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家・今昔亭三つ葉のもとに、「落語を、話し方を習いたい」とひょんなことからワケありの三人が集まってくる。すこぶる無愛想で口下手な美人・十河五月、勝気なためにクラスになじめない関西弁の少年・村林優、毒舌でいかつい面相の元プロ野球選手・湯河原太一・・・。ところが彼らは集まるごとに言い争い、なかなか落語も覚えず、そんな彼らをまとめなくてはならない三つ葉にも、 >>続きを読む


阿修羅のごとく


評価 件、

あらすじ・解説:昭和54年の冬、久しぶりに集まった竹沢家の4姉妹は、70歳を迎える父に愛人と子どもがいることを知らされ、それを機にそれぞれが抱える人生の悩みに直面していく……。かつてNHKで放映された向田邦子・脚本の名作ドラマを、『失楽園』『模倣犯』などの才人・森田芳光監督が映画化。昭和後期の女性たちの生きざまが、現代にも巧みに訴えかける普遍性を伴いながら、観る者に心地よい感動を与える秀作である。姉妹それぞれの >>続きを読む


ハチ公物語


評価 2 件、 4

あらすじ・解説:猛烈な吹雪に見舞われた秋田県大館町。人々が見守る中、丸々と太った可愛い4匹の純粋な秋田犬の仔犬が産まれ、その中の1匹が東京の大学教授・上野秀次郎宅で飼われることになった。小さいながらも前足を八の字に踏んばった姿を見た教授は仔犬を“ハチ”と名付け、ハチは家族の一員に迎えられた。ハチはイタズラと、上野先生と散歩に出掛けることが大好き。いつからか先生を渋谷駅まで送り迎えするのがハチの日課になっていた。 >>続きを読む


引き出しの中のラブレター


評価 件、

ラジオから届く声が、日本中の人々に温かい感動を運びます。

便利さの追求が進む中で、ひと手間を加えた“手紙”や、人と人とが一対一で向き合う“ラジオ”を通じて、想いを伝える良さを、この映画でもう一度振り返ってもらえればと考えています。オリジナル作品である本作は、スタッフやキャストが心の中にしまったそれぞれの“想い”を結集していくことで誕生した。監督は、「金八先生」や「花より男子」を始めテレビドラマの演出/プロデューサーを務め、08年には大ヒット映画「花より男子ファイナル」のプロデューサーも >>続きを読む


きみにしか聞こえない


評価 件、

あらすじ・解説:傷つきやすく内気な女子高生リョウ。彼女はケイタイを持っていない。なぜなら、電話をかけてくれる友だちがいないから。でも本当は憧れている。私も、いつもみんなとつながっていたい・・・そんなある日、公園で拾ったオモチャのケイタイから着信音が鳴る。「すごい・・・つながった!・・・聞こえるの?・・・僕の声」それは、見知らぬ心優しき青年・シンヤからの電話だった。その時から、リョウとシンヤは空想の電話でつながる。 >>続きを読む


ガマの油


評価 件、

ひとつ笑うとひとつ悲しみが消える

日本国内の映画賞受賞は数知れず、カンヌ国際映画祭をはじめ海外の映画祭でも高い評価を受ける名優・役所広司がついにメガホンをとり注目を集める『ガマの油』。役所監督自身の幼少時代の記憶などがエッセンスとして盛り込まれ、かけがえのない大切な人をなくす悲しみと戸惑い、それでも、人生は人と人が繋がっているのだということの喜びを自由で大胆、そしてファンタジックに紡いだ『ガマの油』。涙も笑いもあって予測できない不思議なことが >>続きを読む


ディア・ドクター


評価 1 件、 4

命の恩人か、ただの嘘つきか。笑福亭鶴瓶、一世一代のはまり役!

主演は、映画出演も相次ぐ日本最高のエンターテイナー、笑福亭鶴瓶。棚田が広がるのどかな田園風景を舞台にひとりの男の突拍子もない人生を演じ、圧倒的な存在感をもって観客を一気に巻き込んでいく。伊野と好対照をなす研修医・相馬を演じ、物語にさらに奥行きをもたらすのは映画やドラマに活躍がつづく瑛太。この二人を囲んで余貴美子、香川照之、八千草薫ら屈指の演技派たちが集い、小さな村で起きた大事件の顛末が思いもかけないラストに向かって >>続きを読む


しあわせのかおり


評価 1 件、 2

まごころ料理、オンパレード

劇中に登場するのは、「山定食」「海定食」と毎日2種類用意される日替わりランチから、お祝いの宴のために特別に用意される豪華な献立まで、実に、60種類以上!ノドグロの蒸し物、寒ブリと岩海苔の汁ソバ、甘海老のエビチリ、鶏の塩釜焼き、海鮮炒飯、ねぎスープ、カスタード春巻き……。食べたくなる、そして、自分で作りたくなること必至の料理が、続々登場します。 >>続きを読む