最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 和泉聖治

HOME 愛しの座敷わらし


評価 1 件、 4

東北の大自然の中、家族の絆、その再生の物語が時に温かく、時に切なく描かれていく――。

2007年に朝日新聞紙上に連載され、好評を博した荻原浩の『愛しの座敷わらし』(朝日文庫刊)。第139回直木賞候補にも選出された同作品を、人気シリーズ「相棒」の主演&スタッフが真心を込めて映画化!東北地方ゆかりの「座敷わらし伝承」を絡めながら、どこにでもあるサラリーマン一家の再生をユーモラスかつ感動的に描いた、極上の家族映画の誕生です。それぞれが問題を抱えバラバラだった家族が様々な困難を乗り越え、父親を中心にひとつに結束していく姿は、広く観客の心に訴えかけます。主人公のサラリーマン、家族の為に >>続きを読む


相棒 劇場版II


評価 3 件、 2.67

劇場が“現場”となる、観客が“目撃者”となる。そして歴史の“証人”となる――

圧倒的視聴率に支えられた10周年を迎えたテレビシリーズのみならず、2008年5月1日に公開され大ヒットを記録した『相棒 -劇場版-』で映画界にも確固たる地位を築いた「相棒」がスクリーンに帰ってくる!舞台は日本警察の総本山ともいえる警視庁で“警視庁始まって以来の事件”が勃発!! 事件はさらなる事件を呼び、それを追う特命係の2人を“過酷な真実”へと導いてゆく。個性的なキャラクターが生み出す濃密でミステリアスな人間ドラマが展開。超一級の社会派 >>続きを読む


相棒 -劇場版-


評価 件、

頭脳明晰な杉下右京と熱血漢の亀山薫。警視庁の窓際部署“特命係”のふたりが抜群のコンビネーションで難事件の真相を解明していく人気の刑事ドラマ「相棒」が、ついに映画化!

『相棒?劇場版?』は、不可解な記号が残された連続殺人事件が物語の発端。右京の推理と薫の行動力で犯人の狙いを突き止めるが、仕掛けられた罠は右京の推理を上回る巧妙さだった!右京と薫を演じるのは水谷豊と寺脇康文。鈴木砂羽、高樹沙耶、岸部一徳をはじめ、実力派レギュラーキャストたちは、テレビシリーズで育ててきたキャラクターをより深みのある演技で見せる。「相棒」の魅力をさらにスケールアップしたスピーディな展開と >>続きを読む