最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 塩見三省

陽だまりの彼女


評価 件、

切なさと優しさが溢れ出す《ファンタジック・ラブストーリー》

湘南を舞台に、愛されることよりも愛し続けることを選んだ一世一代の恋(うそ)が起こす“二つの奇跡”。真緒が浩介を慕う一途さが起こす再会の奇跡。そして、真緒を愛する浩介の想いが起こす、もう一つの奇跡とは―?彼女の秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへ! >>続きを読む


真夏の方程式


評価 件、

あの『ガリレオ』が再び日本を席巻!映画第二弾は、シリーズ屈指の感動超大作『真夏の方程式』!!

2007年、フジテレビ月9枠で放送された連続ドラマ『ガリレオ』。変人でありながら天才的な頭脳を持つ物理学者・湯川学を演じた福山雅治の見事なまでの好演が大反響を呼び、平均視聴率21.9%という異例の高視聴率を獲得。さらに翌年公開された映画『容疑者Xの献身』は興行収入49.2億円の大ヒットを記録した。あれから5年、2013年・夏――。国民的人気を誇るトップスターでありながら常に挑戦し続ける福山雅治が、再び「ガリレオ湯川学」としてスクリーンに帰還する!映画ガリレオ第2弾は、ベストセラー作家・東野圭吾の累計1000万部を超える大人気連作の長編最新作であり、シリーズ屈指の感動作との呼び声も高い『真夏の方程式』。抒情的な海の街を舞台に >>続きを読む


ひとつの歌


評価 件、

ポラロイド写真がつないだ二人の、あの夏の物語

主人公・剛を演じるのは小劇場演劇界で人気を誇るハイバイの中心メンバーである金子岳憲。ハイバイ結成当時からファンであった監督の強い希望もあり、今回の出演が叶った。ヒロイン・桐子を演じるのは、ファッション雑誌やミュージックビデオを中心に活動し、近年、韓国へも活躍の幅を広げている石坂友里。そして、剛ともうひとり、事故に居合わせる存在となる清水役に、五反田団の舞台『生きてるものか』での演技が話題になるなど短歌以外の活動でも注目を集める歌人の枡野浩一を迎えている。 >>続きを読む


アウトレイジ ビヨンド


評価 17 件、 2.35

<関東vs関西巨大抗争ヤクザ壊滅作戦>アウトレイジ(極悪非道)たちのクライマックスが今はじまる。

2010年に大ヒットを記録した前作『アウトレイジ』。禁断の手を使ってトップに上り詰めた男。親分を裏切り寝返った男。そして、志半ばに死んでいった男。――あの時、ヤクザ社会の熾烈な下克上劇は決着がついたはずだった。しかし壊滅を図る警察が動き始める。利用されたのは“死んだはずの男 大友”だった。やがて“騙し”“裏切り”の火種がくすぶりはじめ、“関東VS関西”の巨大抗争へと発展していく――。前作を超えるスケールと、かつてない台詞の銃撃戦が繰り広げられる、強烈かつ衝撃的な“究極のバイオレンス・エンターテインメント”それが『アウトレイジ ビヨンド』だ!前作で生き残ったビートたけし、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、小日向文世に加え、 >>続きを読む


四月物語


評価 件、

あらすじ・解説:桜が舞う季節、楡野卯月は北海道の親元を離れ、東京の大学に通うため上京してきた。クラスの最初のオリエンテーションで自己紹介をした卯月はクラスメートの何気ない質問にひどく当惑してしまう。「なんでこの大学を受けたんですか?」受験の動機…。実は卯月には人に言えない不純な動機があったのだ。 >>続きを読む


宇宙兄弟


評価 件、

かつて夢をみたことがあるすべての人へ

日本人初の兄弟宇宙飛行士を目指すスケール感の大きさと、感動的で熱い兄妹ドラマで人気を博し、2011年には講談社漫画賞と小学館漫画賞を同年にW受賞という史上初の快挙を達成。現在500万部を超える大ベストセラーとなっている「宇宙兄弟」が、10数社で映画化権を争う大激戦の末、待望の映画化!最新アルバムが全米チャートをはじめ全世界でNo.1に輝く21世紀最大のロックバンド・コールプレイの主題歌に後押しされて躍動する魅力的なキャラクターを、小栗旬,岡田将生、麻生久美子、堤真一ら豪華キャストが熱演します。 >>続きを読む


火火


評価 件、

あらすじ・解説:夫に去られ、女手ひとつで二人の子供を育てながら、長年の夢である穴窯による自然釉を成功させたいと願う女性陶芸家、神山清子。だが、極貧の生活の中で続けた窯炊きの挑戦も失敗を繰り返し、何度も失意に打ちひしがれる。そして数年。煙突から夜空に真っ赤な炎を吹き上げるほどに焚き続けた2週間が過ぎた窯出しの日。窯に入った彼女の瞳に小さな光が反射する。花入れや壺、水指がビードロをつけ可憐な色に染まっている。ついに訪れた成功の瞬間だった! >>続きを読む


フライ,ダディ,フライ


評価 件、

大切なものをとりもどす、最高の夏休み!

あらすじ・解説:直木賞作家金城一紀の《初映画脚本》でありつつも先に小説として刊行された「フライ,ダディ,フライ」。この映画が成島出監督の手により完成!既に小説を読み、主人公の“高校生・スンシン”を演じることを「最高の光栄」と語るほどの岡田准一の熱望と、高校生に鍛えられる“おっさん・鈴木さん”に扮し、昨夏の猛暑の撮影で走りつづけた堤真一の強烈な熱演と、主題歌を提供してくれたMr.Childrenの作品への共鳴。この5人の魂を結び付けたメッセージは >>続きを読む


スープ・オペラ


評価 件、

大切にしたい人がいる。思いはいつも、つながっている。

30数年いっしょに暮らしていた叔母のトバちゃんが家を出て行き、ルイの心にぽっかりと穴があく。ある日へんなオジサン(トニーさん)が家にころがりこんでくる。さらに妙に明るい若者(康介)も同居することに。そしてルイの人生は輝きを増して、回転木馬のようにくるくる回り始める――。たとえかかわった時間が長くても短くても、恋人であってもなくっても、大切な人がいる。 >>続きを読む


おにいちゃんのハナビ


評価 1 件、 3

一人一人が想いを込めて打ち上げる花火の町の物語

2005年の秋に放映されたテレビ・ドキュメンタリーがすべての始まりでした。新潟県中越地震の1年後を見つめるそのドキュメンタリーは、新潟県小千谷市片貝町の片貝まつりが軸となっていました。400年の伝統と世界一の四尺玉花火を誇る片貝まつりは、町民が子供の誕生や成人、還暦などを祝して、神社に奉納する形で花火を打ち上げます。花火のひとつひとつに人生ドラマがありましたが、そこで紹介されたあるエピソードに国本雅広監督は心打たれ、ぜひ映画にしようと >>続きを読む


BOX 袴田事件 命とは


評価 件、

苦悩する裁判官の姿を通し人を裁くことの困難と命の尊さを描いた傑作。

『BOX 袴田事件 命とは』のメガホンをとったのは、道元禅師を描いた『禅 ZEN』(08)をはじめ、『光の雨』(01)、『愛の新世界』(94)、『TATOO< 刺青>あり』(82)で知られる高橋伴明監督。監督は、「裁判員制度が始まって、まず思ったのは人を裁くことの重さということです。」、「もし間違いが冤罪につながり、ひとりの人生を奪ったとしたら、それはとりかえしのつかない罪であり、科した刑以上の量刑をその人は負うべきでしょう。そんな思いを >>続きを読む


FLOWERS フラワーズ


評価 件、

時代を越えた6人の女性たち。それは一本の糸で結ばれていた。

昭和から平成まで三代にわたって登場する主人公たちを演じるのは、美しい日本女性を代表する蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、,仲間由紀恵、広末涼子、6人の女優たち。スクリーンでしか観ることが出来ない最高に豪華な夢の共演になります。『FLOWERS』が描く世界観に賛同した最高の女優たちが、美しい日本の四季をバックに静かに時にはユーモアにそして芯の強い女性たちを瑞々しく演じます。さらに、 >>続きを読む


クローズZERO


評価 1 件、 2

あらすじ・解説:鈴蘭男子高等学校、通称・カラスの学校。不吉な嫌われモノ=カラスのような不良学生たちが集まる、偏差値最低の男子校。最強かつ最凶の高校として悪名を轟かせている鈴蘭であったが、不良達が多すぎてまとまりがなく、多数の派閥が勢力争いを繰り返している。いまだかつて鈴蘭を統一・制覇したものは、誰もいない・・・。鈴蘭には、県内最強と恐れられている“リンダマン”こと2年の林田恵がいるが、彼は派閥争いには >>続きを読む


Love Letter


評価 件、

~それは天国にあてた手紙だった…忘れかけていた記憶の中の物語~

あらすじ・解説:神戸に住む渡辺博子が、山の遭難事故でフィアンセの藤井樹を亡くして2年が経った。三回忌の帰り道、樹の家を訪れた博子は、樹の中学時代の卒業アルバムから彼がかつて住んでいた小樽の住所を見つけ出した。博子は忘れられない彼への思いをいやすために、彼が昔住んでた小樽=天国への一通の手紙を出した…。ところが、あろうはずのない返事が返ってきた。やがて、博子はフィアンセと同姓同名で中学時代の同級生、ただし >>続きを読む


東京タワー オカンとボクと、時々、オトン


評価 件、

あらすじ・解説:’60年代、ボクが3歳の頃。真夜中にオトンが玄関の戸を蹴破って帰って来た。酔っぱらったオトンはボクに焼き鳥の串を食わせ、そして・・・オカンにホウキで殴られた。故郷の小倉で、オカンとオトンとボクの3人が暮らした短くも幸せな日々の、それが最後の思い出だった。オトンの家を出て、オカンはボクを筑豊の実家に連れ帰った。オカンは妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、 >>続きを読む


さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~


評価 1 件、 5

あらすじ・解説:秋津高校に迷い込んだ一匹の犬。文化祭の当日に起きた悲劇を救ったのはその犬だった!亮介のクラスの出し物、西郷隆盛の犬役にひっぱり出され、クロと名づけられたその犬はそのまま学校に住みついてしまった。クロは学校を自由に闊歩した。3年生の亮介と孝二は無二のの親友で雪子をめぐるライバルでもあった。ある日、受験を間近に控えた3人に友情関係が崩れてしまう事件が起きる。 >>続きを読む


歓喜の歌


評価 件、

忘れかけた真心を歌にのせて贈る、ハートフルな音楽コメディー!

現代社会を生きる庶民の悲喜こもごもを絶妙の観察眼で切りとった語り口で、「もっともチケットの取れないライブ表現者」と言われる落語家・立川志の輔。その最高傑作に数えられる新作落語「歓喜の歌」を、『パッチギ!』『フラガール』のシネカノンが完全映画化した。優柔不断で事なかれ主義なのに、なぜか憎めない主人公・飯塚主任をオカシミたっぷりに演じるのは、日本映画界が誇る実力派・小林薫。多忙な日々に追われながらも、みんなと歌う喜びを諦めない凛とした主婦コーラスのリーダー役には、本作が6年ぶりのスクリーン復帰となる安田成美。大ヒット作『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督の指揮の下、珠玉のアンサンブルを奏でている。 >>続きを読む


天国の本屋 ~恋火


評価 件、

恋する花火をみたことがありますか?

あらすじ・解説:それをみた二人は永遠に結ばれる――二度とあがらなくなった伝説の花火をめぐって、出会うはずのなかったふたりの恋が、今、動き出す――。地方の書店から火がつき、その感動がじわじわと全国に広がり50万部を突破するロング・ベストセラーとなった「天国の本屋」シリーズ。その第1作「天国の本屋」と第3作「恋火」が、ついにひとつの映画になりました。「その花火を見た二人は、恋が成就する」という >>続きを読む


包帯クラブ


評価 件、

あらすじ・解説:〈包帯クラブ〉とは、インターネットを利用し「傷ついた出来事をクラブのサイトにて受付ける→傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行く→手当てした風景をデジタルカメラで撮影、投稿者のアドレスに送る」という活動。関東近県の中都市で生活する少年?少女のディノ、ワラ、タンシオ、ギモ、リスキが集まって〈包帯クラブ〉を結成した。他人の傷に包帯を巻きながらも、彼らもまた日々悩み、傷ついている。ワラは子供の頃の >>続きを読む


バッテリー


評価 件、

あらすじ・解説:原田巧は、中学入学を控えた春休み、岡山県に家族で引越してくる。巧はピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、同時に他人を寄せ付けない孤独な面を持っている。家族には病弱な弟・青波、青波をいたわるあまり巧に冷たくあたってしまう母・真紀子。野球にあまり関心のない父・広、そして甲子園出場校の有名監督だった祖父の洋三。温かい家族でさえ、巧の孤独な面に対する接し方に迷う時があった。巧はそこで、同級生・永倉豪と出会う。 >>続きを読む


色即ぜねれいしょん


評価 件、

青春×旅×音楽、僕らの世界が少しづつ変わり始める。

原作は、みうらじゅんの自伝的な青春小説「色即ぜねれいしょん」“青春ノイローゼ”まっただ中のモテない少年が、ロックに憧れ、旅に出て、恋を知り、別れを経験するというひと夏の成長物語を、独特のユーモアと温かい眼差しで描いた青春小説の金字塔だ。そして、みうらじゅんの傑作を完全映画化できるのは、この人しかいないだろう。みうらじゅんと“ブロンソンズ”を結成している盟友・田口トモロヲが監督を務め、 >>続きを読む


ラッシュライフ


評価 件、

伊坂ワールドの向こうに、映画がみえた切なく哀しい想いを胸に懸命に生きる人々の夜が、いま明ける

東京芸大が、“現代の人気作家”の小説を映像化する企画に、伊坂幸太郎氏が賛同!豪華キャストの面々や製作企業各社と共に、企画プロデュース、制作までの全工程を東京芸大が中心となって行い、映画『ラッシュライフ』は誕生した。泥棒の黒澤役に堺雅人、カウンセラーの京子役に寺島しのぶ、宗教にはまる青年役に柄本佑、リストラされたサラリーマン役に板尾創路を迎え、更に群像劇中の登場人物として実力派俳優・女優陣が集結。 >>続きを読む


闇の子供たち


評価 1 件、 5

値札のついた命!

この映画は決して“遠い外国の出来事”ではない。幼児を買う顧客、すなわち加害者の中には日本人も少なくないという重い事実と、子供たちを救おうとする新聞記者、NGOの女性職員、フリーカメラマンの青年が、理想と現実の狭間でもがき、それぞれが過酷な運命をたどっていく様から目が離せない。「夜を賭けて」「血と骨」などで名高い小説家・梁石日が、実際にタイのアンダーグラウンドで行われている幼児売買春、人身売買の現実をえぐり出した「闇の子供たち」。 >>続きを読む


東南角部屋二階の女


評価 件、

待望の新人女性監督が、ベテラン俳優陣とともにつむぎだす“想いがつながる”物語

真剣に生きることを避けている若者たちと、日常を丹念に生きている表舞台から退いた人たち。同じ場所と時間を共有し、同じ想いを胸に抱くまでの、その緩やかで、心揺さぶられる日々を描いた、どこか懐かしくも新鮮な光を放つ物語。主演は西島秀俊、加瀬亮、竹花梓、香川京子。監督は27歳の新人女性監督・池田千尋。 >>続きを読む


イキガミ


評価 1 件、 4

人生最期の24時間。あなたは誰のために生きますか?

24時間後に自分自身が、もしくは最愛の人々が死亡すると知らされたら、あなたならどうするだろうか?伝えられなかった気持ちを伝えたい。思い出の場所に旅したい。家族とゆっくり過ごしたい…それぞれの想いが、心に湧き起こることだろう。そう、このストーリーはあなた自身の物語かも知れない。 国家公務員・藤本賢吾を演じるのは松田翔太。ストリート・ミュージシャンに塚本高史、盲目の少女に成海璃子、その兄には山田孝之。監督は「樹の海」「犯人に告ぐ」の瀧本智行。 >>続きを読む