最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 大口広司

奇妙なサーカス


評価 件、

父に抱かれているとき、私の中に母が宿る。

あらすじ・解説:監督は『自殺サークル』『夢の中へ』など、常に実験的野心作を発表し、海外でも高い評価を得ている鬼才・園子温。主演は本作で女優復帰となる宮崎ますみ。罪深い“女の業”を情感豊かに、ときにエキセントリックに演じあげてゆくパフォーマンスが見ものだ。また脇を固めるのは『インディアン・サマー』で映画復帰した、いしだ壱成、『北の零年』のアイヌ人役で印象を残した大口広司、『妖怪大戦争』の川姫役で話題をさらった高橋真唯、名バイプレイヤー・田口トモロヲなど。 >>続きを読む


M


評価 件、

あらすじ・解説:聡子は夫・秀之と子供3人、平穏に暮らしている。幸せな日々。しかし聡子の胸の奥には見えない不安がつきまとう。ぽかりと空いてしまった穴は、どうやって埋めれるのだろうその想いを聡子は携帯サイトに書き込み、男と情事を重ねていく。気付いた時には、抜けられない闇へと堕ちていた。携帯の着信音を聴く度に身震いがする。脅迫され、強要され、どこへも逃げられない。その中で初めて知った悦び。そんな変わっていく妻の姿に >>続きを読む


愛のむきだし


評価 件、

237分の衝撃―。実話をベースに描く、無敵の“純愛”エンタテインメント

ベルリン、サンダンス、ロッテルダムと各国の映画祭で数々の賞を受賞。前作『紀子の食卓』(06)で、カルロヴィヴァリ国際映画祭にて特別表彰、FICC賞をW受賞、プチョン国際ファンタスティック映画祭では観客賞、主演女優賞(吹石一恵)を受賞し、その才能を世界的に知らしめた異才・園子温(その・しおん)。満を持しての最新作は、実話をベースに上映時間237分の「真実の愛」を描く、エンタテインメント超大作! >>続きを読む


ハードリベンジ、ミリー


評価 件、

バイオレンスアクションの真骨頂。日本発!ハイクオリティースプラッターサウンドで体感せよ!!

「グラインドハウス」のクエンティン・タランティーノに挑戦状を叩きつける日本発バイオレンスアクションが完成した。20XX年の荒廃した横浜、家族を失い生死の狭間から体に武器を仕込む手術をうけて生還した殺戮マシーン、ミリー。復讐を果たすためジャックブラザーズと生死を賭けた闘いに挑む。ミリーに日本は最強の女性アクションスター水野美紀。また、その水野とラストファイトを魅せるジャックに元プロボクサーで本格的アクションで知られる虎牙光揮がリアルファイトを披露している。 監督は新鋭辻本貴則。 >>続きを読む


ハブと拳骨


評価 件、

終戦後のオキナワ、アメリカとともに生きた路上の人々。

1960年代終盤、ベトナム戦争時の沖縄本島最大の歓楽街コザ(現在の沖縄市)。アメリカ軍占領下、夜のネオン街でホステスたちは米兵を相手にし、悪ガキたちは米軍物資からくすねた物品を闇マーケットで売り、ヤクザはその利権を争った。アメリカを忌み嫌いながらも共生し、混沌とした時代を陽気に生きてきた人々。エネルギーに溢れたその時代の、逞しく生きる家族を描きながら、戦後から現在にいたるまで沖縄に存在する「アメリカの影」を照らし出す。 >>続きを読む