最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 大森南朋

R100


評価 件、

ようこそ、誰も開けたことのない扉の向こうへ。

都内有名家具店に勤務する片山貴文には秘密があった。それは、謎のクラブ「ボンテージ」に入会してしまったということ。以降、様々なタイプの美女たちが片山の日常生活の中に突然現れ、彼をこれまで味わったことのない世界へと誘っていった。しかし内容は次第にエスカレートしていき、女性たちは彼の職場や家庭にも現れるようになる。耐えられなくなった片山はプレイの中止を求めるが、一向に受け入れられない。さらなる予測不能の事態が次々と巻き起こる中、果たして彼の運命は――!? >>続きを読む


やわらかい生活


評価 件、

橘優子35歳。蒲田で一人暮らし。可笑しくて、愛しくて、じんわり心にしみる。温かな幸福感に包まれる物語。

孤独を受け入れ、自然体で生きている。新しい女性像を見事に演じたのは『ヴァイブレーター』で各賞を総なめにした演技派女優寺島しのぶ。多くの女性たちから、“優子は私”と共感を集めている。原作は、文學界新人賞を受賞した絲山秋子のデビュー作「イッツ・オンリー・トーク」。「沖で待つ」で芥川賞も受賞している。新しい、リアルな女性像を描き、今最も注目の作家である。負け犬も、ニートも、バリキャリも、コマダムも…みな心のどこかで優子は存在している、“いま”を生きる女性すべてが必見の映画が誕生しました。2003年、「ヴァイブレーター」で映画界に衝撃を与えたコンビが再び挑んだ。 >>続きを読む


利休にたずねよ


評価 件、

海老蔵演じる、全く新しい利休。

利休の茶は、若き日の恋から始まった―。原作は、確かな時代考証に基づく斬新な切り口で、希代の茶人の出発点を浮き彫りにした、山本兼一の「利休にたずねよ」。もはや歴史小説の枠を超え、第140回直木賞を受賞した傑作が今、長編映画として新たな生命を宿す。主人公・千利休を演じるのは市川海老蔵。離宮を見守り、寄り添う妻・宗恩には中谷美紀。利休に惚れ込む戦国の覇者・織田信長に伊勢谷友介。そして利休へ愛憎をめぐらせる天下人・豊臣秀吉に大森南朋。“人間・利休”がのこした謎と、生涯にわたり秘め続けた恋。これは、美の本質に迫る極上のミステリーにして、究極のラブストーリーである。 >>続きを読む


さよなら渓谷


評価 件、

これは憎しみか、償いか、それとも愛なのか――「悪人」吉田修一が描く、新たな問題作。

原作は、「パレード」「悪人」「横道世之介」など、国内外から高い評価をうけている芥川賞作家・吉田修一の長編小説。数々の映画化による原作の力は既に不動のものだが、今回はその巧みなストーリー展開から、「映像化不可能」と言われていた。原作に惚れ込み、メガホンをとったのはベルリン国際映画祭招待作として上映された「ケンタとカヨちゃんの国」、「まほろ駅前多田便利軒」で熱烈な支持を得ている大森立嗣。原作者が「極限の愛の形を見たような気がした」と語り、監督が「ふたりの、愛のようなものが生まれる瞬間に触れたかった」と語るとおり、灼けつくような男女の緊張感がスクリーンから迫ってくる。さらにエンディングに流れるのは、椎名林檎が生み出し、真木よう子が歌うという念願のタッグも実現した「幸先坂」。 >>続きを読む


好きだ、


評価 件、

言いたいのに言えなかった、そんな想い覚えてますか?

2005年ニュー・モントリオール映画祭で大絶賛された本作を手がけたのは、CFディレクターとして活躍し、映画監督デビュー作『tokyo.sora』で注目を集めた石川寛。本作では脚本・撮影・編集も手掛け、繊細で観るものを優しくする映像に加え、登場人物の息遣いまで聞こえてくるような描写と、言葉のない部分を音で表現することによって、17年間に及ぶユウとヨースケの愛のゆくえを、より繊細かつ詩情豊かに綴っている。また数多くのCM音楽や、『下妻物語』などの映画音楽を手掛ける菅野よう子が、前作『tokyo.sora』に引き続いて音楽を担当。本作のモチーフとも言うべき重要な音色が、ユウとヨースケの愛を響かせている。 >>続きを読む


軽蔑


評価 件、

芥川賞作家・中上健次 反逆の寓話を、奇跡のコラボレーションで初映画化!!

夜の街で欲望のままに生きる男・カズと、歌舞伎町でダンサーとして生きる真知子。孤独な二人は、一瞬で恋に落ちた――。衝動的なカズの情熱に流されるまま、二人はカズの故郷で新しい生活を始める。まじめに働くことを知らず、好き勝手に生きてきたカズは地方の資産家の一人息子だった。「ここじゃ五分と五分でいられない」引き裂かれる想いで、カズの元を去る真知子。愛すれば愛するほど、運命が二人を隔てていく。重くのしかかる非情な現実から、逃れられるのか。運命によって引き裂かれても、互いを強く愛し抜く――。 >>続きを読む


莫逆家族 バクギャクファミーリア


評価 件、

守ってやる。

誇りってなんだ 絆ってなんだ バカみたいに笑って バカみたいにケンカして バカみたいにボロボロになって それでも、俺らは「家族」がいた ただ、守りたかったんだ 切っても切れない、魂で結ばれた「家族」ってやつを… >>続きを読む


アンフェア the answer


評価 件、

しかし、その素顔は、元検挙率ナンバーワンの敏腕刑事…。いま、全てが明らかに――。雪平、最後の事件!

殺人事件の容疑者となった人物が次に殺される、前代未聞の“予告殺人”が発生。そして、東京を追われ北海道・西紋別署に勤務する雪平に、その連続殺人の容疑がかかる!雪平夏見逮捕の一報が伝えられ騒然となる警視庁内。緊迫する状況のなか、雪平は事件の真相を追い求め、警察からの逃避行を決意する。そこで判明する1つの事実。犯人の狙いは国家機密が隠されたUSBであった。USBを巡り、元夫、同僚、上司、検察、凶悪犯罪者ら、雪平に近付く男たち。その背後で蠢く、国家を脅かす巨大な陰謀。 >>続きを読む


ヘルタースケルター


評価 38 件、 2.79

世紀を超えた伝説的熱狂コミック、驚異の映画化!監督・蜷川実花×主演・沢尻エリカでセンセーショナルに放つ、今年最高の衝撃と疾走の極彩色エンタテインメント!!

原作は、第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝く岡崎京子による伝説的熱狂コミック。岡崎作品、初の映画化となる、監督は、世界的フォトグラファーであり、初監督作『さくらん』がベルリン国際映画祭に正式出品、大ヒットヘ導いた蜷川実花。“何かをこんなに待ったことはない”という言葉通り、本作の映画化に約7年の歳月を重ね、遂に念願を果たす。主演には、「パッチギ!」で日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多くの賞を総なめにし、その後も数々の話題作に出演してきた若手実力派女優、沢尻エリカ。 >>続きを読む


ポテチ


評価 件、

宮城・仙台市から東北へ、そして日本全国へ――『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』のチームが68分に想いを込めて贈る、強くあたたかい家族の物語

>>続きを読む


東京プレイボーイクラブ


評価 件、

人気実力ともにNo.1、大森南朋 24歳・新人監督と魂の共鳴!!

極めて個性的な新人監督のデビュー作の主演に、日本の代表する俳優が名乗りをあげた。いま、最も実力と人気を兼ね備える大森南朋だ。多数の作品でオールマイティーな役柄をこなす彼が、流れ者のチンピラ・勝利というハングリーな男をワイルドな色気で演じ、さらなる新境地を切り開く。そして日本映画界に欠かせない実力派・光石研が、サロンの経営者・成吉に扮し大森と名(迷?)コンビぶりを見せる。ヒロインの天然娘エリ子役には、役者としての活躍の幅を広げる臼田あさ美。 >>続きを読む


ALWAYS 三丁目の夕日’64


評価 件、

もう一度、三丁目のみんなに会いに来ませんか?

2005年11月に公開され、異例のロングランヒットを記録。日本アカデミー賞をはじめ、数多くの賞を獲得した『ALWAYS 三丁目の夕日』。その2年後には、続編を望む多くの声に応え、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が公開。前作を上回る大ヒットとなり、日本中を感動の渦に巻き込みました。あれから5年――。三丁目の住民たちが、『ALWAYS 三丁目の夕日’64』でもう一度スクリーンに帰ってきます!しかも、3D映画となって! >>続きを読む


照和 My Little Town KAI BAND


評価 件、

KAI BAND 2010.4.9-11 原点回帰の瞬間

“照和”を象徴するバンドのひとつ “KAI BAND” が、2010年4月9日から三日間に渡たり、自らの【原点】ともいうべき ステージでライブを行った。デビュー35周年を迎えた彼らの、プロとして初めて挑んだ原点回帰の瞬間であった。この 歴史的ライブを収録すべく、わずか60席しかない限られたライブスペースに8台ものカメラを駆使して、撮影が敢行された―。 本作は、この貴重なライブ映像と舞台裏のメンバーの素顔、さらに千葉和臣(海援隊)、森山達也(THE MODS)、陣内孝則(ザ・ロッカーズ)ら >>続きを読む


キャッチボール屋


評価 件、

クスッと笑って、ホッ。「立ち止まってもまた歩き出せる」って思える、愛すべき人生賛歌!

どこかぎこちない会話の中に散りばめられたほのぼのとしたユーモア。都会の片隅の公園で、繋がっていく人の輪…。クスッと笑ってほっと優しい気分になる、「また明日からもしっかり生きていこう」と、“立ち止まった”背中をそっと押してくれる大人のファンタジーが誕生しました。主人公はどんな役柄にもリアリティを持たせる稀有な実力派俳優大森南朋。OL役には『ゆれる』、『パビリオン山椒魚』と話題作の出演が続く注目の女優キタキマユ。そして、寺島進をはじめ、松重豊、光石研 >>続きを読む


ジーン・ワルツ


評価 件、

<史上最強の女医>スクリーンに降臨!いま、新世紀医療の闇に迫る。

「このミステリーがすごい」大賞を受賞後、瞬く間にスター作家へとのぼり詰め、現役医師としても活躍する海堂尊。2010年7月に文庫化され、即座に累計40万部を超えるベストセラーとなった医療ミステリーの衝撃作『ジーン・ワルツ』(新潮社刊)がついに映画化される。新たなる舞台は“生命誕生の現場”。崩壊の一路をたどる産科医療に潜む闇に迫るのは、主演・菅野美穂扮する<史上最強の女医>曾根崎理恵。また「NANA」シリーズなど、リアルで繊細な人間ドラマを描くことに >>続きを読む


M


評価 件、

あらすじ・解説:聡子は夫・秀之と子供3人、平穏に暮らしている。幸せな日々。しかし聡子の胸の奥には見えない不安がつきまとう。ぽかりと空いてしまった穴は、どうやって埋めれるのだろうその想いを聡子は携帯サイトに書き込み、男と情事を重ねていく。気付いた時には、抜けられない闇へと堕ちていた。携帯の着信音を聴く度に身震いがする。脅迫され、強要され、どこへも逃げられない。その中で初めて知った悦び。そんな変わっていく妻の姿に >>続きを読む


ラビット・ホラー 3D


評価 件、

>>続きを読む


犬とあなたの物語 いぬのえいが


評価 件、

2005年に公開され大ヒットを記録した『いぬのえいが』。犬好き待望のシリーズ第2弾が遂に公開!

家族のように優しく寄り添ってくれた思い出、思わず笑みがこぼれるハプニング、涙も枯れるほど悲しい別れ…、“犬”と“人”とが織りなす、笑いあり涙ありの愛情あふれるエピソード。犬との触れ合いを通して、大切な誰かを愛し、誰かに愛されることの喜びを伝えてくれる物語が誕生しました。『ハゲタカ』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞するなど、日本映画界に欠かせない演技派・大森南朋と『ゴースト もういちど抱きしめたい』で久々の映画主演を果たす >>続きを読む


毎日かあさん


評価 4 件、 4.25

すべてに本音でぶつかる“かあさん”が見せてくれる、明るい未来と家族の絆

うわべだけのキレイごとを嫌い、現代社会の本音の生き様を描き続ける漫画家、西原理恵子。鋭い毒とその陰に忍ばせた優しい愛が女性たちの心を捉え、大ブレイク。「毎日かあさん」は、そんな彼女自身の人生をもとにした物語。一家を養う“かあさん”は、締め切りと子育てに追われても、夫が騒ぎを起こしても、ムリもガマンもせず、あくまでも自然体。涙も笑いに変えるその生き方は、今を生きる女性たちに、勇気と元気を与えてくれるはず。そして、本音でぶつかりあう、一風変わった家族の >>続きを読む


まほろ駅前多田便利軒


評価 3 件、 4

誰かに必要とされることは、誰かの希望になることでしょ。

2006年に刊行され、第135回直木賞を受賞した三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」。まほろ市に住むくせ者たちのワケあり依頼を“彼らなりに”解決する多田と行天の物語は、外伝「まほろ駅前番外地」、続編「まほろ駅前狂騒曲」と続く人気シリーズ。ぶっきらぼうだけど土壇場で優しい便利屋二人は今日も走り続ける。合言葉は“誰かに必要とされること、それは誰かの希望になること”。2011年GW、幸福はかたちを変えてあなたのもとに―。 >>続きを読む


ゴールデンスランバー


評価 件、

なぜ!誰が!何のために!首相暗殺犯に仕立てられた無実の男の大逃亡劇

数多のThe Beatles楽曲の中でも最高傑作との呼び声高い「Golden Slumbers」は、最後のレコーディングアルバム「Abbey Road」に収録されている。青柳らは、この曲を聴きながら学生時代を過ごしていた。「ポールは…、バラバラになった皆をさ、もう一度つなぎ合わせたかったんだよ」。仲間たちとの当時の会話が、今の青柳を奮い立たせる。かつての4人の仲間たちとの< 信頼>、それこそが青柳に残された最大の武器だった。 >>続きを読む


スイートリトルライズ


評価 件、

原作:江國香織、珠玉の恋愛小説「スイートリトル ライズ」待望の映画化!

『ストロベリーショートケイクス』『三月のライオン』矢崎仁司監督最新作。美しく切なく、甘やかな嘘でくるまれた大人のラブストーリー。中谷美紀x大森南朋、日本映画界を魅了し続ける2人が、江國ワールドで初共演。 >>続きを読む


ざわざわ下北沢


評価 件、

最初で最後の顔合わせ!?贅沢、奇跡のキャスティング!!

あらすじ・解説:東京は下北沢で生まれ育った20歳の娘・有希。彼女は現在でも地元下北沢の駅にぴったり張り付いたようなカフェでアルバイトをしていた。役者の九四郎、恋人の達也、芸術家、謎の男・石田、彼を追う私服警官・・・。このざわざわとした街で何かが起り始めていた。そして、次第に有希は何故かこの街の持つ雰囲気に、違和感を感じ始める。 >>続きを読む


涙そうそう


評価 1 件、 5

あらすじ・解説:2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を出すという夢を持ち、ひたむきに生きる働き者の青年・新垣洋太郎。沖縄の青空のように明るく、おおらかな性格の洋太郎だが、この日はいつに増して陽気で、仕事をしながらたえず笑顔がこぼれいる。それもそのはず、洋太郎が誰よりも大切にしている妹のカオルが高校に合格し、オバァと暮らす島を離れ、本島にやってくるのだ。洋太郎が8歳の頃、母・光江の再婚によって、洋太郎の妹になったカオル。 >>続きを読む


深呼吸の必要


評価 件、

沖縄の広大なさとうきび畑を舞台に、“きび刈り隊”に応募した7人の若者達のかけがえのない35日間。彼らがそこで得たものは…。

あらすじ・解説:詩人・長田弘が物した『深呼吸の必要』という名の詩集。そのタイトルとの出会いが、この映画の全ての始まりだった。『ちゅらさん』シリーズの脚本家・岡田惠和の企画を受けて『君を忘れない』『卒業』の長谷川康夫が脚本を担当。監督は、『はつ恋』『月とキャベツ』の篠原哲雄。宮古島、沖永良部島の大自然を繊細かつ骨太に切り取り、香里奈、谷原章介、成宮寛貴、金子さやか、久遠さやか、長澤まさみ、大森南朋ら7人の >>続きを読む