最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 大沢たかお

藁の楯 わらのたて


評価 8 件、 1.75

懸賞金10億円のクズ(―凶悪犯―)を命懸けで移送せよ!

「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。」前代未聞の新聞全面広告に、日本中が揺れた!広告主は巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。幼い孫娘を惨殺した男、清丸の首に懸賞金を懸けたのだった。命の危険を感じた清丸は、潜伏先の福岡で出頭する。全国民の殺意が向けられる中、48時間以内に清丸の身柄を警視庁に移送するため、5人のSPと刑事が選ばれた。護衛対象は“人間のクズ”。命懸けの移送が始まる…。一般市民、警察官、機動隊員までもが執拗に命を狙ってくる。 >>続きを読む


ストロベリーナイト


評価 件、

幾重にも隠蔽され、複雑に絡まった事件

息もつかせぬ斬新なストーリーと豪華俳優による演技バトル。さらにスタイリッシュな演出もあいまって新感覚の本格刑事ドラマとして幅広い層から圧倒的な人気を誇ったドラマ『ストロベリーナイト』シリーズがついに映画になって帰ってきた!
>>続きを読む


地下鉄に乗って(メトロに乗って)


評価 件、

あらすじ・解説:いつも同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこはオリンピック開催に沸く昭和39年の東京だった・・・。真次に突如訪れた、現実とも夢とも信じがたいタイムスリップ。真次は恋人みち子とともに過去へ、そこで若き日の父と出会う。時空を超える旅を続けるうちに明らかになる、父の真実の姿。そして真次とみち子との間に隠された、驚くべき秘密。それは、二人の愛に過酷な選択肢を突きつける、あまりにも切ない運命だった・・・。 >>続きを読む


終の信託


評価 件、

周防正行がたどり着いたのは、愛と死を超える魂の慟哭。これが周防流ラブストーリー。

『Shall we ダンス?』(1996年)は日本アカデミー賞全部門を制覇し、ハリウッドでもリメイク。『それでもボクはやってない。』(2007年)では主要映画賞30冠を達成。日本を代表する映画監督・周防正行が今回、世に送り出すのは、愛と死に直面した人間を冷静な視線で最後まで描ききった真のラブストーリー。終末医療の現楊で起こる生死をめぐる問題の数々。知られざる検事室での聴取。数奇な運命に翻弄される女医…。現役弁護士・朔立木の同名小説の原作を、監督自らが大胆に脚本化、端正で冴えわたる演出で2時間を超える長尺を一気に見せる。出演は『Shall we ダンス?』以来16年ぶりのコンビとなる草刈民代と役所広司。さらに浅野忠信、大沢たかおと日本映画界最高の >>続きを読む


桜田門外ノ変


評価 2 件、 3

世の中を変えなければ、日本は滅びる。

一八六十年三月三日 大老・井伊直弼 暗殺。明治の新政府が確立するわずか8年前に起こった「桜田門外ノ変」。この事件が、幕末の歴史の動きに大きな影響を与えたことは紛れもない事実である。黒船来襲、太平洋戦争を経て、資本のグローバリズムの波が否応なく日本を襲い、国際関係の中で日本の立つべき位置を、今、我々は問われている。このような時代に最初の開国の歴史を、そしてその中でもタブーだった「桜田門外ノ変」を、奇しくもこの事件からちょうど >>続きを読む


FLOWERS フラワーズ


評価 件、

時代を越えた6人の女性たち。それは一本の糸で結ばれていた。

昭和から平成まで三代にわたって登場する主人公たちを演じるのは、美しい日本女性を代表する蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、,仲間由紀恵、広末涼子、6人の女優たち。スクリーンでしか観ることが出来ない最高に豪華な夢の共演になります。『FLOWERS』が描く世界観に賛同した最高の女優たちが、美しい日本の四季をバックに静かに時にはユーモアにそして芯の強い女性たちを瑞々しく演じます。さらに、 >>続きを読む


解夏


評価 件、

あらすじ・解説:東京で小学校の教師をしていた隆之は、視力を徐々に失っていく病に冒されていることが判明する。隆之は大学の恩師朝村に病気を告白し、恋人である朝村の娘、陽子とは別れると告げる。そして職を辞し、故郷長崎に戻って、懐かしい町を目に焼き付けようと歩く隆之の元に、陽子がやってくる。愛しているから別れようとする隆之と、愛しているから側に居たいと願う陽子。そんなある日、隆之は林という老人に出会う。林の暖かい人柄に触れ、 >>続きを読む


眉山


評価 件、

あらすじ・解説:東京で旅行代理店に勤める咲子は、故郷の徳島で一人暮らす母・龍子が入院したと聞いて、久しぶりに帰郷した。相変わらず気丈な母であったが、担当医よりその母が末期ガンだと知らされ咲子は愕然とする。相談もなく自分一人で物事を決めてしまう身勝手な母、父のことを決して語らない母に、寂しさとわだかまりを抱えてきた咲子。そんな咲子は母を看病する中で、医師・寺澤と出会う。母という人間を受け入れられずに悩む咲子を寺澤は >>続きを読む


ミッドナイトイーグル


評価 件、

あらすじ・解説:かつて世界中の戦場を駆け巡り、生と死の現実を撮り続けたカメラマン・西崎優二は、戦火の中で彼を襲ったある出来事により、カメラを置く。深く心に傷を負い帰国した西崎を支える妻、志津子。だが彼女もまた、病のためこの世を去る。自らを責め続ける西崎。今は雪山に一人こもり、星空にシャッターを切るだけの日々だった。ある夜、空に向けたそのカメラの先に、轟音と共に駆け抜けていく赤い光があった。反射的にシャッターを切る西崎。 >>続きを読む


陽気なギャングが地球を回す


評価 件、

あらすじ・解説:意識するしないにかかわらず他人の嘘がわかってしまう男と、コンマ1秒まで正確に時を刻む体内時計を持つ女。口から生まれてきたようないい加減な理屈をこねる演説の達人と、生まれついての若き天才スリ師。実生活においては何の役にも立たない奇妙な能力をもつ4人の男女が出会ったとき、ロマンあふれる犯罪計画が動き始める!大胆不敵な計画は成功するかに思えたが、突如現れた別の強盗に現金を奪われてしまう…。 >>続きを読む


Life 天国で君に逢えたら


評価 件、

あらすじ・解説:日本人で唯一、8年間ワールドカップに出場し続けた世界的プロウインドサーファー。世界大会を転戦し、数々の入賞経験を持つ。しかし、活躍の最中、2002年5月、肝細胞ガンと診断される。その後、うつ病とパニック症候群を併発。家族と友人の励ましにより、ほぼ克服したが、二度の大手術と様々な治療をしたにも関わらず、病状は悪化。2004年5月、余命三ヶ月の宣告を受ける。この余命宣言と前後して、飯島は小説を書き始める。 >>続きを読む


ラブファイト


評価 1 件、 5

泣いて、笑って、熱くなれる、手加減なしのパワフルラブストーリー

まきの・えりによる原作を、『ミッドナイトイーグル』の成島出が映画化。プロデュースには、本作の脚本にほれ込んだ俳優、大沢たかおが初参戦し、キーパーソンとして出演も果たした。ヘタレ男子から男らしく成長していく稔役は、『バッテリー』『ダイブ!!』の林遣都。闘うヒロイン”亜紀を演じるのは、『幸福な食卓』『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』の北乃きい。数々の映画賞の新人賞を受賞している期待の若手俳優2人が等身大で不器用な初恋を描き、 >>続きを読む


ハルフウェイ


評価 件、

“卒業”を前に揺れる高校生のせつない恋物語

この恋は、きっと永遠――。そう信じて、ひたむきに恋して、懸命に相手と向き合い、相手を思うがゆえに、心傷つく。そんな誰もが経験する初々しい恋の季節に挑んだ本作のメガホンを取ったのは、「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」など数多くの大ヒットドラマを世に送り出してきた脚本家・北川悦吏子。時代の空気感を映し出し、丁寧な心理描写で登場人物たちのドラマを紡ぎ出す彼女は、多くの女性の共感を呼び、恋愛ドラマの >>続きを読む


BALLAD 名もなき恋のうた


評価 1 件、 4

戦国の世に引き裂かれた、侍と姫の身分違いの恋。誰もが涙する、時代を超えた究極の悲恋。

大人も号泣した映画クレヨンしんちゃんの傑作『嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を原案に、『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が最新のCG技術でかつてないリアリティに溢れる戦国時代の生活や合戦風景を再現し、更なる感動作を誕生させました。今、私達は「婚活」など自由な恋愛が出来る時代に生きていますが、又兵衛と廉姫は想いを告げることすら許されなかった時代に生きていました。しかし、それでもなお二人は懸命に生き、又兵衛は >>続きを読む


GOEMON


評価 件、

こんな時代劇、観たことない。『CASSHERN』の紀里谷和明監督が驚愕の映像美で紡ぐ絢爛豪華な戦国絵巻

規制概念を破壊する美術と衣装の数々。最先端のデジタル技術による圧倒的な映像美。日本映画の限界を超えた息をもつかせぬアクションシーン。歴史の新解釈による奇想天外なストーリー。紀里谷和明監督の5年ぶりの新作『GOEMON』は、制作日数3年、セット数100、CGカット数2000、エキストラ1000人、総スタッフ数300人を誇る超大作だ。そこに集まった一流の俳優陣。江口洋介、大沢たかおが体当たりで演じる哀しき宿命と固い友情―そこには現代では >>続きを読む


ICHI


評価 件、

「座頭市」が、女になって生まれ変わる。

世界的な人気を誇る名作「座頭市」。そして、その歴史にまた、新たな1ページが加わろうとしている。演じるのは、『僕の彼女はサイボーグ』、TVドラマ「ホタルノヒカリ」の綾瀬はるか。彼女の持つイメージとは180度違う影のあるヒロイン役を見事に演じきり、女性ならではの新しい座頭市像を生み出した。そして監督は、『ピンポン』の曽利文彦。世界的なCGクリエーターとしても名高い彼が初めて挑む“時代劇”。 >>続きを読む


築地魚河岸三代目


評価 件、

忘れかけていた何か。自分の気持ちに嘘をつかずに生きること。「築地魚河岸」で見つけた本当の幸福?

小学館「ビッグコミック」にて大好評連載中のロングセラーコミックが待望の映画化!日本の台所と称される、活気あふれる築地市場を舞台に、嘘もごまかしも利かない真剣勝負の中で成長していく主人公と、彼を見守る真っ直ぐでどこか懐かしい人々の温かな心の交流を描く、やさしさと笑いにあふれたハートフルな物語。 >>続きを読む