最新邦画,新作邦画情報,あらすじ,感想など
  ※お知らせ:現在、諸事情により更新は行っておりません。
      follow us in feedly

Tag Archives: 宝生舞

ボックス!


評価 件、

ボクシングに賭けた少年たちの熱い友情と、それぞれの栄光。

2008年6月に発表後、数々の有力書店にて新刊ランキング1位を記録し話題となった大ヒットスポーツ青春小説「ボックス!」が待望の映画化!主演に、昨年の映画界でナンバーワンヒットとなった『ROOKIES-卒業-』で熱き高校球児を演じ、いまや若手トップ俳優として不動の地位を築いた市原隼人。大阪の高校の体育科に通うボクシング部のエースにしてやんちゃな天才ボクサー・鏑矢義平(かぶらや・よしへい)こと“カブ”を演じます。常に熱くまっすぐな >>続きを読む


その日のまえに


評価 1 件、 4

愛する人の死を、あなたは受け入れることができますか?

「涙が止まらず、満員電車では読めない」と、絶賛と反響を巻き起こした、直木賞作家・重松清の連作短編小説「その日のまえに」。余命=その日を宣告された妻とその夫が、「その日」までを一所懸命生きる姿と、そこに関わる人々の、切なくも健気な物語がついに映画化。「死」をドラマチックに描くのではなく、誰にも普通に訪れる「その日」として厳しく見つめながら、その恐れや悲しみを軽やかに飛び越える、大林宣彦監督の映像表現。市川森一が脚本を >>続きを読む


子猫の涙


評価 件、

あらすじ・解説:1968年メキシコオリンピック、ボクシングバンタム級の銅メダリスト森岡栄治。オリンピック後、プロに転向するも網膜はく離により75年に引退。定職に就かない父と家計を支えるためにスナックで働く母・和江の間に生まれた治子は、父への反発からいじめも許さない正義感の強い女の子に育つ。そんな栄治を支えた栄治の姉は、「腐ってもオリンピック選手」と弟の栄光を誇りにしていた。 >>続きを読む